挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【連載版】高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果 作者:ケンノジ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

76/82

雪子さん


 日曜日、俺は柊木ちゃんちへとむかった。

 秋の学校行事に関するなんだかんだが絡んだせいで、通常業務が圧迫されて土曜日も忙しかったらしい。

 どうせ、今日は家でまったり過ごして終わりだろう。

 そんな家デートを予想しながら、柊木ちゃんちのチャイムを鳴らす。

「はーい」

 扉を開けて出てきたのは、ショートカットのお姉さんだった。
 細い黒縁の眼鏡をかけている。
 Tシャツにジーンズというラフな格好をしていた。

 年は二〇代半ばくらいに見えるから、俺の実年齢と同じくらいだろう。

 だ、誰だ……? 柊木ちゃんの友達……?

「あの、えと、この部屋に住んでいる柊木春香さんは……いませんか……?」
「えっ? ………………あー」

 お姉さんは俺をじいっと見て、口元をゆるめた。

 目元や唇の感じが柊木ちゃんに似ている。
 あ。もしかして、お姉さん?

「えーっと、私は、春香の姉の…………雪子です。上がって、上がって。ちょっと春香ちゃん、出かけているみたいだし」
「え。でもいないんなら、俺帰りますから……」
「いーの、いーの。ささ、早く早く」

 やや強引に雪子さんに手を引っ張られ、俺は柊木ちゃんちに上がることになった。

 もしかして、夏海ちゃんやひーパパから俺のことを聞いてたりするんだろうか。

 だとするなら、俺に興味を持つのもうなずける。

 味方を得るために、ここは俺もちょいとアピールしとかないと。
 真剣に誠実に、プラトニックな恋愛をして柊木ちゃんと付き合っているって。

 キスは頻度高めだけど。

「座って? 春香ちゃん、もうすぐしたら帰ってくると思うから」
「あ。はい……じゃあ、失礼します」

 むかいに座った雪子さんは、俺を見つめてニコニコしている。
 これといって何かを訊くわけでもないし、ずっと笑顔だから何を考えているのか読めない。

「春香ちゃんの、彼氏さんなんだよね?」

 夏海ちゃんにも言っていることだし、ここはバラしても問題ないだろう。

「はい。真田誠治と申します。今高校生で、春香さんの学校の生徒ではありますが、真剣にお付き合いさせていただいています」

 就職活動の面接並みの受け答えを披露する。こんなあいさつ、そこらへんの高校生にはできまい。

「高校生なのに、どうして先生の春香ちゃんを好きになったの? ちょっと疑問」
「それは……先生だからどうとかっていうのは関係なくて……見た目も性格も、僕は可愛いと思っていますし――」
「ぐふっ、げほげほ」

 俺の直球すぎる回答に、雪子さんがムセた。
 咳込んだせいか、それとも別の原因があるのか、顔を赤くしている。

「そ、そうだったんだ……。あ、うん、続けて、続けて?」
「年上で先生なら、僕よりもしっかりしていると思ったんですけど、ちょっと抜けているところが多いというか、天然で」
「天然……? そうかなぁ?」

 ここは納得いかないらしい。妹としての柊木ちゃんを俺は知らないから、雪子さん視点だと俺の評価は違和感があるようだった。

「年上なのにおっちょこちょいだったり、ときどきポンコツなのがまた可愛くて……」

 俺もいい加減恥ずかしくなってきた。

「ぐふうっ……」

 雪子さんがうずくまった。

「だ、大丈夫ですか?」
「つ、つ、続けて……」

「あとは……年上らしい包容力があって俺を甘やかしてくれるところだったり、家事や料理が得意だったり、色白で肌も綺麗なところだったり……」
「も、もう、聞いてらんない……」

 ソファから立ち上がった雪子さんは、「春香ちゃん、探してくるね!」とリビングから出ていった。

 ううむ……ちょっとノロケが過ぎたらしい。けど、俺が真剣に好きだということは、わかってくれたはずだ。

 五分ほどして、柊木ちゃんがリビングにやってきた。

「あ、誠治君、いらっしゃーい」
「うん、お邪魔してます」

 ぱたぱた、と手を団扇代わりにして仰いでいる柊木ちゃん。

「お姉さんが今来てて、さっき春香さんを探しに行ったんだけど、入れ違いかな」
「うん、きっとそうだよ。入違っちゃったんだよ」

 俺の隣に座って、首に腕を回してイチャつきモードに入った。

「ちょ、ちょ、ちょっと……」
「もう、逃げないの♡」
「お、お姉さん、いつ帰ってくるかわからないから――」
「ちょっとくらい大丈夫」

 鍵か何かかけてるんだろうか。
 首をかしげながら、流れに任せて柊木ちゃんと抱き合ってキスをする。

 携帯で入れ違ったことを伝えればすぐに帰ってくるのに。

「あ、もしかして――?」

 唇の唇の間に手を差し入れて、柊木ちゃんのキスを受け止めた。

「ふみゅ!? な、何……?」
「お姉さんと仲悪い?」
「そ……そんなことないよ!」
「実は今日家に来られると迷惑だったとか。連絡を取ろうともしないし、探しに行こうともしないから」
「全然そんなことないから! ……すぐにお姉ちゃん、帰ってくるから」
「そう?」
「あたし、ちょっとお手洗いに……」

 そのとき、俺は柊木ちゃんのお尻に違和感を覚えた。
 ……けど、気のせい、かな?

 それからすぐに、雪子さんが戻ってきた。

「春香ちゃん、帰ってきた?」
「ええ。さっき。今はトイレに行っているみたいですけど」

 そっかそっか、と雪子さんは、楽しげに俺をのぞきこむ。

「今度は何訊こうかなー? …………ちょっとアレだけど、い、嫌なところとか、ないの? もう、付き合って結構経つんでしょ?」

 俺から目をそらしつつ、お上品に股を閉じて、足を横へ流した雪子さん。
 所作に品があるのは、夏海ちゃんもそうだし柊木ちゃんもそうだった。

「嫌なところ……スイッチが入ると、周りが見えなくなって暴走しちゃうところとか」
「えーっ、そんなこと……」
「そんなこと…………、何ですか?」
「ううん、つ、続けて?」

 雪子さんは焦りを笑顔で塗りつぶした。

「あとは……」
「ま、まだあるの……!?」

 訊いてきたくせに、雪子さんはなぜか嫌がっていた。
 眼鏡の奥にある瞳は不安そうで、口はへの字に曲げていた。

「胸を、僕に当ててくることがよくあって。密着したときなんか、とくに」
「それ、嫌だった?」
「嫌じゃないんですけど、どうしていいかわからなくなるっていうか……」
「ドギマギしてる反応が可愛いから、ついやっちゃうんだよ。…………って、言ってたよ」
「そうなんですか……。にしても、春香さん遅いですね。トイレ」
「そ、そうだねー。私、見てくるよ」

 雪子さんは立ち上がり、リビングを出ていく。
 そのお尻が目に入った。

 ……あ。やっぱりそうだ。

 俺も席を立つと物音に雪子さんが振り返った。

「え――!? ど、どこ行くの……?」
「いえ、僕もトイレに行こうかなーと」
「す、座ってなよ。春香ちゃん、すぐに戻ってくるから」
「それで、今度は『雪子さん』がいなくなる?」

「……」

 そろーり、と逃げようとする雪子さんを後ろから抱きしめて捕まえる。

「うう……は、離して」
「離して、じゃないでしょ、春香さん」
「っ。……な、何でわかったの?」

 くるっと振り返った雪子さん。
 俺はその眼鏡をはずして、自分にかけてみる。

 伊達眼鏡だった。

「となると、この髪は……」
「これは、その……ウィッグです……」

 柊木ちゃんがぱっと取ると、髪の毛が溢れてきた。

「いつわかったの?」
「ジーンズのポケットの形。雪子さんが履いているそれと春香さんが履いているそれが一緒。最初はたまたまかなーって思ったけど、落ちてない汚れも同じ場所ってのはおかしいだろうって思って」
「ごめんね。本当は、新しい変装道具を買ったから試してたんだけど……最初は驚かそうと思って玄関を開けたら、誠治君、あたしのことだって全然気づいてなくて、それで調子に乗っちゃって」

 トイレを見てみると、さっき柊木ちゃんが着ていたTシャツが脱いであった。

「それで、普段訊きにくいことを訊こうとしたってわけか」
「うん……ごめんね、騙すつもりはなかったの」

 伊達眼鏡を柊木ちゃんにかけ直した。

「どう? 眼鏡。似合ってる?」
「先生っぽさが増した」
「む~。っぽさって何? あたし、先生なんですけど」

 冗談っぽく膨れてみせると、くすっと笑った。

「誠治君、あたしのおっぱいが当たるの、嫌だったんだ?」

 と言いながら、おっぱいを当ててくるこの人は、悪い女の人だと思う。

「嫌ってわけじゃなくて……リアクションに困るっていう話で……当たること自体は、むしろ……好き……」

 ニマニマ、と俺をからかう気満点の笑顔を見せる柊木ちゃん。

「ウィンウィンの関係だからいいでしょ? 当たって嬉しい誠治君と、その可愛い反応が見たいあたし。ほら、ね?」

 眼鏡をかけると、見た目もそうだけど小悪魔度が上がるらしい。

「好きにしてくれ」

 あはは、と柊木ちゃんは楽しそうに笑った。

「誠治君がどれだけあたしのことが好きか、よぉーくわかったから、先生、明日からのお仕事頑張れそう。ありがと♪」

 ちゅ、と柊木ちゃんが俺の頬にキスをする。
 眼鏡をかけた柊木ちゃんは、小悪魔的でエロ可愛な女の人になるらしかった。
書籍化作品「圧倒的ガチャ運で異世界を成り上がる!」
現在、最終章更新中です。
リンクを下に置いてます。
こちらも面白いので、未読の方は是非読んでみてください!

好評連載中! ↓↓ こちらも応援いただけると嬉しいです!

おっさんに変身した世界最強のバハムートが、愛娘と一緒にFランク冒険者になるようです
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ