挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【連載版】高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果 作者:ケンノジ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/82

授業中、内緒のやりとり


 とある世界史の授業中のことだった。
 小テストの穴埋め問題をしていると、教室の中をそれとなーく柊木ちゃんが歩き回って生徒たちの様子を見ている。

 こうしてみると、先生っぽいんだけどなー。いや、先生なんだけど。
 あ、目が合った。

 柊木ちゃんが、照れくさそうにはにかむ。

 先生。
 授業中にそんな可愛いリアクションはずるいと思います。

 ほわわわん、と俺が和んでいると、隣の藤本が視界にカットインしてくる。

「真田。五問目、答え何?」
「わかんねーよ」

 俺も今やっているところで、ちょうど詰まっていた。
 ていうか、訊いてくるなよ。一応小テストだぞ。

「真田くん、私語しないでください」

 すかさず柊木ちゃんが俺を注意する。
 しかつめらしい先生顔をしていた。

『今は先生と生徒なんだからね?』
 って、顔に書いてあった。

 悪いのは俺じゃなくて藤本なんだけど、先生ぶる柊木ちゃんは可愛いので、また積極的に注意されたいと思う。

 期末テストほどの緊張感はないけど、クラスのみんなは真面目に問題を解いている。

 ゆっくり、ゆっくり、柊木ちゃんがこっちに近づいてきた。
 足音が気になって集中できない。

 俺の隣を通り過ぎようかというとき、柊木ちゃんがかがんで、何かを拾った。

「真田くん、消しゴム」

 消しゴム? 俺のは机の上にあるから、藤本のだろう。
 それを言おうとすると、柊木ちゃんが机の上に新品の消しゴムを置いた。

 ケースから、紙切れがちょっとだけ飛び出ていた。

 それを引き抜いて、畳んであった紙切れを開くと、文字が書いてあった。

『五問目は、ハプスブルク家だよ♪』

 答え書いてあるうううううううう!?
 出題者が答え教えちゃってるうううううううう!?

 一体、今俺の身に何が起きた――――!?

 藤本に五問目の答えを訊かれて、わからないって言ったからか……?

 こっそりと、通り過ぎた柊木ちゃんを見ると、むこうもこっそり俺を振り返っていて、にこりとエンジェルスマイル。

『今は先生と生徒なんだからね?』的な顔をした人との行動とは思えないんですけど!

 しかも、渡し方が巧妙……。
 俺が消しゴムを落としたという設定を立てて、拾ったフリをして、手紙入りの新しい消しゴムを置く。

 授業中に手紙なんて脇甘々か!
 授業中もノーガードですか!

 何考えてんだよ、もう。

 ………………。

 返事書こ。

「わかんねえって言ったくせに、おまえ、五問目解いてるじゃねえか」

 おれの答案をのぞき込んだ藤本が、裏切り者を見るような目で俺を見てくる。
 悪いな、藤本。
 そんなちっちゃな裏切りどころか、彼女ができた俺は、おまえを大きく裏切ってる。

 ぼっちマンを適当にいなしながら、俺はテストそっちのけで返事を書く。

『ありがとう。結構難しいね、テスト。頑張ります』

 さて。
 この返事をどう渡そうか。

 今は黒板の前で教室全体を見回している柊木ちゃん。
 テスト中、俺が席を立って直に届けるのは明らかに不自然。
 誰かに渡してもらうのは、当然なしの方向で。

 となると、またこっちに来てもらうしかないんだけど……。
 目が合うと、柊木ちゃんは『わたし、超いいことしたでしょ?』とでもいいたそうな顔をする。

 いいことといえば、そうなんだけど……教師としてそれどうなんだ。あ、今さらだった。

 何かを察した柊木ちゃんが、先生、今巡回中ですよーと生徒の進み具合をのぞきながら、こっちにやってくる。

「先生。これ、俺のじゃないです」

 返信入りの消しゴムを柊木ちゃんに返した。

「あ、そう? ごめんね」
「いえいえ」

 消しゴムを見た柊木ちゃんが紙切れに気づいて、ぽ、と赤くなった。

『ええええ、やだあ、返事ちゃんと書いてくれてるうううう』

 と言いたそうに、俺を見て胸を抑えている。

 キュンとしたらしい。

 柊木ちゃん、先生顔! 先生顔に戻して! ゆるみっぱなしだ。

 さすがに、ゆるみ方が自分でもひどいと思ったらしく、プルプルと顔を振って、先生顔になると、隣を通り過ぎていった。

 ここに来るまでは、できてるかなー? て感じでのぞいていたのに。
 歩行速度が一〇倍速になった柊木ちゃん。

 ツカツカツカツカツカツカツカツカツカツカツカツカ。

 即行教卓の前に戻った。

 はええええええええ!
 どんだけ返事読みてえんだよ!
 残像がちょっと見えたわ!

 俺の返信をこっそり確認し、ひとしきりニマニマすると、教室のみんなに問いかけた。

「小テスト、難しかったかな?」

 それ、俺がさっき書いたやつだろ!!
 難しいっていうのは俺の主観だから。

 すでに回答が終わっている優等生たちは、みんな首をひねっている。

「難しくはなかったですよ?」

 ああ、やっぱり俺や藤本が勉強不足なだけなんだ。
 柊木ちゃんがぶんぶんと首を振った。

「難しいですう! 今回のは。たぶん」

 俺の頭の悪さを庇おうとして、なんか変な感じになってる!?
 尋ねた側が、返答を否定するっておかしくね!?

 あ、はあ。って優等生男子が呆気に取られている。
 そりゃそうなるわ。

「もう、終わった人は多いみたいだし、そろそろ……? いいかな……?」

 チラチラ、と俺を見る柊木ちゃん。明らかに、俺に言っている。

 この先生、カモフラージュ下手な人だ!

 一応問題を解き終えていた俺は、目は合わさないまま何度かうなずいた。

「はい、終了。時間がちょっとオーバーしてるけど、そこまででーす」

 俺が終わるの待ってたんだ。
 もう、俺の特別待遇がすごい。
 本人は、隠しているつもりだろうけど。

 後ろから答案が前に送られ、俺も自分の分を合わせて前に送る。

「柊木ちゃんって、なんかフワフワしてて可愛いよなー」

 魅力に気づいたらしい藤本が改まって言った。

「うん。可愛いだろ」
「え、何でドヤ顔」

 クラス全員の答案を持って、とんとん、とまとめた柊木ちゃん。

「きょ、今日はここまでです……あ、あとの時間は、自習してください……」

 顔を赤くした柊木ちゃんは、教科書やら出席簿やらを持って教室から出ていく。
 まだ授業は、二〇分も残ってる。

 ……俺と藤本の会話、聞こえてたっぽい?

 この日の昼休憩。

「授業中にあんなことを言うのは、反則だからねっ」

 思い出してまた顔を赤くする柊木ちゃんに、俺は注意された。
 反応が可愛いので、これからも積極的に叱られていこうと思う。

好評連載中! ↓↓ こちらも応援いただけると嬉しいです!

おっさんに変身した世界最強のバハムートが、愛娘と一緒にFランク冒険者になるようです
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ