挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【連載版】高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果 作者:ケンノジ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

69/83

柊木家の事情2


 食事を済ませた柊木ちゃんたちは、店を出ていった。

 俺も会計をしてあとに続く。

 柊木ちゃんが教えてくれたプランは、このあと、俺でも聞いたことのある有名な庭園が屋上にあり、そこで『あとは若い二人で』っていう感じで、散歩をするらしい。

 乗り気ではないにせよ、今日は終わりまで付き合わなくてはならないそうだ。

 柊木ちゃんとアラサー坊ちゃんを追いかけ、俺も庭園に入る。

 有名な庭師が作ったらしい庭園は、水と緑と色とりどりの花であふれていて、なんだかファンタジー世界に迷い込んだみたいだった。

「庭、とても綺麗ですね……」
「あ、はい……」

 たどたどしく二人が会話をしていく。
 柊木ちゃんは、日傘をさしていて表情をうかがうことはできない。

 こそこそしながら、俺は二人についていった。

「今日は、ありがとうございました。とても綺麗な方だったので驚きました」
「いえ。そんな。とんでもないです……」

 控えめな謙遜が、ご令嬢ぽい柊木ちゃん。
 けど、今日の柊木ちゃんは、アラサー坊ちゃんの言う通り綺麗だ。

 まあただ、口説くのなら俺を通してもらっていいですかねぇぇぇぇえ?

「ああ、気にしないでくださいね。僕のような男……モテないのはわかってるんで、女性の反応を見れば、だいたいわかるんです……」

 うっ、ツラっ……。
 うんうん、わかる、わかる。

 木陰のベンチに座った二人を俺は声が聞き取れる距離で監視する。

「そんなことないですよ? 三条さんだって、ステキな方だと思いますし……」

 柊木ちゃんの口調や、アラサー坊ちゃんこと三条さんの風貌で、それがお世辞だというのがよくわかった。

 お金はありそうだけどモテそうにない。社交性も低そうだし、しゃべりも上手くない。

 大人なら、お金があればモテるって話、あれは嘘だったのか……!?

 変なところで俺はショックを受けていた。

「ステキ……? 本当ですかっ?」

 おいおい、オッサン。社交辞令のお世辞だ。間に受けんなよ。
 あのタイミングで、「まあ確かにモテなさそうですもんね」なんて言うスパイシーな日本人はなかなかいないだろう。

「えと……ええ、まあ」

 困りながら柊木ちゃんがうなずくと、二人の間にあった距離を三条坊ちゃんが一気に詰めた。
 柊木ちゃんが体を強張らせるのがわかった。

 俺の頭の中では、第二種戦闘配置のアラートが鳴っている。

 さっき聞いた話だと、三条お坊ちゃんは、誰もが聞いたことくらいある老舗企業の四代目にあたるそうだ。
 柊木家からしても、今回の見合いは願ってもない話だったらしい。

 だから、気に入る気に入らないは別として、穏便に済ませたいのだとか。

「ぼ、ぼ、僕の、ど、どこが、よ、よかった、で、ですか……」
「っ」

 柊木ちゃんに三条坊ちゃんが顔を近づけていく。
 手が、膝の上にのって、スカートの上から太ももを何度も撫でた。

「ねえ……どこがよかったです? 僕の、どこが気に入りました?」
「……あの、ご、ごめんなさい……っ、やめて……ください……」

 俺は事なかれ主義だし、他人とケンカなんかろくにしたことないし、平穏無事に済むんなら、むこうが多少悪くても、俺は頭を下げて謝るタイプの弱っちい人間だ。

「僕と結婚すれば、遊んで暮らせるんですよ? 何が『やめてください』なんですか?」

「……あたし、その……好きな人が……親にも言っていない恋人がいて……だから……ごめんなさい……そういうつもりで、ステキだと言ったんじゃないんです……」

 プチン、と切れていた俺は、二人の座るベンチにむかった。

 俺だってまだ正式に触ってねえんだぞ、あの太もも!!

 鼻白んだような三条坊ちゃんは、柊木ちゃんの手首をつかんだ。

「じゃあ、じゃあ――別にいいでしょ一回くらい! スイート取ってあるんです、行きましょう。ヤらせてくれたら、今日の無礼は水に流しますから、ね? 行きましょう」

「――――だからモテねえんだよッッ!」

 ギリギリと爪が手のひらに食い込むほど固く握った拳を、思いきり三条坊ちゃんの顔面に叩き込む。
 ぎゃう、と潰れたカエルのような鳴き声で、ベンチの後ろに勢い余ってひっくり返った。

 怯えていた柊木ちゃんが、俺の背中に隠れた。

「痛……ッ。だ、誰、ですか……!?」
「通りすがりのタイムリープ中のアラサーですが、何か?」

「た、た、他人のくせに――傷害事件だ! 警察! 警察を呼ぶぞっ」

「嫌がってる女を強引に部屋に連れ込もうとしたやつが、警察? 笑わせんな!」

「ぶふぅ……」

 冷静になりつつある俺は、このとき閃いた。
 通りすがりの人Aのフリをすれば、柊木ちゃんの迷惑にはならない。

 けど、いまだに震えている柊木ちゃんは、俺の手をガッツリ握ったまま。

『そんじゃあ』って言って、颯爽と去る予定が大幅にズレつつある。

「……ありがとう、誠治君」

 名前呼んじゃってるぅうう。

「と、と、ともかく、女の人に勝手に触んな。どこ触ろうがそりゃ痴漢とおんなじなんだよ! あと、その年まで生きて社交辞令かそうでないかもわかんねえのかよ。空気くらい読めよ。だから金があるのにモテねえんだよ」

 今俺は、超ド級の殺人ブーメランを投げた。
 けど、知ったこっちゃねえ。悪いのはこいつだ。

「おまえみたいなやつに、僕の気持ちなんかわからないだろう……!」
「わかるわ、ボケッッ! だから、教えてやる。そういうことしたいんなら、お店に行け」

 アラサーからの大人としてのアドバイスだった。

「くそう……ぐふぅ……僕は、愛がほしかっただけなんだ……」
「嘘つけ。ヤりたかっただけだろ」

 このオッサンは、まったく。下半身思春期かよ。

「あ、あたしにイヤらしいことをしようとしたって、うちの両親の他に、三条さんのご両親にもお伝えしますからっ!」

 涙目になりながら、柊木ちゃんが金切り声を上げた。
 でも俺の後ろに隠れたまま。

 ……ビビってるけど、頑張る柊木ちゃん可愛い。

「そ――それだけは、どうか……勘弁してください」

 三条坊ちゃんがおでこを地面にこすりつける土下座をする。

「イヤらしいことをしていいのは、お店か、恋人だけですっっ!」

 スパシーンッ!

 柊木ちゃんが日傘で三条坊ちゃんのケツにワールドクラスのフルスイングした。

 それで気が済んだらしく、どうにかこの場は収まったのだった。
来週も土曜日12時更新です。
よろしくお願いします。

好評連載中! ↓↓ こちらも応援いただけると嬉しいです!

おっさんに変身した世界最強のバハムートが、愛娘と一緒にFランク冒険者になるようです
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ