挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【連載版】高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果 作者:ケンノジ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/83

空き巣事件


◆柊木夏海◆

 ピンポーン。

「……あれ? 今日は土曜日だから家にいるはずなのに」

 ピンポ、ピンポ、ピンポ、ピンポーン。

 春ちゃんちの呼び鈴を連打する。部屋、間違ってないよね……?
 部屋を確認しても『205』。おっかしいなぁ……。

 土日はだいたい暇してるから、遊びに来てって言ってたのに。

「春ちゃーん? 可愛い妹がきたよー?」

 コンコン、とノックしてもノーリアクション。
 むう。完全に留守っぽい。

 せっかくサプライズでウチが来てあげたっていうのに。

 お母さんから預かった合鍵で中に入って、隠れて驚かせてあげよう。

 こっそり寝室に入って待っていると、話声が聞こえてきた。

「春香さん、これ、材料買いすぎなんじゃないの?」

 男の声――?
 た、たぶん彼氏だ!

「いいの、いいの。お好み焼きパーティするんだから。足りなくなるほうが困るでしょー?」

 春ちゃんにこの前訊いたときは、彼氏はいないって言ってたのに。

 ガサガサ、と袋の鳴る音と足音がして、どんどん話声も大きくなった。扉一枚むこうのリビングにいるらしい。

 ……?
 なんか静かになった?
 彼氏さん、どんな人なんだろう……。

 こっそり扉を開けてリビングをうかがう。

 よぉーく知っている春ちゃんこと姉が、男の人の首に腕を回している。

 わわわわ。まだお昼前なのに……!?

 見ちゃいけないってわかってても、気になって気になって仕方なくて、もう目が離せなかった。

 ゴクリ……。

「ん……っ」

 ふぎゃああああああ!?
 ちゅ、ちゅーしはじめたああああああ!?

 ちゅっ、って感じじゃなくて、もうガッツリいっちゃってるううううう!?

 ややややや、やっぱり恋人同士なんだ!

 うぅぅぅ……家族のそんなシーン見たくないのに。
 どどどど、どうしよう……これ以上のことをおっぱじめちゃったら。

 でも目が離せないウチがいる……。

 ゴクリ……。

 男の人のほうが、春ちゃんをぐいっと離した。

「ちょっと――。美味しいお好み焼き作ってくれるんでしょ?」
「うん。作るよー? まずはその前に、誠治君エネルギーを補給しようと思って」

 オンナの顔をしてる……。
 春ちゃん、実家でも学校でも真面目でいい子ちゃんなのに。

 あ。さては……。春ちゃんを騙してる悪い男?
 天然で抜けている春ちゃんにはありそうなことだ。

 ウチの知っている限り、彼氏はこの人だけだし。

「なんだよ、誠治君エネルギーって。それに、お好み焼きパーティって……俺と先生だけでしょ?」
「もう、先生じゃなくて、二人のときは春香さんでしょー?」

 二人の立ち位置が変わって、その拍子に男の人の顔がチラっと見える。

 どんな男かと思ったら、顔はまあまあイケメンの男子だった。
 よかった。好青年っぽくて。
 ん? でも……かなり若いよ?

 ウチより年下……だよね、絶対。
 ――えっ。ウチ、高三だよ??

 それより下ってことは……高校生? ってこと?

 それに、さっき先生って……。
 高校教師が仕事だからそう呼んでるんだと思ったけど、違うとしたら。

 じゃあ、この二人は――。

「学校では柊木先生で、今は誠治君の彼女なんだから」

 先生と生徒で付き合ってるの――――?

 ま、まさか……。あの真面目な春ちゃんがそんなことするはずが……。

 出ていくタイミングを完全に見失った。一日中ここで、こっそり監視してるのも嫌だし……。

「ど、どうしよう――」


◆真田誠治◆

 ん。今……人の声がした?

 むちゅー、と唇をこっちに突き出して迫ってくる柊木ちゃんを、手のひらで受け止める。

「ちょっと待って」
「ふみゅっ!?」

 ど、泥棒じゃないよな……?
 声がしたのは、寝室のほうだ。

 空き巣が入っていたところに、俺たちがたまたま帰ってきちゃった的な?

 かすかに物音も聞こえた。

「あ、空き巣かな?」

 柊木ちゃんも物音が聞こえたらしく、顔を強張らせてこっちを見た。

「……空き巣がいるんなら110番しないと――」

 柊木ちゃんが腕をほどいて、携帯を取り出す。

「せ、誠治君、110番って何番!?」
「春香さん、落ち着いて。110番は、1、1、0だ」
「そ、そ、そうだった」

「――え、110番!? なんか大ごとになってる!? ちょ、それ、困るっ!」

 扉のむこうから焦ったように空き巣が声を上げた。
 こっちの話声は聞こえているみたいだ。

 むこうの独り言も聞こえるけど。

 空き巣は……女の人なのか……。

「春ちゃん、すとーっぷ!」

 ばーん、と扉が勢いよく開いて、ショートカットの活発そうな女の子が現れた。

 春ちゃん?

「あ!? 夏海! どうして夏海がここに?」

「うー。驚かそうと思って隠れてたんだけど……」

「そっかぁ。あたしの家に遊びに来たんだ! あ、誠治君、この子は、夏海っていって、あたしの妹」

 俺は「どうも」と小さく会釈しておく。

 夏海ちゃんという妹ちゃんもぎこちなく頭を下げた。

「ど、どうも……こんにちは」
「で、こっちの男子は……」

 完全に詰まって、柊木ちゃんがフリーズする。

 俺と柊木ちゃんが付き合っているってことは、絶対にバレてはいけない。
 その都合上、彼氏はいないことにする。

 この二つは、俺たちが恋人関係を続ける上で、鉄の掟だった。

 そりゃ、紹介に困るのは当然だった。

 むしろ、この状況で紹介しちゃダメだろう。

 プライベートで一人暮らしの先生の家に来る生徒なんておかしいから、同じ学校の生徒とも言えない。

「あのー、ええっとー、どうしよう……」

 柊木ちゃんがテンパりはじめた。
 目が泳ぎまくりで、最終的にグルグルに目を回しはじめた。

「こ、こ、この人は、さっき知り合った空き巣です」

 さっきの空き巣事件未遂に引っ張られてる!?
 予想の斜め上にいく発言……。

 けど、他に紹介されようもなかったので、小さく頭を下げた。

「ど、どうも……空き巣です」

好評連載中! ↓↓ こちらも応援いただけると嬉しいです!

おっさんに変身した世界最強のバハムートが、愛娘と一緒にFランク冒険者になるようです
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ