挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【連載版】高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果 作者:ケンノジ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/83

ポンコツ柊木ちゃん


◆真田誠治◆

 声で目が覚めると、いつもの席に紗菜と柊木ちゃんが座っていた。

「めちゃくちゃ寝た気がする……」

 うん、と伸びをする。

 眠るたびにタイムリープが解除されて現代送りになるってわけじゃないらしい。
 いつそうなるかわからないから、夜はなかなか寝つけないんだよな……。

 柊木ちゃんがニコニコと微笑んでいる。

「ずっと寝てたって、紗菜ちゃんが言ってたよ」
「あ――えと、うん――、兄さん、サナがきたときからずっと頬杖ついて寝てて……ねぶ、寝不足なんじゃないの?」

 紗菜のやつ、何慌ててるんだ?

 授業で遅くなった井伊さんがすぐにやってきて、楽しい昼食会がはじまった。

 今日の紗菜と柊木ちゃんは終始無言で、俺が話を振っても反応が鈍かった。井伊さんも基本的に口数が少ないので、珍しく昼食会は静かだった。

 まさか……俺が寝ている間に、紗菜が本格的に柊木ちゃんにケンカを売った、とか……?

 携帯をいじって、紗菜にメールを送る。

『先生になんかした?』
『なんかって何?』

 違うのか? それならいいんだけど。
 何かあったんなら、あの先生がどうのこうのって、紗菜は言ってくるだろうから本当に違うんだろう。

『誠治君。真田家って特別なあいさつをしてたりする? 欧米的な』

 夜に電話がかかってくると、開口一番に愛しの女神はそんなことを言った。

「欧米的なあいさつ? どういうこと?」
『たとえば、ハグしたりほっぺを合わせたりとか』
「さすがにそんな欧米的なことしないって。ウチは普通」

『そっかそっか。それならいいんだ。やっぱり、紗菜ちゃんは誠治君のこと大好きだよ』
「またそれ? お兄ちゃん大好き説?」

『うん。ちょっと意味合いが違う気もするけど。ともかく、ひとつ屋根の下で暮らす兄と妹で、変なことしちゃダメだからねー?』

「そんなことしないって。てか、先生と生徒の関係でどうにかなっちゃった春香さんは、人のこと、言えないんじゃ……?」

『そ、そ、それは……そのぅ、そうかもだけどぉ……。で、でも! 兄と妹よりセーフだからぁ』

 語尾がいつもよりゆるい。

「先生、もしかして呑んでる?」
『二人のときは春香さんじゃなくって先生でしょぉー?』

 ほら、もう、ポンコツになってる。

『先生、明日お休みだから呑んじゃってまぁーす。ふへへ……誠治君もウチきて一緒に呑もう?』
「コラ。未成年に酒すすめんな」

 ふぎゃあ、と柊木ちゃんの悲鳴が聞こえてきた。
 飲み物をひっくり返してしまったらしい。

『入れなおしたばっかなのにぃ……ふへへぇ』

 笑うタイミングもなんかおかしくなってる。
 ポンコツ化が今日は激しいな。

 時計を見ると、まだ夜の九時。

「なんか心配だから行くよ」
『早くしないとぉ、柊木先生終了のお知らせで閉まっちゃうからねぇー?』

 終了のお知らせで閉まる??
 もう、意味わかんね。

 手早く着替えて部屋を出る。玄関付近で紗菜と出くわした。

「どこ行くの?」
「終了のお知らせで閉まるらしい。何言ってるかわかんねえだろ? 俺もだ」

 ?? と、紗菜の頭上に疑問符が浮かんだ。
 スニーカーにつま先を突っ込んで、愛車に跨り柊木ちゃんちにむかう。

 柊木ちゃんちに上がるのは、これで二度目。
 ピンポーン、と呼び鈴を鳴らすと足音が聞こえて、扉がちょっとだけ開いた。

 隙間から柊木ちゃんがのぞいている。
 目がトローンとしてて、横になればすぐに寝そう。

「合言葉を述べよ」
「は? 合言葉?」
「そぉ。柊木先生のことをどう思っているか、言わないとダメなの」

 子供かよ。って、この前よりヘロヘロになってるな、柊木ちゃん。
 早く水を飲ませないと(使命感)。

「柊木先生のこと? それとも春香さんの」
「春香さんのほうで」

 食いつき早ぇえ。しかも顔がキリっとした。

「愛してる」
「も、もおおおおおお! 誠治君たらぁーっ」

 嬉しそうにくるーん、とターンした柊木ちゃんは奥へ行ってしまった。
 入っていいらしい。

 ガシャン。チェーンがそれを阻んだ。

 おぃいいいい! 開けてから行けぇええ!

「あ。忘れてた♪」

 てててて、と酔っ払い柊木ちゃんが玄関に戻ってきた。
 そうそう、開ければいいんです、開ければ。

「あたしも誠治君のこと、愛してる♡」

 きゃ、と恥ずかしがった柊木ちゃんは、嬉しそうにくるーん、とターンして奥へ行ってしまった。

 おぃいいいい! 開けてから行けぇええ!

 しばらくして。

「どうして入ってこないの?」

 ポンコツ発言をする愛しの女神は、ようやくチェーンを外して、俺を入れてくれた。

「ああ、なるほど、合言葉と愛の言葉でかかってるのか」
「?」

 ナニソレ、とか言いたそうな顔をされた。

 どう思っているか聞きたかっただけかよ!

 酔っ払いの発言は絶対に深読みしない――俺はこのとき固く誓った。

 俺に腕を絡めた柊木ちゃんはゴロゴロと甘えてくる。
 これはこれで可愛い。

 上はインナーしか着てなくて、隙間からブラジャーがチラチラ見えている。今日学校で履いてきていた膝丈のフレアスカートも、何がどうなってそうなったのか、めくれ上がっていてパンツ丸見えだった。

 目のやり場に困るからそれは直しておく。

 ポンコツ女神は超無防備だった。

 ソファに座ると、テーブルの上には空の缶酎ハイが三本置いてあった。

 どうも柊木ちゃんは、俺が思った以上に酒に弱いらしい。

 なかなか離れない柊木ちゃんを引っぺがして、冷蔵庫から水を取りだして、グラスに入れる。

「はい。水。飲んで」
「はーい♪」

 んく、んく、と一気飲み。

「珍しいね、ヘロヘロになってるの」

 柊木ちゃんが家で呑むのは、それほど珍しくない。
 夜電話をしているときは、酒が入っていることが多い。
 とはいっても、缶一本くらいらしく、今日みたいにフラフラになるほどじゃなかった。

「明日休みだから?」
「紗菜ちゃんは、どういう女の子?」
「何それ」

 おかしいよねぇ、と俺の肩に頭をのせて、もにょもにょ、と聞き取れない何かを柊木ちゃんはつぶやいていた。

 そのまま、すうすう、と寝息が聞こえはじめた。

 抱えてベッドまで運ぶと、起こしてしまったらしい。

「…………ん。……脱ぐ……」

 ま、またあれか!

 部屋着らしきTシャツを見つけて柊木ちゃんに渡そうとするけど、もう遅かった。

 インナーをぽいっ。
 ブラジャーもぽいっ。

「ストリップやめい!」

 ぺし、とTシャツを投げつける。

「スカート、皺になっちゃう…………」
「今日は下も!?」

 ぬぎぬぎ、ぽいっ。

「わぁああああああああああ」
「今日は白です♡」

「言うなよ! さっき見えたから知ってるよ!」

 一応見ないように、柊木ちゃんに毛布を被せる。
 よそへ行こうとすると、手を掴まれ、そのままベッドの中に引きずりこまれた。

好評連載中! ↓↓ こちらも応援いただけると嬉しいです!

おっさんに変身した世界最強のバハムートが、愛娘と一緒にFランク冒険者になるようです
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ