挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【企画】覆面小説家になろう〜雨〜 作者:覆面作者
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/19

No.06 恋の空模様

 雨は、好き。
 濡れるし、髪まとまらないし、おきに入りの服も靴も汚れるし、だからキライってトモダチ多いけど。
 でもあたしは、雨が好き。



 テレビが梅雨入りがどうこう言い出した、そのころだった。
 その日も雨で。
 いつもの制服に、いつものカバンに、いつもの靴。その日違ったのはたぶん、「雨が降ってた」ってことだけ。

「志乃、おまえドジだから、すっ転ぶなよ!」
「こんなとこで、大きな声で言わないでよ。恥ずかしいから」
 電車に乗って通ってる幼なじみが、みんなが振り返るくらいの声で、挨拶代わりの言葉を投げる。
 小中学校がいっしょで、高校になってやっと離れた。やれやれって感じ。

 あたしは行き先が違って、ここからバス。駅までは近いから、ここまで歩いてきて、その先だけ乗って通ってる。
 バスが来て、降りる人がどっと出てきた。それを避けながら、前の人に続いて、乗り口の階段に足をかけて。

「きゃっ……!」
 そそっかしいあたし、ホントに滑って踏み外しかけた。倒れる、どうしよう。
 けど幸い、何か柔らかいものにぶつかって、痛い思いしなくて済む。

「痛たたた……」
 言ったのは、あたしじゃない。
 慌てて立って振り向いて、どこかの知らない男子高生にぶつかってたの、初めて気づいた。よろけた拍子に、足も踏んじゃったみたい。

「ごめんなさいっ!」
 恥ずかしくて顔から火が出そう。急いでバスに乗って、いちばんうしろのほうへ行く。
 その人は、前に行ったみたいだった。
――よかった。
 これでそばに来られたら、あたしもう、バス降りちゃうと思う。

 でも、どこの人だろう?
 いまどき珍しい、うちの学校とよく似た、詰襟の制服だった。
 この路線を使う高校って、たしか幾つかあったと思う。けど詰襟なのは、うちの他はどこだったろう?

 気になって、バスに揺られながら考える。
 詰襟で、この路線でって言ったら――。
「一高?」
 思わずつぶやいちゃって、周りの人が変なふうに思ったんじゃないかって、また顔が赤くなっちゃったり。

 けど、きっとそう。このバスに乗るのはほかにないって、りえが言ってたから。
 頭いいんだな、って思った。この辺でいちばんの高校だから。
 あたしの高校なんて、ほんとに並もいいとこで、誰でも行けちゃう普通のとこなのに。
 そんな人の足踏んじゃったんだって思ったら、よけい鬱になっちゃって、どんよりした空を見るのも嫌な気分だった。



 翌日もまた、朝から雨。今年はわりと、雨が多いと思う。
「うっとおしいなぁ」
 思わずそんな言葉が、口をついて出てみたり。
 雨の日のバスは、車内でも濡れるからイヤ。自分の傘だったり、ほかの人のだったり。
 靴下の替えとタオルは持ってきたけど、制服の替えなんてないし。

 それにしても昨日みたいなこと、しないようにしなくちゃ。
 そんなこと考えて、ちょっと力入っちゃったり。

「オッス、志乃! 長靴はかねーのか?」
「履くわけないでしょ。早く行きなよ、また乗り遅れちゃうよ?」
「うぉ、ヤベぇ、じゃぁな!」
 幼なじみったら、濡れててすべる駅の階段、二段抜かしで駆け上がってった。
 運動神経いいヤツだから転びそうになくて、それはちょっと羨ましいなって思う。
 それから、バスの列に並んで。

「あの……」
 声かけられて振り向いて、心臓が止まりそうになった。
――あの人だ。
 顔なんてよく覚えてなかったのに、そんな直感。

「あのとき、その、大丈夫?」
「あ、はい、だいじょうぶです、っていうか、その、こっちこそすみません!」
 なんかもう、自分でもなに言ってるんだかよく分かんなくて、すっごく自己嫌悪。
 きっとあたしいま、顔なんて真っ赤。
 だって一高の人の足踏んじゃって、そのままロクに謝りもしないで、しかも向こうからまた声かけられてとか、恥ずかしすぎ。

「えっと、あの、あたし中央校で、だからいつもこのバスで」
 あぁもうサイアク。あたしってば、なんで自己紹介とかしちゃってるの?
「そう思ってた。その制服、珍しいから」
「あ……」
 たしかにそうかも。

 うちの高校って、女子はセーラー服。だから有名デザイナーが作った制服なんかと比べるとイマイチ。
 それなりに人気はあるらしいけど、デザインとか色とか古いし。
「この制服、でも、やっぱりイケてないから」
「そうかなぁ?」
 びっくりして顔を上げる。

「そう、ですか?」
「うん、いいと思う」
 自分のこと褒められたとかじゃないのに、なんか顔がほころぶ。
 それから、気づいた。
「やだ、バス……」
「あ、行っちゃったね」

 二人で思わず笑っちゃったり。
「俺、ふだんはチャリでさ。雨んときだけ、バスなんだ」
 そうなんだ、と思った。
 そして雨も悪くないな、とも思った。



 その日からあたし、バカみたいだと思ったけど、てるてる坊主逆さに吊るしたりして。
 一高のあの人は言ってたとおり、雨の日だけバス。
 会えるのは、雨の日の朝だけ。だから雨が待ち遠しい。それが一ヶ月くらい続いてる。
 幸い今年は雨が多くて、あたしにとっては嬉しかった。何回会えたかな? 毎日じゃないから、ぜんぶあわせても十回ちょっとかも。

「志乃あなた、このごろどうしたの? まぁちゃんと早く家を出られるなら、それに越したことないけど」
 お母さんとか、そんなこと言う。
「だって、もう高校だし」
 テキトーなこと返しとく。ほんとのこととか、知られたくないし。

 ともかくいつものバスに遅れないように、早めに家を出て、ちょっとうきうきしながら傘さして歩いて。
 あの人は今日も、同じ時間に来てた。

「おはよう、ございます」
 まだいまでも挨拶するとき、すっごくどきどきする。
 一高なだけあって、話してても頭がすごくいいの分かるし、いろんなこともちゃんとしてるし。
 やっぱり違う世界なんだなぁ……って思ったり。

 そうやってるうちに、なにがどうなったのか、誕生日の話になった。
「あたし、十二月二十四日で」
「クリスマスイブ? 覚えやすいね」
 いままで何回言われたかわかんないことを、また言われちゃう。

「けど、そのせいでプレゼントとかケーキとか、一回にされちゃって」
「あー、そうなっちゃうんだ。俺はふつうの日だから、それはなかったな。こんどの十二日だし」
「あ、じゃぁもうすぐ?」
「うん。
――あ、降りないと」

 ちょっと会釈して、彼がバスを降りる。それを見送りながらあたし、ほんのりハッピー気分。
 とっても、いいこと聞いた。
 何か贈ろうかな……。



 次の日曜日、あたしは隣駅の街に買い物に出た。
 昨日も今日も珍しく、いいお天気。だから一気に夏模様。
 ホントは仲よしの子といっしょの予定だったんだけど、急に都合悪くなっちゃって、でもあたしは買わなきゃいけなくて。だから、ひとり。
 いっしょにお茶したり、したかったんだけどな。

 ひとりで歩いてるのって寂しいから、どうしても必要なものだけ買って、さっさと帰ろうとして。
 そうだ、って急に思いだした。
 もうすぐ七夕。それが過ぎたら、あの人の誕生日。

 もうちょっとで梅雨明けしそうだし、そのあとは夏休みだし。そうしたらもう、会えないだろうし。
 だから、何かプレゼントしようかな、なんて。
 でも、何を贈ろう?
 おかしなもの贈ってハズシたら、すごい嫌われそうだし……。

 ハンカチとかつまんないし、ノートとかペン類じゃ小学生みたいだし。女子ならカワイイ系で大丈夫だけど、男子ってなにがいいんだろう?
 って、その前にいきなり贈ったりして、ヘンな人と思われたらどうしよう。
 なんか頭の中がグルグルしてきちゃって。
 それできっと、ぼーっとしながら歩いてたんだと思う。前から来た人に気づかなくて、ぶつかりそうになった。

「ご、ごめんなさい!」
 慌てて頭をさげる。
 ほんとにあたしってば、そそっかしい。
「だいじょうぶ?
――あれ?」
 声を聞いて、驚いて顔を上げて。

「朝の……」
 いつもバスで会う、あの人だった。
 そして隣に、手を繋いでる可愛い女子。

「カズくん、知り合い?」
「あ、うん、知ってる子」
 頭よさそうな、あたしと同じくらいの年の女の子だった。

「ごめんね、大丈夫だった? カズくん、いつもボーっとしてるから。
 ほら、ちゃんと謝りなよ」
「あ、その、ごめん。大丈夫?」
 促されて、彼が謝る。
――カノジョだ。
 そう直感した。

「ホントにごめんね、この人いつもこうなの。クラスでもボーっとしてて、先生の話聞いてないし。
 なのになんで、成績だけはいいかなぁ?」
 同じ高校で、同じクラスで、彼と手を繋いで歩ける子。

「ユミ、ふつう赤の他人にそこまで言うか?」
「だって事実でしょ。
 怪我とかしてない? 服、だいじょうぶ? あ、そうだ、よかったらお茶しない? お詫びにおごるから」
 明るくて、誰とでも仲よく出来て、よく気がついて、頭もよくて。
 こんな人と比べたら、あたしって……。

「あの、ホントに大丈夫です。ごめんなさい、失礼します!」
 逃げるみたいにして、そこから離れた。
 なんだか涙が出てくる。
――あたりまえ、だよね。
 よく考えてみれば、頭がよくて優しいあの人に、カノジョがいないわけない。
 なのにあたし、ちょっと喋ったくらいで舞い上がっちゃって。

 ばっかみたい……。
 自己嫌悪満載で、駅前でため息。

「なんだ志乃、おまえこんなとこで、何してんだよ!」
 いきなり大きな声で呼ばれて、そっちを見る。
 幼なじみの隼人だった。

「なにって、買い物。もう済んだから、帰ろうかなって。てかあんたこそ、こんなとこで何してんの?」
 部活か試合の帰りなのは、格好見れば分かるんだけど。でもわざわざこの駅で、電車降りた意味がわかんない。
「何って、腹減っちゃってさ。家のほうまで行くと、ロクな店ねーじゃん」
「なにその理由」
 なんかもうコイツったら、いつもこんな。

「てかさー、おまえも食わね? いつも行く店のオバチャン、たまには誰か連れて来いってウルセーんだよ」
「ふつうさ、そういう理由で女の子誘うかな。誰でもいいみたいじゃん」
 ほんとデリカシーないって言うか、呆れちゃう。
「ともかく行こうぜ。腹減って死ぬ」
「もう……」

 仕方ないから、ついてくことにする。
 でもおかげで、ちょっとだけ気が晴れた。
 ふと見ると、通りに設置されてる大型スクリーンが、天気予報映してた。梅雨明け宣言だ、って言ってる。



 雨は好き。でも嫌い。
 そしてもう、青空の夏。

覆面小説家になろう特設サイト 企画詳細、参加作者一覧はこちらからどうぞ。感想・レビューなどもこちらにお願いします。

投票所 気に入っていただけましたらこちらから投票をお願いいたします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ