挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
宮様にTS転生したけど、第二次大戦が目前の日本で既に詰んでる気がする…… 作者:うるめいわし
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/58

8話 桜子でございます。私は女優


 パッカパッカパカ……


「ヒヒーン! ブルルルゥ~」


 ううっ、完全武装の兵隊の前に出るのは、いささか、いや、かなり怖いのですけど……

 それでも、この場面においては、桜子ちゃんの一世一代の大博打もとい、名演技が求められるのであります。

 私は女優……

 私は天才子役……

 私はハリウッドの大スター!

 よし! 自己暗示は完了。

 それに、私も見てくれだけは愛くるしい幼女なのだから、クーデターに加わった兵隊もおいそれとは撃てないし、撃たないとは思いますが。
 そう思いたいです。そう思わないとやってられませんし。

 こういう役目はそれこそ、脳内お花畑の憲法九条マンにやらせればよいのです。きっと彼等ならば、戦場のど真ん中で敵に銃口を向けられたとしても、非戦の理を、平和の尊さを説いて、敵と仲良くなれるのでしょうから。
 たとえ、その場において敵に撃たれたとしても、その崇高なる志はきっと世界中から称賛されるでしょうから、是非にでもお願いしたい所存であります。

 お客様の中に、どなたか無防備マンはいらっしゃいませんか~? 出番ですよ~。

 え? いない? ほわい? なんで?

 あーうー、この時代には、まだ日本国憲法の第九条なんてなかったんや!
 ダメじゃん。

 やはり、言い出しっぺの私がやらねばならぬ運命なのか……
 それに、私は腐っても鯛。中身は未来の平民でおっさんの魂だったとしても、この外身は一応、皇族だしね。

 ノブレスオブリージュ…… ノブレスオブリージュ……

 私は高貴なる血筋を引く者。特権階級には、それに付随して義務が生じるものである。

 高貴なる者の義務を履行せよ!

 うん。覚悟完了。

 さて、拡声器でもって、みんなに聞こえるように話し掛けるとしますか。








『あ、あ、てすてす…… クーデターを起こした者たちへ告ぐ!』


 ざわっ


『諸君等の行いは、断じて許容できない!』


 ざわざわ……


『恐れ多くも天皇陛下の御座す帝都で、このように陛下の宸襟を悩ますような不埒な行いは、断じて許されざる行為である! 大御心は諸君等の行動を、けして認めん!』


 ざわざわ……


「お、おい。なんで、藤宮様が出てくるんだよ?」

「そんなの知らねーよ」

「桜子ちゃんだ!」

「藤宮様にむかって、桜子ちゃんとはなんだ桜子ちゃんとは! 貴様、不敬だぞ!」

「いや、だって、桜子ちゃんは桜子ちゃんだし」

「まあ、確かに桜子ちゃんだな」


 ガヤガヤ……


『武力によっての政権転覆は、議会制民主主義では認められない!』


 ざわざわ……


「なあ、帝国って議会制民主主義なのか?」

「さぁ?」

「中身はともかく、一応は議会制民主主義なんじゃね?」

「ってゆーか、政権転覆ってなに?」

「俺らの行動がそれなんじゃね?」

「はは、まさか……」

「藤宮様は可愛いなぁ」

「うむ。やはり本物は美しい」


 ガヤガヤ……


『直ちに原隊に復帰しない場合は、この藤宮桜子内親王が、大元帥陛下になり代わり、諸君等を反逆者として成敗する所存である!』


 ざわざわ……


「俺たちが賊軍? そんなの聞いてないぞ……」

「ああ、なんで俺たちが賊軍なんだ?」

「しかし、皇族である藤宮様がああ言ってるってことは、俺たちに大義がないってことだろ?」

「俺たちは中隊長たち将校に騙されたんだよ」


 ガヤガヤ……


『下士官兵に告ぐ! 今からでも遅くはない。歩哨線を解いて、原隊へ復帰せよ!』


 ざわざわ……


「おい、どうする?」

「どうするったって、皇族の命令に逆らえば、それこそ本当に賊軍になっちまうぞ」

「だよなぁ……」

「賊軍だなんて、俺はごめんだぞ」

「俺もごめんだ」


 ガヤガヤ……


『抵抗する者は全て逆賊であるからして、射殺する!』


 ざわざわ……


「藤宮様は可愛いなぁ」

「うむ。軍服を着ている御姿もお美しい」

「そんなことよりも、これからどうすんだよ? 抵抗したら射殺すると言ってるぞ」

「そんなこととはなんだ! 貴様、藤宮様の良さが分からんとは、この非国民め!」

「そうだ! 貴様は個人国債を買ってないのか? この非国民め!」

「俺は一口買ったぞ」

「俺は二口だ」

「ふっ、俺は五口買ったぞ」

「ブルジョアめ!」

「そ、そんなことよりも、俺たちは皇軍だよな?」

「いや、この状況では、どう見ても俺たちの方が賊軍だろ?」

「ですよねー」

「どうすんだよ?」

「知るもんか。俺たちは中隊長に命令されるがままに行動しただけなんだから」

「とんだ貧乏くじを引かされたってことだよ」

「だよなぁ……」

「上官を恨むよ」

「軍隊では上司を選べないからな」

「普通の会社でも選べないだろ」


 ガヤガヤ……


『このままでは、諸君等の父母兄弟も国賊になるので、皆、泣いているぞ!』


 ざわざわ……


「家族も国賊になる!?」

「カーチャンに迷惑は掛けられんわ」

「幼い妹がイジメに遭うのはごめんだぞ」

「もう、上官は逆賊なんだし、ここは藤宮様の言う通りにした方がいいんじゃね?」

「将校だけが逆賊でなく、俺たちも同罪ってことはないよな?」

「俺たちは大丈夫なんじゃね?」

「ああ、むしろ俺たちも馬鹿な上官に巻き込まれた被害者みたいなもんだ」

「今からでも遅くはないって言ってるしな」

「そういえば、そう言ってたな」


 ガヤガヤ……


『諸君等は直ちに原隊に復帰し、別命あるまで待機せよ!』


 ざわざわ……


「駐屯地に帰るか」

「ああ、帰るべ」

「あ~あ、とんだ災難だった気がするわ」

「それもこれも、妄想を肥大させた上官どもが悪い」

「天保銭は頭でっかちなだけで、中身は馬鹿なんだよ」

「俺たち下っ端のことなんて、これっぽちも考えてないんだろ」

「国を憂いてる国士様を気取って、そんな自分に酔っているのさ」

「夜郎自大ばかりだしな」

「あそこまで自己陶酔できる連中は、呆れるのを通り越して逆に羨ましくも思えてくるわ」

「東北の農村が飢饉と貧困で苦しんでいるのを、宴会しながら酷いねって憂いてるんだぜ?」

「ははっ、その宴会で飲んでいる清酒が米で出来ているのを知らないんだろ。馬鹿だから」

「アメリカの禁酒法は、日本でこそ役に立ったのかも知れんな」

「俺、下戸だから禁酒法できても困らんわ」

「なんか上官連中に対して腹立ってきたな」

「俺はアホくさくなったわ」

「帰るか……」

「ああ、アホな上官には付き合いきれん」

「帰るべ」

「藤宮様、サイン書いてくれないかな?」

「ああ、お願いしてみるか」

「おまえら、図太い神経してんな……」


 ガヤガヤ……


『復命せよ!』

「はっ! 直ちに原隊に復帰し、別命あるまで待機いたします!」

『よろしい!』

「小隊、整列!」

「藤宮様に対して、捧げぇー銃!」


 カチャ


 あ、この場合、もしかして私が答礼しなければ、いつまでたっても捧げつつしたままなのかな?
 それではあまりにも理不尽なので、答礼しておきましょうかね。

 ちゃんとした答礼を一度してみたかったんですよね。カメラマンもいることだし、きっと良い絵が撮れると期待しましょう。
 それで、私から先に手を下ろすんだよね?

 コイツら、私が礼式を知っている前提で捧げ銃しているけど、もし私が知らなかったらどうすんだよ。
 こちとら、外見は幼稚園児なんだぞ。その前提をどこかに置き忘れていませんかね?


「担えー銃!」


 ザッ


「回れー右!」

「前へー進め!」


 ザッザッザッ……








 ふぅ~、どうやら此処は無事に治まったみたいですね。

 あー、怖かったー!

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ