挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
宮様にTS転生したけど、第二次大戦が目前の日本で既に詰んでる気がする…… 作者:うるめいわし
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/58

55話 新任の艦政本部長ですが、少女の絵を検分しています


 9月17日 東京 秩父宮邸


「フフフンフンフン♪」

「藤宮様、ご機嫌ですね」

「まあねー」

「今度は何を描いておられるのですか?」

「じゃじゃーん!」


 桜子ちゃん特製、対潜ロケット弾であります!

 これを、艦政本部のお偉いさんに渡せば、対潜水艦作戦で制圧力も上がり、潜水艦に対しての生存性も高まるというものです。


「対潜水艦ロケット弾ですか?」

「そうだよ! このロケット弾を使えば、爆雷よりも潜水艦を撃沈しやすくなるんだよ!」

「それが可能ならば、素晴らしいですね」

「そうでしょ! そうでしょ!」

「でも、一つだけよろしいでしょうか?」

「んー、なにかな?」

「そろそろ藤宮様も、クレヨンは卒業された方がよろしいのでは?」

「……」

「クレヨンは小学校低学年までだと思いますよ?」

「……」


 クレヨンじゃないと、絵が下手くそなのがばれるじゃないですかー!








 東京 赤レンガ 艦政本部


「ふーむ、対潜水艦ロケット弾、か……」

「この絵は、また藤宮様のお絵かきになった絵でしょうか?」


挿絵(By みてみん)


「うむ。恐れ多くも、藤宮様がお描きになった絵で正解である」

「また、アイデアが浮かんだから、とりあえず描いてみたという感じですね」

「不敬なことを申すと、些かやっつけ仕事的な感じの絵ではあるな」

「ええ、手抜き感が拭えないといいますか、絵に進歩がみられませんね」

「そう思っていたとしても、人前では言うなよ。それこそ不敬だぞ」

「わかりました。しかし、このアイデアは面白そうですな」

「うむ。爆雷の代わりなのだろうが、艦の前方にも投射出来るのは魅力的だな」

「ロケット弾とは、噴進弾でしょうか?」

「陸さんの、迫撃砲みたいなモノだろう」

「なるほど。爆雷よりも簡易で、数も揃えられそうな気がしますね」

「面制圧と考えると、数がモノをいうからな」

「初めから、数を揃えなければ話になりませんでしたか」

「うむ、そういうことだな。しかし、ドイツのUボートが250メートルも潜るというのは、本当なのか?」

「さぁ? それが本当ならば、ドイツのUボートは相当に脅威ですけど、小官には判断しかねます」

「まあ、それもそうであったか」

「ですが、藤宮様には、独自の情報源でもあるのかも知れませんね」

「皇族独自のルートというヤツか……」

「あくまでも、推測にすぎませんがね」

「それもそうだな。あれこれと詮索をするよりも、我が帝国海軍の対潜水艦能力の向上を図るべきであったな」

「ええ、それと、潜水艦自体の能力の向上も必要になります」

「海大型の潜航深度70メートルでは話にならんということだな」

「新しい巡潜型でも、100メートルとかですしね」

「それだけ、ドイツの潜水艦の技術が優れているのだろう」

「先の世界大戦でも、ドイツのUボートは大活躍でしたので、いくら条約で制限されていたとしても、潜水艦の技術は失われていなかったのでしょう」

「つい先日には、アセニア号が撃沈されたばかりであったな」

「はからずも証明されてしまいましたね」

「ドイツは元々が、技術大国だからな」

「そうでしたね。これからもイギリスは、Uボートによる被害に頭を痛めることになるでしょう」

「先の大戦の悪夢ふたたびといったところか」

「他人事ではありませんよ。我が海軍も、対潜兵器の能力向上は喫緊の課題であります」

「そうであったな。我が国はイギリスと同じく島国なのだからな」

「ええ、商船が航行するシーレーンを襲われでもしたら、帝国の経済が麻痺しかねません」

「海中に潜む見えない敵というのは、それだけで恐ろしいからな」

「それをお偉いさんには、もっと理解してもらいたいものです」

「ワシも一応は、そのお偉いさんの部類に入るのだが……」

「……失礼しました」

「まあ、よい。それに、これでも考え方は昔よりかは、少しはマシになってはいるのだよ」

「小官の目の前におります、将軍様の思考が柔軟で助かりました」

「よせやい。お茶請けに羊羹でも食うかね?」

「いただきます。あと、潜水艦自体に関しては、防音が大切だと書いてありますね」

「防音かぁ。音が大きすぎると音波探知機に音を拾われて、居場所が特定されてしまう訳だな」

「そうなりますね。しかし、藤宮様がわざわざ注意書きをするのが気に掛かります」

「つまり、欧米の潜水艦に比べて、我が帝国海軍の潜水艦は騒音が五月蝿いということなのか?」

「そこまで詳しくは分かりませんけど、我が国の技術水準から言えば、欧米よりは劣っているかと思います」

「やはり、そうだよなぁ……」

「しかし、機関室の床や内側にゴムを張るとかの対策をすれば、多少は防音効果があるかと愚考します」

「そうだな。やれることから、一つづつやって行くしかないということだ」

「足らぬ足らぬは、工夫が足らぬとかも言いますしね」

「まあ、その言葉は、負け犬の遠吠えの気がしないでもないがな」

「そういえば、威勢の良いことばかりを叫んでいた連中も大分減りましたね」

「軍内部の大掃除をしたからな」

「風通しが良くなって、助かりましたよ」

「まったくだ」








 9月18日


【ソビエト赤軍が、ポーランド領に侵攻! ドイツとの密約か?】


 モロトフ=リッベントロップ協定の秘密議定書、密約通りに、ソ連はポーランドに雪崩れ込みましたか。
 これで、万が一にもポーランドが助かる見込みは、完全になくなりましたね。

 ポーランドは、6年か7年の休眠に入ったとでも思っておいてください。きっと目覚める日がやって来るはずだよ!
 多分、おそらく、きっと、めいびー。

 しかし、ポーランドが地図の上から消えるのは、歴史上これで何度目なんでしょうかね? 消えては復活して、また消えては復活を繰り返しているような気がするのですけど?
 まあ、それだけ、しぶといとも言えるのかも知れませんが。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ