挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
クリフエッジシリーズ第四部:「激闘! ラスール軍港」 作者:愛山 雄町
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/20

第一話

第四部の開幕です。
一応、毎日更新し、完結させる予定です。

感想をお待ちしております。
(評価やレビューも頂けると嬉しいです)
『軽巡航艦、それは宇宙そらを駆ける駿馬サラブレッド
 その最大加速度は巡航戦艦、重巡航艦を凌駕し、搭載する大型ステルスミサイルは巡航戦艦を一撃で轟沈し得る……。
 軽巡航艦はいわゆる万能艦である。
 艦隊戦ではその機動力を生かして敵の側方や後方に回りこみ、大型ミサイルにより敵の戦列を脅かす。
 また、その加速性能と長大な航続力は、哨戒パトロール偵察スカウト任務でもいかんなく発揮される。
 武装商船や仮装巡航艦を凌駕する能力は、国内での海賊パイレーツや緩衝星系での私掠船プライベータの討伐任務でも生かされ、これらの任務で軽巡航艦の姿を見ないことはない。
 しかし、この万能艦にも弱点はあった。
 スマートな艦体に重巡航艦とほぼ同じサイズの通常空間航行機関(NSD)パワープラント(PP)が詰め込まれ、更に大型艇ランチ並みの体積と質量を持つ大型ミサイルを搭載していることから、他の艦種に比べ居住性に劣る。小型艦であるスループ艦に比べ容積比で十倍以上、逆に乗組員数は二倍程度でありながらも、下士官兵たちはスループ艦の方が居心地がいいと断言するほどだ。
 また、防御力は前面こそ同クラスの主砲に耐えられるものの、側面の防御力は駆逐艦の主砲にすら耐えられないほど薄い。そのため、自慢の機動力を失った状態、すなわち、〇・〇一(光速)以下の低速時にはスループ艦すら脅威になるほどだ。
 それでも軽巡航艦に憧れる宙軍士官は多い。私も憧れを持つ一人だが、やはり美しく力強いふねに憧憬を感じずにはおられないのだ。
……(中略)……
 タウン級はそのバランスの良さから半世紀以上にわたり基本設計を変更する必要がないほど完成された艦である。アルビオン王国軍士官が軽巡航艦と聞き、最初に思い浮かべる艦でもある。
 タウン級には多くの派生型が存在するが、その中でも最も特異な存在が、“DOE”と略されることが多いデューク・オブ・エジンバラ型であろう。
“デューク・オブ・エジンバラ”という名は本来二等級艦以上の戦艦に相応しい名であるが、その名が五等級艦である軽巡航艦に付けられている理由はただ一つ、それはアルビオン王室専用艦を表すためだ。
 DOE型はその名に相応しく、艦長は慣例として大佐キャプテンが任じられる。しかしながら、SE四五一八年にその慣例が破られることになった。それも少壮ともいえる新任の中佐コマンダーが艦長に就任したのだ。その衝撃は大きなものだったが、艦のあるじたる王太子殿下以下、ほとんどの者は歓迎した。
……(中略)……
 タウン級に大きく劣る戦闘力であり、王室専用艦という制限が多い艦でありながらもクリフォード・カスバート・コリングウッド中佐は優勢な敵に対し……(後略)……
 ノーリス・ウッドグローイン著「ライトマン社発行:マンスリー・サークレット別冊“軽巡航艦”」より抜粋』

■■■

 宇宙歴(SE)四五一八年十月一日の午前十時。

 アルビオン王国軍少佐クリフォード・カスバート・コリングウッドはキャメロット星系の首都チャリスにいた。そして今、王家の離宮で数多くの軍関係者、それ以上に多い報道関係者に囲まれている。
 彼はジュンツェン星系会戦での活躍により、二度目の殊勲十字勲章、ディスティングイッシュ・サービス・クロス(DSC)を受勲したのだ。

 彼の胸に勲章を付けた人物はアルビオン王国第一王位継承権保有者、王太子エドワードであった。王太子は人好きのする笑みを浮かべながら、「おめでとう、中佐コマンダー」と小声で言った。

「ありがとうございます、王太子殿下。ですが、私は少佐レフテナントコマンダーですが?」

 クリフォードは王太子が言い間違えたと思っていた。彼は自分の功績ではDSCでも充分すぎると思っていたし、何より少佐に昇進してから二年しか経っておらず、今回昇進するとは考えていなかった。
 王太子は「そうだね。いい間違えたよ、中佐(・・)」と言って小さく笑った。

 勲章の授与式が終わり、大広間から出ると、彼の周りに記者たちが殺到する。軍の広報担当官が「他の受勲者と共に会見場で質問は受け付けます! 下がってください!」と叫びながら遮る必要があったほどだった。
 彼らにとってクリフォードは“若き英雄”であり、国民、すなわち、顧客である“消費者”が好む絶好の“コンテンツ”だったのだ。
 クリフォードは自分が若き英雄と呼ばれていることに違和感を覚えながら、控え室に向かった。

 控え室では愛妻ヴィヴィアンが出迎え、「お疲れ様でした、あなた」と言ってキスをする。

「ああ、本当に疲れたよ。何度経験しても慣れないものだ」

 そう言って深く息を吐き出しながら、ソファーに身体を沈める。
 すぐに紅茶が用意されるが、彼にそれを楽しむ時間は与えられなかった。白磁のティーカップを手にしたところで、ドアをノックする音が響いたのだ。

「コリングウッド少佐、少し早いですが、予定を繰り上げます。会見場にお越しください」

 広報担当官の声が聞こえ、クリフォードは肩を竦めながら、「了解した」と答えた。

「まあ、これが終われば落ち着くだろうし、もう少しの我慢かな」

 そう言って立ち上がった。

 記者会見を終え、自宅である官舎に戻ろうとした時、旧知の人物が彼を呼び止める。

「午後二時に人事部に出頭よ、中佐(・・)

 その声はややハスキーな女性のもので、彼が振り返ると、そこには小柄な女性士官の姿があった。そこに立っていたのはキャメロット防衛艦隊総参謀長アデル・ハース中将だった。

了解しました、中将(アイ・アイ・マム)」と敬礼しながら答える。そして、自分の昇進が確定していることを悟った。しかし、そのことは口にせず、別の疑問を口にする。

「総参謀長がなぜ人事部への出頭を伝えられたのでしょうか?」

 ハースは笑いながら、「あら、ただのついでよ」と言い、事情を説明する。

「すぐに人事部から個人用情報端末(PDA)に正式な連絡があると思うけど、知っていたから伝えただけよ」

 彼女は今回の式典に司令長官の代理として出席しており、クリフォードの昇進の話を聞いたため、伝えたとのことだった。

「奥方様との時間を奪って悪いのだけど、少しだけ時間をいただけないかしら?」

 その表情はいつものコケティッシュなものではなく、真剣なものだった。
 クリフォードは何があるのかと思いながらも、もう一度「了解しました、中将(アイ・アイ・マム)」と答える。

 ハースはクリフォードを引き連れ、離宮にある応接室の一つに入った。そこには王太子が待っており、クリフォードは慌てて敬礼する。

「硬くなる必要はない。アデルに無理に頼んだんだ。こうでもしないと君とは話す時間が取れないからね」

 ハースはやれやれという表情を隠そうともせず、「殿下は時々面倒なことを頼むのよ」と言ってソファーに腰を下ろす。王太子は優秀な軍人と個人的に会うようにしており、次代の司令長官と目されるハースとも十年以上前から付き合いがある。また、歯に着せぬ物言いをするハースだが、それを許容する王太子の度量に信服しており、口調ほど嫌がっているわけではなかった。

 クリフォードは自分に何の用があるのかと考えるが、すぐに先日行ったレディバードの乗組員によるパーティの礼を言った。

「先日はありがとうございました。部下たちは皆、感激しておりました」

 王太子は「あれは私も楽しかったよ」と言い、「では、まずは座りたまえ」と言ってソファーを指差す。

「時間もあまりないから前置きなしで話させてもらう」

はい、殿下(アイ・アイ・ハイネス)

 クリフォードがそう言って頷くと、王太子はすぐに本題に入る。

「私は君に、私の専用艦デューク・オブ・エジンバラ5号の艦長の椅子を用意した」

 クリフォードはいきなり専用艦の艦長と言われ、言葉を失った。
 王太子の横ではハースが小さく首を横に振り、「いきなり言われたらビックリするわよね」と他人事のように呟いている。

「それは決定ということでしょうか」

 王太子は首を横に振るが、その顔は自信に満ちていた。

「もちろん、私には決定権はないから軍に推薦するだけだよ。しかし幸いにも軍は私の意見を尊重してくれる。だから君が断らなければ、ほぼ決定と考えてもらってもいい。できればノーと言わないでほしいのだが」

 クリフォードはどう答えようか必死に考え、そして一つの疑問に辿り付く。

デューク()オブ()エジンバラ()は五等級艦だが、正規の大佐キャプテンが艦長になるのが慣例だったはず。私はまだ中佐にもなっていない……どう答えたらいいのだろうか……)

 クリフォードの疑問がハースに伝わったのか、彼女が彼の疑問に答える。

「DOEの艦長は大佐(キャプテン)をもって任じるって思っているでしょう? でも、明文化されたものはどこにもないの。そして、軍におけるDOEの正式な等級は五等級艦。つまり、中佐コマンダーが艦長になっても艦隊の規則に何ら抵触しないのよ」

「そうなのですか……しかし……」

 クリフォードが言葉を搾り出そうとすると、王太子が機先を制した。

「自分にはその能力がないとか言わないでくれよ。私だってきちんと考えた上で君を推薦しているんだからね」

「しかし……私の記憶が正しいなら、DOEの艦長は殿下の随行艦の司令を兼ねたはずです。また、護衛隊の指揮官として、宙兵隊の中佐レフテナントカーネルも兼務したかと。仮に中佐に昇進したとして、私に務まるとは思えません」

 王太子はハースに視線を向けながら、「君の言った通りだね」と笑う。しかし、すぐにクリフォードに視線を戻した。

「君はターマガント星系で哨戒艦隊(パトロールフリート)の指揮を執り、あの厳しい状況で武勲を挙げている。司令としての能力は充分すぎるほど証明しているよ」

「ですが……」と思わず口を挟むが、王太子はそれに構わず話を続けていく。

「次に宙兵隊の指揮官としてだが、トリビューン星系では敵のベースに潜入し、負傷した指揮官を助けながら見事に任務を成功させた。そう言えば、作戦の立案も君だったね。私の侍従武官に聞いてもあれほどの武勲を挙げている宙兵隊士官はいないだろうと断言したよ。それに君は銃の名手でもある。傍にいてくれれば、私も安心できるのだが」

 王太子の言葉にクリフォードは返す言葉を失った。

「諦めなさい。殿下は頑固なの。私でも説得できなかったのよ。あなたに説得は無理だわ」

 クリフォードは十秒ほど沈黙した後、

「先ほどのお話についてですが、私からお答えしようがございません。命令であれば、どのような任務であろうと、軍人としての責務を果たすだけです」

 その言葉に王太子が大きく微笑む。

「君らしい答えだね、クリフ。アデル、そういうことだから、よろしく頼むよ」

 ハースはやれやれという表情を再び浮かべると、「了解しましたわ、殿下(アイ・アイ・ハイネス)」とわざとらしく敬礼し、クリフォードに顔を向ける。

「今日の午後、中佐に昇進した後、内示があるはずよ。前任者が准将に昇進してアルビオンに戻るはずだから、引継ぎは十日以内になるわ……あなたには参謀本部で私の補佐を頼みたかったのに、本当にもう……」

 ハースはそう言って王太子を睨む。

「すまないと思っているよ。しかし、私が見るにクリフは参謀より指揮官に向いていると思う。彼の父上と同じようにね」

「そうですわね。確かに……」

 ハースはそう言って表情を緩め、士官学校の同期でもあるクリフォードの父、リチャードの顔を思い浮かべた。

 応接室を出ると、ハースの言った通り、人事部からの連絡がすぐに入った。彼は呆然としながらその連絡に返信すると、愛妻の待つ控え室に戻っていった。


 午後に軍本部の人事部のオフィスに向かうと、すぐに人事部長とともに艦隊総司令部のオフィスに連れていかれる。そして、司令長官室にそのまま直行し、グレン・サクストン大将から中佐の信任状を渡され、キャメロット第一艦隊第一特務戦隊、つまり王太子護衛戦隊の司令の内示を受けた。

 普段無口なサクストンが「君には期待している」と言って右手を差し出した。サクストンが公式な場で個人的な感想を述べたことに人事部長は驚くが、クリフォードは「ありがとうございます。提督」と言って、ごく自然に右手を取る。

 サクストンがこういった場では事務的なことしか言わないという話は知っていたが、自分のことで頭が一杯であり、ごく当たり前の対応しか取れなかったのだ。
 司令長官室を出た後、人事部長は「君は大物だな」と半ば感心し、半ば呆れているという表情を浮かべていた。

 翌日、彼の官舎にレディバードの元乗組員たちがやってきた。
 彼が中佐に昇進したことは公表されていたが、DOE5の艦長になることは未だに発表されていないにも関わらず、ほとんどの者が知っていた。

「まさか艦長がDOE5の艦長になるとは。でも、艦長には戦闘艦の指揮官になってもらいたかったですね。DOEじゃ戦うことなんてなさそうですし」

 元副長バートラム・オーウェル大尉がそう言って悔しがる。

「確かにそうだ」という乗組員たちの声が上がるが、彼はそれを誤魔化すかのように話題を変えた。

「そう言えばバートも上級士官コースに行くと聞いたが? 君も遂に指揮艦を持つんだな」

 オーウェルは「私には砲艦の副長が似合いなんですがね」と頭を掻く。

「副長が艦長になったら大変ですよ、下士官は」とお調子者の操舵長コクスン、レイ・トリンブル一等兵曹が混ぜっ返す。

「そりゃどういう意味だ? コクスン。ことと次第によっちゃ……」

 そう言ってオーウェルが睨みつけるが、すぐに自分で「確かに俺の下に付いた下士官連中はこき使われるから大変だ」と言って笑う。
 そんなやり取りを見ながら、この仲間たちとの時間はもう二度とやってこないのだと寂しさを感じていた。

(私も砲艦が合っていたのかもしれない。これほど打ち解けられる仲間とは二度と一緒になれないだろう……)

 実際、次の配属先が決まった者が多く、三週間ほど前に行われたパーティに比べると三分の一ほどしか残っていない。
 そんな寂しさを感じながら、彼らとの時間を楽しんでいた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ