挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

もしも三匹の子豚の家を襲ったのが狼だけじゃなかったら?

作者:結城藍人
 むかしむかし、あるところに三匹の子豚がおりました。あるとき、お母さん豚が言いました。

「お前たちも大きくなったから、それぞれ自分の家を作って、そこで暮らしなさい」

 そこで、三匹の子豚は、それぞれ自分の家を作ることにしました。

 一番上のお兄さん豚は、わらで家を作ることにしました。

「軽くてすぐ作れるし、寒い風も防いでくれて冬でも暖かいよ」

 そう言って、さっさとわらで家を作ると、そこで暮らし始めました。

 二番目のお兄さん豚は、木材で家を作ることにしました。

「わらより手間はかかるけど、その分は丈夫だよ」

 そう言って、木を切って木材にすると、家を建てました。一番上のお兄さんよりは時間がかかりましたが、すぐに家はできあがって、そこ暮らし始めました。

 三番目の末っ子豚は、レンガで家を作ることにしました。

「時間はかかるけど、すごく丈夫だよ」

 そう言って、レンガを少しずつ運んでは積み、運んでは積みして家を作り始めました。しかし、少しずつしか積めないので、なかなか完成しません。

「おいおい、ずいぶんのんびりと作っているなあ」

「家がなくちゃ、寒くて風邪をひいてしまうよ」

 お兄さん豚たちは末っ子豚を心配して、末っ子豚の家が完成するまで自分たちの家に泊めてあげました。

「ありがとう、大兄ちゃん、中兄ちゃん」

「兄弟だから助け合うのは当然だろう。だけど、こんなに苦労してレンガで家を作る必要があるのかい?」

「いざという時が来たらわかるよ」

 お兄さん豚たちの疑問にそう答えた末っ子豚は、長い時間をかけて家を完成させると、ようやくそこで暮らし始めました。

 そこへ、狼がやってきました。

「うまそうな豚だ、食ってやる!」

「ひゃー、逃げろー!!」

 狼は、まず一番上のお兄さん豚を狙いました。そこで、一番上のお兄さん豚は自分の家に隠れました。

「何だ、こんなわらの家、吹き飛ばしてやる」

 狼はそう言うと、大きく息を吸い込んでフーッと吐き出しました。すると、わらの家はバラバラに吹き飛んでしまいました。

 しかし、あまりに凄い息だったので、一番上のお兄さん豚も吹き飛ばされてしまいました。

「ひえー、助けてー!」

 吹き飛ばされた一番上のお兄さん豚は、そのまま急いで二番目のお兄さん豚の木の家に逃げ込みました。

「ちっ、しくじった。だが、この家にも豚がいるようだな。二匹とも食ってやる」

 狼はそう言うと、大きく息を吸い込んでフーッと吐き出しました。しかし、わらの家より丈夫な木の家は狼の息に飛ばされることはありませんでした。

「おのれこしゃくな! そんなら体当たりでぶっ壊してやる!」

 狼はそう叫ぶと、勢いをつけて木の家に体当たりしました。すると、木の家はバラバラにぶっ飛ばされてしまいました。

 しかし、あまりに凄い勢いでぶつかったので、一番上のお兄さん豚と二番目のお兄さん豚も家と一緒にぶっ飛ばされてしまいました。

「うひゃー、助けてー!!」

 ぶっ飛ばされたお兄さん豚たちは、そのまま遠くに飛ばされたことをいいことに、三番目の末っ子豚のレンガの家に逃げ込みました。

「また逃がしたか! だが、この家にも豚がいるようだな。よぉし、三匹まとめて食ってやる!!」

 狼はそう言うと、大きく息を吸い込んでフーッと吐き出しました。しかし、重くて頑丈なレンガの家はびくともしません。

「よぉし、なら今度も体当たりでぶっ壊してやる」

 この程度は予想していた狼は、レンガの家に体当たりしました。しかし、レンガの家は狼の体当たりにもビクともしませんでした。

「うぎゃ、痛たたたた!」

 逆に、硬いレンガの家に当たった狼の方が痛い思いをしました。

「ちくしょう、絶対に食ってやる!!」

 カンカンに怒って改めて三匹の子豚を食べてやろうと誓った狼ですが、どうやってレンガの家を壊そうかと、じっくり家を眺めているうちに、あることに気が付きました。

「うん、あれは煙突じゃないか。そうだ、何もこんな硬い家を無理に壊すことはない。要は豚どもさえ食えればいいんだ。あそこから家の中に入ってしまえばこっちのもの。この硬い家なら逆に逃げるのも難しいはずだ!」

 いいことを思いついたと思った狼は、さっそくハシゴを持ってきてレンガの家に立てかけると、屋根に上りました。

 しかし、その様子は家の窓から三匹の子豚たちに見られていたのです。

「どうしよう、狼が煙突から入ってくるよ!」

 慌てるお兄さん豚たちに、末っ子豚は落ち着いて言いました。

「煙突って何のためにあるか知ってる?」

「煙を外に出すためだろう」

「煙って何で出るの?」

「そりゃあ、火を燃やすから……そうか!」

 お兄さん豚たちも気が付きました。そこで三匹は協力して暖炉で火を燃やし、大きな鍋にお湯を沸かしはじめました。

「うおっ、何だこりゃ、煙いぞ!?」

 火を燃やし始めたので煙突からは煙がもうもうと立ちこめました。その煙を吸ってしまったので狼は大きく咳き込みます。

「ゲホッ、ゲホッ、こりゃダメだ。何か口や鼻をおおう布でも持ってこないと煙突に入れん」

 そう言って、はしごを降りると一度自分の家に戻ってタオルを取ってきました。そして途中の川の水でタオルを濡らすと鼻と口の周りに巻きました。それから自分自身も川に入って体全体を水で濡らしました。狼の毛皮は水を吸ってビショビショになりました。

「よし、これで煙くないし、暖炉で火が燃えている所に降りても少しの間なら大丈夫だ。すぐに暖炉から出ればやけどしないで家の中に入れるだろう」

 そう言うと狼は再び屋根に上り、煙突の中に入っていきました。

 しかし、その間に鍋のお湯は既にぐらぐらと煮立っていたのです。

「煙いが、これくらいなら大丈夫だな。よし、一気に降りてすぐに火から抜けだそう」

 そう言って煙突の中を滑り降りた狼でしたが、下にあったのは火ではなく鍋の中で煮えたぎるお湯でした。

「うぎゃあー、熱い、熱いー!!」

 燃えている火だったら濡れた毛皮が防いでくれたかもしれませんが、煮立ったお湯には効果がありませんでした。

 大やけどした狼は、あわてて煙突を駆け上がると、命からがら逃げていきました。

「わーい、やったやった!」

 三匹の子豚は狼を撃退できたので大喜びしました。

 そして、末っ子豚は胸を張って言いました。

「ね、レンガの家は役に立ったでしょう?」

 お兄さん豚たちもうなずいて言いました。

「うん、本当に助かったよ」

 そこで、末っ子豚は言いました。

「それじゃあ、お兄ちゃんたちもレンガの家を作ろうよ」

 ところが、一番上のお兄さん豚は言いました。

「いや、俺はまたわらの家にしよう。狼が来たらまた助けてくれ。その代わり、このレンガの家じゃあ困ったときは、俺のわらの家に頼るといい」

 そして、二番目のお兄さん豚も言いました。

「私もまた木の家を作るよ。狼が来たらまた逃げてくるからよろしくな。その代わり、木の家が役に立つときは遠慮無く使ってくれ」

 それを聞いた末っ子豚は不思議そうに言いました。

「わらの家や木の家の方がレンガの家より役に立つことってあるのかな?」

 それに対してお兄さんたちは口をそろえて言いました。

「いざという時が来たらわかるよ」

 そして、しばらくは何事もありませんでした。冬になっても、わらの家も、木の家も、暖炉があるレンガの家も、快適に暮らすことができました。

 ところが、そんなある日のことです。ちょうど一番上のお兄さん豚の誕生日だったので、三匹はわらの家に集まってお祝いをしていました。

 グラグラグラグラッ!!

 突然、地面が大きく揺れ動きました。大地震が起こったのです!

「うわぁ、助けてー!」

 三匹は悲鳴を上げました。大地震のせいで、わらの家はひとたまりもなく崩れてしまいました。

 しかし、材料は軽いわらです。崩れたところで、のけるのは大して苦労もいりません。三匹は地震がおさまると、すぐにわらを押しのけて出してくることができました。

「あーびっくりした。でも、軽いわらの家にいてよかっただろう?」

 そう言って笑った一番上のお兄さん豚に、下の二匹の弟豚はうなずきました。

「あ、僕たちの家はどうなったかな?」

 そう末っ子豚が言ったので、三匹は一緒にまず末っ子豚の家を見に行くことにしました。

「ああ、ひどい!」

 末っ子豚のレンガの家はバラバラに崩れていました。もし、この家に居たら重いレンガの下敷きになってぺっちゃんこになっていたことでしょう。それを想像して末っ子豚はブルブルと震え上がりました。

「次は私の家を見に行こう」

 そう言った二番目のお兄さん豚の木の家に行ってみると、やはりバラバラに壊れていました。レンガの家ほどではありませんが材木が落ちてきたら大怪我をしていたことでしょう。二番目のお兄さん豚もゾッと背筋が寒くなりました。

「いや、これはゾッとしただけじゃないな、まだ寒い時期だぞ」

 二番目のお兄さん豚はそう言いました。そうです、寒風吹きすさぶ冬なのです。家が壊れてしまった三匹は、このままでは風邪をひいてしまうでしょう。

「どうしよう? 大兄ちゃんのわらの家なら、すぐ作り直せないかな?」

 そう末っ子豚が言いました。しかし、一番上のお兄さん豚は、こう答えました。

「大地震のあとは、余震といって何回か同じくらい大きな地震が起きることがあるというぞ。今作り直しても、また地震が来たら壊れてしまうだろう」

「じゃあ、どうしたら……」

 困った末っ子豚に、二番目のお兄さん豚が言いました。

「まあ慌てるな。まず火を起こして暖まろう」

 そう言うと、自分の壊れた家の木材を使ってたき火を始めました。

「どうだ、木の家は壊れてもこういう役に立つんだ」

「本当だね。助かったよ」

 二番目のお兄さん豚の言葉に、末っ子豚は深くうなずきました。

 すると、今度は一番上のお兄さん豚が言いました。

「それじゃあ、次は俺の家のわらを取ってこよう。家を作っても余震が来たら壊れてしまうが、寝わらにすることはできる。夜でも凍えないで済むぞ」

「それはいい考えだね!」

 末っ子豚も賛成して、たき火の番をする二番目のお兄さん豚を残して二匹でわらを取ってきました。

 こうやって三匹は地震が完全におさまるまでの間も凍えることなく冬をすごすことができました。

「どうだい、わらの家も木の家も、丈夫さはレンガの家ほどじゃないが役に立っただろう?」

「本当だね。それぞれ、いい所があるんだ」

 そう言い合うと、三匹は笑い合いました。

 そして、それからも、それぞれが違った家を作って、それぞれの特徴を生かして末永く助け合って幸せに暮らしたということです。めでたしめでたし。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ