挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

聴覚障害者の日常

聴覚障害者の日常 ムスメの宿題

作者:ぷかぷか
ムスメが小学生の時のある夏休みのヒトコマだ。

ムスメと夏休み課題について話してたコト。
いろんな課題があり、どれか一つを書かなければならなかった。

「『人権について』をやったら?」

「なにをかくんよ…。」

「お母さんのコト書いていいよ。」

「もっとヤダ。コメディになる。」

コメディって、アンタ…。

単に、SNS(ソーシャルネットワークサービス)の上で議論が沸騰した時に「障害者は障害者らしくしてろ」といわれたこととか、歩行者天国で後ろからチャリできたオヤジに怒鳴られて「聞こえないんだからしょうがないやろ。」と言い返したこととか(歩行者道路編参照)を話したことはあるけど……。

コメディかぁ…。

ポツリとムスメがいった。

「お母さんは、裏表がないところがあるから珍しいよ。天然記念物みたい。」

ほめてるんだか、けなしてるんだか。

ムスメよ、それは違うぞ。
世の中を(したた)かに生きていくには、いろんな波を越えていかなきゃいけないんだよ。
アタシもムスメには正直でありたいけれど、全部を話しきれないこともあるんだよ、お腹の中で答えておいた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ