挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

猫よ

作者:たこす
おおい猫よ
こっちへおいで

ほら
ボール玉があるぞ
遊びたいだろ?
じゃれたいだろ?
ツン、とすましていてもわかっているぞ
横目でチラチラ見てるだろ
興味持ってるだろ
でも、興味のないフリをして
まったく、お前ときたら

そら
これならどうだ猫じゃらし
うん、興味を示したな
ガン見してるな
ものすごい勢いで駆け寄ってきたな
そんなに好きか、猫じゃらし

ははは、いい子だ
よしよし、こいつで遊ぼうか

って、お前どんだけ猫じゃらしに興味あるよ
目つきが、普通じゃないよ
え、これ、遊びだよね?
遊んでるんだよね?
じゃれ方が尋常じゃないよ
それ、普通なの?
お前にとって、それが普通なの?

いや、ちょっとやめれ
やめれって
おいおい、すごい力だな
猫じゃらし、持ってかれちゃうよ
はなしなさい
くいついた猫じゃらし、ちょっとはなしなさい
いいから、はなしなさい


は な し な さ い


……ああ、ごめんごめん
怖がらせちゃったな
ごめんな

ほんとごめん
いや、ほんとごめんて
ブルブル震えてないでなんとか言ってよ
なんかこっちがいじめたみたいじゃないか
ほんとごめんて

でも猫じゃらしはまた今度な
床が傷つかない場所でな
ということで、これは今はやめような
「にゃあ」じゃないよ
妄想の猫とじゃれる私。
一人で何やってるんだろう……。

お読みいただき、ありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ