挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
気がついたら妖怪の主になっていたんだが 作者:インコ法師
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/15

12.狸と情報



 妖怪にとって妖気は重要なものだ。妖気が尽きなければ妖怪は死なない。身に纏う妖気の大きさで強さを測ることもできる。
 能力を使えば減り、怪我をしたらその回復に使われて減る。食事や睡眠をとって休めば回復して、最大値は長い年月をかけて徐々に増えていく。長く生きている妖怪ほど妖気が強大な、強い妖怪となる。ただ、主玉から生まれる妖怪は別で、生まれた時から大きな妖気を持っているものらしい。俺のように。

 妖気が強ければ強いほど、妖怪は死ににくい。生命力と言い換えてもいい力。それを無理やり引き出し、回復することをさせず、緩やかに訪れる死を待つだけとなる。それはどれほど恐ろしいことか。そんなことをやっている妖怪が、この世界のどこかにいる。


「主様、どうなさいました?」

「……川姫か」


 川原で太陽の光を反射する水面を眺めて考え事をしていたら、川姫がそう尋ねながら隣に腰を降ろし、俺に微笑みかけてきた。よく見ると彼女の呼吸は少し乱れていて、少し遠くで「出遅れた……!」と悔しがる鴉の声が聞こえたような気がしないでもない。何かしらの競争があったのかもしれないが、全てに気づかないフリをするのが平和のためだろう。
 彼女から視線をはずし、何も気づかないフリをしながらもう一度川面を眺める。しばらくして、呼吸の整った川姫から声がかけられた。


「わしでよければご相談に乗ります。何でも話してくだされ、主様」


 生まれたばかりでこの世に疎い俺より、どうやらそれなりに長生きらしい川姫のほうが物を知っている。一人で考えてもどうにもならないだろうし、早速彼女に相談してみることにした。


「大体の居場所どころか、姿も全く分からない相手を探したいときは、どうすればいいと思う?」

「……逸れのことですな?」


 頷く。俺が探したいのは鞍馬の大天狗、クサカから聞いた逸れ妖怪だ。大妖怪と呼ばれる彼でも死に掛けていたのだから、小さな妖怪たちにとって件の妖怪は脅威だろう。
 俺はそれを取り除かなくてはならない気がしているのだが、その方法が分からない。そもそもどこにいるか全く分からないし、手の出しようがない。しかし言いようのない、何かに駆り立てられるような気持ちが湧いてきてどうにも落ち着けず、外の空気に当たりながら一人で悩んでいたのだが。


「ふむ、ならば狸に尋ねるのがよいでしょうな」

「狸?」


 直ぐに案が出てきたことにも驚いたが、その内容もよく分からなくて首を傾げた。おそらく動物ではなく妖怪の狸。俺にあるイメージは店先にある信楽焼のあの狸で、化けるのが得意というくらいのものだ。
 俺が分かっていないことに気づいた川姫が空かさず説明をしてくれる。


「狸は情報屋でしてな。この世の八割の狸は一つの情報屋に属しているのです」

「へぇ……なら、向こうで手を振ってる奴に話を聞けばいいのか?」

「…………なんと」


 川の向こう岸に、狸の耳と尾を生やした小柄な人間のような妖怪がニコニコと笑いながら手を振っているのが見える。今まさに話をしていた狸の妖怪だ。出てくる時を見計らっていたのではないかというぐらい絶妙のタイミングである。
 そして橋を渡りこちら側へとやってきた妖怪からは耳と尻尾が綺麗に消えて、人間と変わらない姿へと変わっていた。


「拙者、情報屋を営む豆狸でござる。そろそろ主殿に我らの力が必要であろうと思い、出てくる機を見ていたのでござるが、丁度よかったでござろう?」


 焦げ茶の髪と目が狸の毛色を思わせる、背の低い少年。その姿とは非常に不釣合いな話し方で、非常にわざとらしくとってつけたような「ござる口調」だ。というか、本当にタイミング見計らって出てきたのかこの豆狸。
 口調のせいなのか、それとも彼が浮かべるあどけない笑顔のせいなのか。どうも気が抜けてしまって目の前の妖怪が“情報屋”なんて頭を使う仕事をしていることが信じられない気分だ。


「……主様、このふざけた妖怪が情報屋を取りまとめている者です。こうして相手の油断を誘っていますが、中身は食えぬ狸爺ですので、どうかお気をつけくだされ」

「川姫殿は手厳しいでござる」


 豆狸はカラカラと可笑しそうに笑った。川姫の言うとおり狸爺なのだと思って接しないと飲み込まれてしまうのだろう。気を引き締め直して狸と向かい合った途端に彼は笑顔を消し、表情の抜け落ちた顔でこう言った。


「我ら狸は主殿の傘下に加わりたい。ひとまず此度の探しものは即座に見つけてみせます故、考えていただけぬであろうか」


 ござるはどこに行ったんだ、とか。笑顔との落差がありすぎて怖い、とか。思うことはあったけれど、豆狸が真剣であることは伝わってきた。


「……分かった。頼んだぞ、豆狸」

「うむ、お任せあれ。拙者達の力をお見せするでござる」


 ほっとしたような顔で笑う豆狸の顔は幼い顔立ちも相まって可愛らしく、つい手を伸ばして頭を撫でてしまった。途端にちょっとした殺気のようなものを隣から感じて、ちらりと視線を向ける。


「狸爺が猫を被りよって……」


 そう言えば狸爺だったなと改めて豆狸に目を向けると、少年の顔には若者をからかって楽しむ年寄りのような、少しばかり意地の悪い笑みが浮かんでいた。
 ……なるほど、狸爺で間違いないな。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 87 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全391部分)
  • 81 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:16
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全93部分)
  • 91 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 18:23
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部分)
  • 76 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 23:53
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 71 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全175部分)
  • 70 user
  • 最終掲載日:2017/11/08 07:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 83 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 89 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 94 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 22:18
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全124部分)
  • 63 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 22:53
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 99 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
蒼黒の竜騎士

転生したら、人と竜が共存するファンタジーな異世界でした。 目指せ!前世では出来なかったおしとやかで可愛い乙女ライフ!……って、何か全然違う方向に向かってない? //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全52部分)
  • 65 user
  • 最終掲載日:2016/04/08 00:00
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全16部分)
  • 82 user
  • 最終掲載日:2017/10/27 23:00
王族とは関わりたくない!

婚約者である第一王子に支離滅裂な罪状で国外追放を命じられ、婚約を解消された公爵令嬢のエレイン・オスローゼ。 この世の理である精霊と意思の疎通を交わすことが//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 65 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 21:10
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全111部分)
  • 78 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 69 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 62 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
異世界でもふもふなでなでするためにがんばってます。

色々あって、神様から能力もらって異世界に転生しました!ハイスペックな家族に見守られつつ、平々凡々な私は異世界ライフを満喫してる。神様からもらった能力使って、ファ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全79部分)
  • 69 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 00:30
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全52部分)
  • 90 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 22:19
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 67 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全243部分)
  • 74 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 00:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 63 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全90部分)
  • 77 user
  • 最終掲載日:2017/10/24 12:00
婚約破棄された悪役令嬢は魔王に求婚されています

何もしてないはずなのに冤罪を掛けられ婚約破棄されたアイリーン=テンペジア。 魔物のあふれる森へ、魔力を封じられ武器も持たず放置され、死を覚悟していたのだけれど―//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全30部分)
  • 95 user
  • 最終掲載日:2017/01/22 19:25
お喋りバードは自由に生きたい

「鳥はいいなぁ、自由で」 たしかにそう言った。けれど、そうじゃない。彼女は決して本物の鳥になりたい訳ではなかった! 気が付けば『カナリーバード』という、美//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全102部分)
  • 94 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 19:09
傭兵団の料理番

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全50部分)
  • 74 user
  • 最終掲載日:2017/11/04 00:00
令嬢はまったりをご所望。

【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全56部分)
  • 71 user
  • 最終掲載日:2017/10/27 12:00
ドラゴンさんは友達が欲しい

アース・スターノベルにて書籍化されたドラゴンさん。「!」マークをつけてⅣ巻まで発売中! ぼっち女子大生の”わたし”はぼっちを克服すべく新歓コンパに行く途中、 バ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全151部分)
  • 63 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 20:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 87 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全343部分)
  • 68 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 07:00
悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラローズ。 「ここって、私がプレイしていた乙女ゲームだ!」そう思い出したのは、物語エンディングの前日だった―//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全72部分)
  • 74 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 19:00
↑ページトップへ