挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
没落坊ちゃんは『ギルド職安』で無事に勇者になれるのか 作者:佐藤にいる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/17

プロローグ

 その昔、魔王軍によって生活を脅かされていた人々は、お互いに得意な技術を集め、ギルドを作り出した。

 剣の扱いに長けた者は【剣士】
 魔法の扱いに長けた者は【魔法使い】
 商売に長けた者は【商人】

 それぞれに職業ジョブを設け、ピアス・イヤリングにて識別登録し、魔王軍に立ち向かう勇士冒険者を相互補助していた。

 民間で運営されていたギルドも、魔王軍に対して一定の成果をもたらし、いつしかギルドは国家主導の国営ギルドへと変貌していった。
冒険者達を引き合わせるだけだったギルドも、国が介入することで資金繰りにも余裕ができた。元々、上昇志向の強い冒険者達は

「他の職業ジョブに転職したい」
「この職業ジョブも資格として登録してほしい」
「この職業ジョブについて、もっと深く学びたい」

 という意見が多く、国営となったギルドはそれぞれの職業ジョブへ転職しやすいように訓練所を作った。

ギルドと紐付けされているその訓練所は、冒険者達からは

ー『ギルド職業安定訓練所(通称・職安)』ー

と言われるようになっていった。



 この物語は、勇者の職業ジョブ憧れ、数々の自称勇者の自伝を出版する者の本を買い読み漁り、しかし、その一歩を踏み出せずにいる青年から始まる。彼は、父親の財力に甘え、特に識別装飾品を持たない…所謂、無職ニートである。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ