挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~ 作者:猫子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

76/397

76.村

「はぁ……はぁ……」

 ミリアは肩を押さえ、呼吸を荒くする。
 手の隙間から見える生傷が痛々しい。

 ステータスを確かめると、状態が〖流血〗になっている上、HPにもそこまで残りがない。
 しかし、ミリアには回復魔法〖レスト〗を使うMPが、まだ一回分残っている。

「……白魔法、〖レスト〗」

 彼女がそう口にすると温かな光が宙に舞い、俺の首を包む。
 無理に低空で〖くるみ割り〗を使ったせいで鈍痛が響いていたのが、すっと和らいでいく。

「ガ、ガァッ!?」

 ミリアの方が明らかに状態はよくない。

「首……さっきから、痛そうだったから……」

 ミリアは痛みに耐えながら、それでも笑顔を作る。

「村に……行きましょう。私は、大丈夫です」


 ミリアの傷は決して浅くはない。
 今も押さえている手の指の隙間から、血が溢れてきている。

 止血に使える葉なら、森にいくらでもあるはずだ。
 探せば、すぐに見つかる。
 だが、今はその時間すら危ういのも事実だ。
 後ろに目をやれば、リトルロックドラゴンが見える。

「グゥガァァアァォオオオオオオッ!」

 ステータスを確認して、恐ろしいことに気が付いた。

 ステータス異常は〖憤怒〗、これはわかる。
 想定内だ。
 Lvが、大きく上がっている。

 前回と同固体かどうかはわからないが、少なくともあの時に見たリトルロックドラゴンよりも更に強い。
 いざとなったら戦略でステ差をひっくり返し、闘って勝てるかも……なんて考えていたが、そんな差じゃねぇ。
 完全に蹂躙されるだけだ。

「イルシアさん!」

 ミリアに名前を呼ばれ、我に返る。
 俺は背を屈める。ミリアを背に乗せ、村へと走りだした。



 村の入り口辺りには、五人の村人が倒れていた。
 手にした弓が折れているのが二人、農具らしきものを握り締めているのが二人、槍を地に突き立て、なんとか立ち上がろうとしているのが一人。 

 五人の内、一人は息絶えていた。
 農具を持っている子供だ。
 五人の中で一番若い。
 ステータスで〖HP:0/12〗を確認し、後悔した。思わず、目を背ける。

「クソ、今までは、こんなこと……」

 弱々しい足取りで立ちあがった村人に向かうは、舌舐めずりをする三つ目の蒼き狼、マハーウルフ。
 ドーズが乗っていたマハーウルフに違いない。
 恐らくドーズはここで引き留められ、マハーウルフを足止めに置いて村へと入っていったのだろう。

「ガァァァァッ!」

 マハーウルフの背に〖咆哮〗を浴びせ、マハーウルフの意識を俺に向ける。

 村人も俺に気付く。
 槍持ちの彼が目を見開き、武器を地面に落とす。
 それから槍の後を追うように、彼自身も地の上に崩れ落ちる。

「そ、そんな……そんな、馬鹿な! こんな……なんで、立て続けに、ドラゴンまで……」

 頭を抱えて嗚咽を漏らし、涙を流す。
 上にミリアも乗ってんだけど……完全に俺しか見えてねぇな、あの反応。
 仕方がないとはいえ、スゲー傷つくんだけど……。


 襲いかかってきたマハーウルフを組み伏せ、尻尾でトドメを刺して難なく返り討ちにする。
 Lv:MAXなので経験値が得られません~の報告を受け取り、無事に撃破したことを確認。

「み、皆! 落ち着いて! このドラゴンは、村を助けに来てくれたの!」

 ミリアが俺の背から降り、頭を掻き毟って泣いている槍の人の肩に手を置き、声を掛ける。
 それから一番怪我の酷い、農具を持った子供の傍に駆け寄る。

「アニエス、大丈夫! ねぇ!」

 〖HP:0/12〗の子だ。
 俺はいたたまれなくなって、牙を噛みしめる。

「アニエス! アニエス!」

「ガァッ!」

 俺は短く鳴き、先に行く意思を示す。
 ドーズを止めなくてはいけない。
 ロックドラゴンが村で大暴れしたら、何人死ぬかわかったことじゃねぇ。

「ま、待って! 私が行かないと、イルシアさんだけだと……村が余計にパニックになっちゃうから……」

「ドラゴンには俺が付き添う! ミリアは、こいつらを連れて逃げろ! 村の中央部近くは危険かもしれん!」

「でも……」

「早く行け! 俺は、こういう時のために鍛錬を積んできたんだ!」

 髭の濃い、槍の男がミリアに怒鳴るように叫ぶ。
 それから俺に向かい、目を睨んでくる。
 ドラゴンである俺のことを信用しきれていないのだろう。
 男の様子からは、猜疑が感じられた。

「よ、よろしく頼む。イルシアというのが、お前の名なのか?」

 恐る恐るといったふうに、手を伸ばしてくる。

 俺は自分の腕を持ち上げ、爪を見せ、小さく首を振る。
 残念だが、握手したら男の手がなくなる。

 男はようやくそのことに気付いたようで、気恥ずかし気に腕を引っ込める。
 いくらかは男も緊張が削がれた様子だった。

「ガァッ」

 俺は小さく吠えてから頭を下げ、背を屈める。

「上に、乗ってもいいのか?」

「ガァッ!」

 男を背に、村の中央へと走る。
 男の名は、グレゴリーというようだ。ステータスを確認してわかった。
 足を怪我しており、〖流血〗を抱えているが、HP的には動き回ってもまだ大丈夫そうだ。
 少し髭が濃いが、まだ二十代前半といったところだろう。


「まさか、思いもしなかった。人間の味方をする、闇竜がいるなんて」

 ぽつり、グレゴリーが呟く。
 闇竜……というのは、闇属性持ちのドラゴンということだろうか。

「ガァッ」

 それに答えるよう、俺は短く鳴く。
 グレゴリーが、少し笑ったような気がした。


「ひぃっ! ドラゴンだ!」
「な、なんでグレゴリーが乗ってるんだァ!」

 畑を横切ったとき、農作業をしている村人から悲鳴が上がる。

「イルシア、悪いが少し止まってくれ」

 グレゴリーに言われ、足を止める。

「おい! モンスターかドーズが来るのを見なかったか!」

 グレゴリーは、畑にいる村人に声を掛ける。

「モンスター!? こ、この村は守り神様の加護があるから、知能が薄いモンスターが自発的に入って来るなんて、そんなことはそうそうないはずじゃ……」

「ドーズを見ていないか! アイツが先導して連れ込んでいるのかもしれんのだ!」

「見、見たさ。そうだ、あいつがいたんだよ! ほんのついさっきだ! 声を掛けたんだが、走って行っちまって……。あ、あの櫓の辺りだ! な、なぁ、いったい何が……」

「お前達も離れた方がいい。村の西部の端に非難しろ、あそこなら一番安全なはずだ。イルシア、頼む!」

「ガァッ!」

 今は、説明をしている時間も惜しい。
 ドーズを見失う危険があるし、ドーズが剣を振り回して暴れ出す可能性もある。
 俺は、高く聳える櫓を目印に駆けだした。
アース・スターノベル様より、現在四巻まで書籍化しております!

i203225
ドラたま特設ページはこちらまで!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ