挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~ 作者:猫子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

362/397

362.竜王の過去

【〖ディアボロス:ランクA〗】
【その圧倒的な破壊力は他の追随を許さない。】
【強靭なる爪はただ一振りで十の人間を殺す。】
【口から洩れる炎はただ一息で幾百の人間を焼き殺す。】
【魔王の恩恵を受けたドラゴンの至る進化。】

 ……ステータスからもわかってたことだが、俺が回復特化型なら、こいつは攻撃特化型ってわけか。
 ちょっと気になる称号スキルもチェックさせてもらうか。

【称号スキル〖竜王〗】
【現界において、最も強いドラゴンに送られる称号。】
【寿命、攻撃力のステータス上昇率に補正が掛かる。】
【必要経験値が減少し、一部の基本耐性スキルを取得しやすくする。】
【また、進化するごとに耐性スキルのLvを引き上げる。】
【進化先にも大きく影響する。】

 基本的に、俺の〖竜王の息子〗と同じ……つーか、上位だな。
 俺の方には寿命やら攻撃力補正はなかったし、Lvアップに連動した耐性スキルのレベル上昇も、5を超えると上がらなくなる。
 ただこの称号を手に入れる頃には、既に最終進化が終わってたんじゃなかろうか……。
 なんつーか、宝の持ち腐れ感がすげぇんだけど。

 しかし、魔王、魔王か……。
 ちょろちょろっと、他のモンスターの説明文やらで出てきてたことはあったが……まさか、こうして元配下さんとやらが出てくるとは思わなかった。
 つーことは、魔王がいるのか。

 後を追いかけて来たアロが俺の横に並び、巨竜……ディアボロスへと恐る恐る目を向けた後、心配げに俺を見上げる。
 因みにナイトメアは俺の後方に、トレントさんはずっと後ろの上層へ上がるための階段の下でスタンバイしている。

 大丈夫だ。ディアボロスに敵意はねぇ……はずだ。

 ディアボロスが、アロを睨む。
 一瞬、ぞっとするような冷たい圧迫感を覚えた。
 咄嗟に俺は警戒心を強めたが、それは杞憂だったらしく、殺気はすぐに消え失せた。

『なんだ、ニンゲンではなくアンデッドか』

 アロは今のディアボロスのプレッシャ-に怯えたが、さっと俺の後ろ足に抱き着いた。
 身体が僅かに震えている。
 俺でもディアボロスの威圧感は怖い。
 アロ達からすれば、俺の何倍も怖いはずだ。

『貴様ら、この島へ何をしに来た? その驚き様……この我がいたことは、知らなかったようだな』

 親父なのかどうか、確かめたいところだが……なんつーか、本当に訊いちまっていいんだろうか?
 気まずいっつうか、俺も実感ねぇっつうか……。
 いや、すっげー親近感は湧いて来るんだけど、今更パパーっていうのも違うだろ。
 俺、ウロボロスよ? 一年も生きてないけど、立派な成竜よ?
 でもなんかこのドラゴン、この島に居座ってるんなら、森に卵がほっぽりだされてたのもおかしいし……でもでも、このスキル……。

『……この我が問うているのだぞ。何を戸惑っておる』

 ディアボロスが不快気に、尾を地面へ叩きつける。
 床があっさりと砕け、辺り一帯が揺れる。

「……グァ」
『……ナーニモジモジシテンダ、オ前。気持チ悪ィゾ』

 相方からも突っ込みが入った。
 目を細めて俺を見ている。

 だ、だって、父親だぞ!?
 俺、さんっざんウロウロして……こんな、今更父親が出て来たって、どうしたらいいのかわかんねぇよ。
 つーか俺の父親ってことは、お前の父親でもあるんだからな? すっげぇどうでもよさそうな態度取ってるけどよ。

 俺が相方と言い合っている間にも、ディアボロスはどんどんと不機嫌になっていく。
 無視されているのが気に喰わないのだろう。
 俺は慌てて、相方からディアボロスへと顔を向け直す。

 い、いや俺、強すぎて居場所なかったっていうか……。
 あの、ディアボロスさんはどうしてこちらへ?

『ほう、我の種族名を知っておるのか』

 あれ……知ってたら、まずいの?
 ああ、そりゃそうか。
 〖神の声〗も〖ステータス閲覧〗も、そうそう誰もが持ってるもんでもねぇもんな。
 ディアボロスなんてレア中のレアドラゴンだろ。
 Aランクモンスター自体少ないのだ。いったいディアボロスが、今までにこの世界で何体産まれたことがあることやら。

 俺は顔を下に向けて、ポリポリと首の裏を掻いて誤魔化した。
 この辺りのスキルにどういった意味があるのか、俺にはさっぱりわからねぇ。
 下手に口にしない方がいいだろう。

 ディアボロスは俺へ疑心の込められた目を向けていたが、『まぁよい。我が、なぜここにいるかだったな…』と、話を仕切り直す。
 どうやらすんなりと教えてくれるらしい。
 疑問点をほっぽり出して自分の話を始めたあたり、実は話したくてウズウズしてたんじゃなかろうか。
 耐性に〖孤独耐性:LvMax〗とかあったし、話し相手に飢えていたのかもしれない。

『我がここにいるのは、世界の意志より、お告げを聞いたからだ』

 せ、世界の意志……?
 ……神の声の、似非神のことか?
 確かスキルの中に〖神の声〗があったはずだ。レベルは1ぽっちだったが。

『我は元々……魔王様に仕えておった魔物の一体であった。魔王様が勇者に敗れて以来、多くの魔物が後を追って死んだ。我武者羅に人里を襲って返り討ちとなった者……世界の果てへと飛んで行って二度と返ってこなかったもの……様々だ。我もそうするつもりだった』

 え、えらく重い話をぶっこんできやがった。
 つーか、勇者って、あのキンパツ野郎か?
 この竜王さん、勇者が三人で襲い掛かってきても余裕で返り討ちにできるだろ。

『貴様が何を連想しているのかは知らんが、五百年程前の話であるぞ』

 全然関係なかった。
 ご、五百年も生きてんの?

『しかし我が死を決意したとき、天命が下ったのだ。頭に声が聞こえて来た。いずれこの世界に、再び魔王が現れる。竜王であるお前は、そのときまで生きながらえることができる。そのとき、次代の魔王へと忠誠を尽し、人の時代に終止符を打つのだ、とな。我はすぐわかった。この声こそ、魔王様が時折口にしていた世界の意志とやらであると』

 ……おん?
 あの、なんだか、話が不穏な方へ転がっているような……。

『そして、そのときまで身を隠し、ただただ待ち続けよ……と。これまで長かった。この島に身を隠し、時折外を歩いては、ただ日が昇り、落ちるのを見守った。何度も声の主を疑った。だが、我にはわかる。今、そのときが確かに近づいてきているのをな。以前……我は、進化したばかりで、魔王様と肩を並べて戦うことはできなかった。だが、今は違う。もう勇者なぞに、遅れを取りはせぬ。我が露払いし、新たなる我が主君を導くときがきたのだ。前魔王様が望んだ世界を作り出し、その魂への手向けとするのだ』

 ディアボロスが恍惚とした表情で、目の先を天井へと向ける。
 その目はきっと天井の遥か先、空を見据えているのだろう。

 だ、ダメだこれ……。
 俺の親父、完全にダメな奴だ。

『貴様、アダム共を退けるとは、見込みのあるドラゴンよ。我と共に来い。我の部下にしてやろう。いずれ来たる、次の魔王様へ我と共に従うのだ』

 俺が呆然としていると、顔を降ろして目線を俺に合わせたディアボロスが、不満げに俺を見る。

『なんだ? 我の下に着くのが、嫌だと申すか?』

 そ、そっちじゃねぇんだけど……もっとその、根本的な方といいますか……。
 ど、どうするこれ、どうしようこれ。
 魔王が復活する? 世界の意志?

 しかし、どうやら答えを先延ばしにはしておけなさそうだ。
 ディアボロスとしては、ドラゴンなら魔王に付くのが当然、という考え方らしい。
 俺が人間側に付くようなことを言えば、敵とみなして攻撃してくるかもしれねぇ。

 ここは一つ、穏便に済ませるために……!

 俺はすっと顎を地面に着け、姿勢を低くした。

 ははっ、ありがたき幸せ。
 もしもその時が来たのなら、このウロボロス、全力を挙げてディアボロスさんにお供させていただきます!

『オイ相方、ソレデイイノカ……』

 相方が、思うところのあるような目で俺を見る。

 だ、大丈夫だって。
 そんときなんて、早々滅多に来ねぇよ。
 この場だけ適当に誤魔化して話合わせときゃいいじゃねぇか。

『……ソイツ多分、ニンゲン山ホド殺シテンゾ』

 ……そ、そうかもしれねぇど……でも、俺の父親かもしれねぇんだぞ?
 目前であれこれやってるの見たわけでもねぇし、俺に敵意は向けてねぇみたいだし……俺も、どう対応したらいいのか、全然わかんねぇよ……。

『フン、ディアボロス、ディアボロスと……貴様は、礼儀も知らんのだな』

 ディアボロスが、わざとらしく呆れた風に首を振るい、深く溜め息を吐いた。
 れ、礼儀……? ドラゴン間の礼儀……?

『我には、魔王様よりいただいた、エルディアという大切な名がある。特別に、その名で呼ぶことを貴様に許可してやろう。ディアボロスなぞ、我の形態を示す言葉でしかない』

 得意げに言い、ちらっと横目で俺の様子を窺う。
 ……変に勿体ぶって、要するに名前で呼んでくれってことか。

 なんだこのオッサン、ツンデレかよ……と、普段なら気を緩めるところだが、ディアボロス……改めエルディアの不穏な発言のせいで、どうにも落ち着かねぇ。
 割かし歓迎してくれてそうなのはありがたいが……あんまし、この島には長居しない方がいいかもしれねぇな。
アース・スターノベル様より、現在四巻まで書籍化しております!

i203225
ドラたま特設ページはこちらまで!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ