挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~ 作者:猫子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

258/396

258.部分竜化

 マンティコアを睨みながら、相方が腕に力を入れる。

「ようやく暴れていいんだな?」

 ちょ、ちょい待って!
 臨戦態勢入る前に、ステータスを再チェックさせてくれ!
 不安要素を潰したい!

 それにできることなら、マンティコアが一番隙を見せた瞬間を狙いてぇ。
 あれが隙を見せるか、怪しまれるかまで現状維持で頼む。

「……慎重なこって」

 あ、あと、足から潰すんだからな!
 万が一取り逃がしても追いかけられるように!
 人化解いてから、お前もなるべくそれを意識しておいてくれよ!

「……チッ。あー、わーったよ」

 焦れったい気持ちもわかるが、あいつには二度も逃げられている。
 次はねえ、今度こそぶっ飛ばしてやる。

 ステータスは……。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
種族:マンティコア
状態:通常
Lv :73/80
HP :453/453
MP :128/142
攻撃力:413
防御力:228
魔法力:194
素早さ:534
ランク:B

特性スキル:
〖猫又:Lv--〗〖隠密:Lv4〗〖気配感知:Lv6〗
〖グリシャ言語:Lv1〗


耐性スキル:
〖物理耐性:Lv4〗〖魔法耐性:Lv5〗〖火属性耐性:Lv3〗
〖毒耐性:Lv2〗〖麻痺耐性:Lv4〗

通常スキル:
〖痺れ麻痺爪:Lv7〗〖麻痺噛み:Lv8〗〖人化の術:Lv9〗
〖砂嵐:Lv6〗〖針千本:Lv9〗〖不意打ち:Lv7〗

称号スキル:
〖狡猾:Lv6〗〖執念:Lv6〗〖チェイサー:Lv9〗
〖猫科の意地:Lv3〗〖疾風の走り屋:Lv7〗〖最終進化者:Lv--〗
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 うし、特に変わってねぇな。

 特性スキルもスッキリさせておきてぇな。
 〖人化の術〗関連の何かがあるはずだ。
 あんまし神の声にゃ頼りたくねぇが、仕方がない。

【特性スキル〖猫又〗】
【人を化かすことが得意になる、猫系統の魔物が主に持つ特性スキル。】
【〖人化の術〗の消費MPを大幅に引き下げることができる。】

 やっぱし、あれか。
 〖人化の術〗の消費MPを引き下げる……か。
 俺に例のスライムみてぇなスキル回収スキルがあれば、即決で奪ってんのに。
 これ以上あいつの騙し打ちはくらってやらねぇよう、気を張らねぇとな。

「ゲバゲバゲバ……ゲバッ?」

 マンティコアは毅然とつっ立っている勇気溢れすぎる生贄に不信感を覚えたのか、相方を睨む。
 確かに、もうちょいビビってなきゃ不審かもしれんな。

 マンティコアには、ヤルグでさえあんだけ怯えてんだ。
 連れてこられたばっかしの生贄が、こんな余裕かましてるわけがない。
 相方よ、もうちょいビビった演技を……。

「……が、がぁぁぁっ」

 相方は縄に縛られた腕をがちゃがちゃさせながらわざとらしい悲鳴を上げ、マンティコアから逃げるように走った。
 あまり距離を取りすぎないよう、ゆっくりと。
 くっそ棒読みな上に結局ドラゴンじゃねぇか!

「ああっ! だから縄を切ろうとしたのに!」

 タタルクが叫ぶ。
 タタルクが演技に乗ってくれたのかと思ったが、表情を見るにそういうわけではなさそうだ。
 マジの顔だった。

 マンティコアが動き、相方を前足で押さえつけようとする。

「ゲバゲバゲバゲバァッ!」

 相方は足を止めて振り返り、縄を引き千切る。

「ケバァッ!」

 マンティコアの前足が相方の身体を押さえつける。
 相方が仰向けに倒された。

「がぁっ!」

 マンティコアの大きな口が裂け、不気味な笑みを模る。

 ああっ!
 捕まっちまったか。
 これじゃあ足を狙うことはできねぇ。
 もう、ここで解くべきか……?
 いや、まだだ。まだ解くべきタイミングじゃあねぇ。

 捕食の瞬間、それが生物が最も無防備になる時間である。
 そこを刺す。

 相方がもがくと、マンティコアがわずかに顔を顰めた。
 だが、マンティコアを振りほどくことはできない。
 〖人化の術〗中は、身体能力のステータスが半減する。
 今の力では足りない。

「ゲバゲバゲバァッ!」

 マンティコアの口が相方に近づいてくる。
 ある程度口が近づくと、角度的にマンティコアの死角に入った。
 ここだ。

「がぁぁぁぁぁっ!」

 相方が吠えながら、マンティコアの牙へと腕を振るう。
 俺は腕に意識を集中する。
 血液が沸騰したかのような熱が走り、腕が膨張した。

 相方の拳の衝撃により、土煙が上がる。
 爪がマンティコアの身体に喰い込んだ感触が手に伝わってくる。
 恐らく、マンティコアの歯茎だろう。

 相方はそのまま爪に引っかかった肉を抉り、引き裂いた。
 神経ごと切断されたマンティコアの牙が、土煙の中を舞った。

「ゲバアァッ!」

 煙の奥から悲鳴が上がり、マンティコアの気配が退くのを感じ取った。
 土煙が薄れ、相方の腕だけ膨張して黒くてごつごつとした肌質のものに変わっていることが気がついた。

 腕だけドラゴンのものに戻っている。
 マンティコアも以前、似たようなことをやっていたので試してみたが、やっぱり俺でもできるみてぇだな。

 そのまま相方は地面蹴り、退いたマンティコアの前足へと追撃する。

「がぁぁぁっ!」

「ゲバァァッ!」

 爪が、マンティコアの前足の肉を深く抉った。
 マンティコアの厚い毛皮が裂け、肉飛沫が舞う。

 そのままマンティコアの顎へと拳を叩きつけた。
 マンティコアの巨体が洞穴の床を削りながら飛んでいく。

「……ちっと粘りすぎだろ」

 相方が恨めしそうに洩らした。
 ……わ、悪い。

「なっ、なんだ! お前はいったい、なんなんだ!」

 ヤルグはタタルクの投げたカンテラを拾って相方を照らしながら叫んだ。
 そのすぐ近くでは、タタルクがぽかんと口を開けていた。

「オォオオオォオォォォオオオ……」

 洞穴の奥で、マンティコアの瞳が光る。
 前足で顎を押さえ、憤怒の表情で相方を睨む。

 俺は今度こそ、〖人化の術〗を解除した。
 身体中に熱が走り、肥大化していく。

 身体が元に戻るにつれ、マンティコアから怒りの気が消え、みるみるうちに青褪めて行く。
 お前も同じスキルを持ってる割りには、気付くのが遅すぎるぜ。 

「グゥォォォォォォオッ!」
「ガァァァァァァァアッ!」

 俺は相方と同時に咆哮を上げた。
アース・スターノベル様より、現在四巻まで書籍化しております!

i203225
ドラたま特設ページはこちらまで!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ