挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~ 作者:猫子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

256/397

256.出発

 タタルクが上に戻ってから、また人化の術を解いて竜の姿へと戻った。
 MPを温存しておかねぇといけない。
 マンティコア程度に遅れを取る気はねぇが、念には念を入れて、だ。

 地に這い這いの姿勢になり、目を閉じて身体を休める。

「……本当に、おねーさんなの?」
「どうして……今更……今まで、どこに……」

 さっきのやり取りで恐怖がいくらか和らいだのか、ぽつりぽつりと声を掛けてくれる子が現れ始めた。
 ただ悪いが、竜神がなんでどっかに行って、今までどこで何してたなんて、悪いが俺にはわからねぇ。

 俺は目を開け、相方へと視線を向ける。
 相方も丁度、俺の方へと目をやったところだった。
 顔を見合わせ、お互い小さく首を振った。

 悪いが、子供達に返してやれる言葉はねぇ。
 俺は旧竜神とは別のドラゴンだし、かといって竜神の立場を捨てるわけにもいかねぇ。
 今が居心地がいいからといって、ずっと騙したままにするわけにいかねぇのはわかっている。だが、せめて明かすのは問題ごとがある程度が片付いてからにしたい。
 今のまま俺が去ることになったら、また何人死ぬかわかったもんじゃねぇ。

「竜神……さま」

 年長者の子が声を掛けてくる。

「……正直、わからないことだらけです。こんなことを言うのも、自分勝手なのかもしれませんが……でも、その……頑張ってください!」

 この子、本当に大人びてんな。
 俺がそう感心している間に、相方が首を頷かせた。

「グゥオッ」

「……そちらが、おねーさんなんですね」

 よ、よくわかったな。
 鋭い子だ。

「グゥゥ……」

 相方が満更でもなさそうに喉を鳴らす。

 洞穴に洩れていた夕焼けの赤の光が、時間経過に従って弱々しくなっていく。
 じきに、洞穴内を暗闇が包んでいく。月明かりが僅かに残るのみとなった。

 毎晩毎晩、こんな洞穴に放置じゃ、子供達もさぞ心細いだろうに。
 そんなことを考えていると、ヤルグの声が聞こえてきた。

「おい、時間だ。岩を退かすぞ」

「……あ、ああ」

 タタルクがヤルグに答え、入り口の蓋が動かされた。

 どうやら生贄の時間は近そうだ。

 ついに、この時が来た。

 俺は再び〖人化の術〗を使い、自分の首を引っ込めて相方に主導権を移す。
 この変化も随分とスムーズに行えるようになってきた。

 人化が完了した後、相方はほとんどボロ切れとなった服を掴み、嫌そうに身に纏った。
 人化が終わってから気が付いた。

 縛ってた縄、無理矢理解いたままじゃねぇか!
 拘束されてなかったら、ヤルグ逃げるんじゃねぇのか。
 あいつ、手の指持ってかれたの絶対トラウマになってんだろ。
 う、腕だけでも縛っとかねぇと。

「な、縄……おい、オレの腕、後ろで括ってくれ」

「え? は、はい……」

 女の子達は不思議そうにしながらも相方の許へ集まった。
 相方は彼女達に背を向け、腕を回す。なんとか必死に腕を縛ってくれた。
 ……かなり拘束が弱くなってるが、ま、まぁ、どうにかなんだろ。

 頭の上からは、ヤルグとタタルクの会話が聞こえてきた。

「タタルク、顔色が随分と悪そうだな。やはりお前には向いていないと見える」

「その、会議のことは……どう……この集落は……」

「まだ元他所者のお前に知らせる段階ではない」

「し、しかし……」

 タタルクの口答えの後、ゴンっと鈍い音が鳴った。

「あ、あがっ……!」

 タタルクがしゃがみ込んだような音が聞こえてくる。
 恐らく、ヤルグがタタルクの顎を、槍の反対側で突いたのだろう。

「こっちが危ないと思ったら、向こうの集落にまた頭でも下げて擦り寄るつもりか? 自分の命がそんなに大切か。お前は、本当に誇りというものがないのだなタタルク。そうでもなければ、今更になって集落を移ろうなどとは思わんか」

「ち、ちが……私は……」

 ヤルグの言葉を聞き、相方の眉がぴくりと動いたのを感じた。
 タタルクのオッサンは、自分を犠牲にしてでも人質を安全なところへ逃がし、集落を和解させたいと話していた。
 そのタタルクが、誇りのない臆病もんだと詰られているのは、確かに聞いていて気持ちのいいものじゃあねぇ。

「門番は今日までだな。ナグロム様の指示もあるので殺すとは言わんが、やはりお前は信用できん。また裏切らんとも限らぬ。こんな者を、集落外の見張りに立ててはおけぬ」

「…………」

「俺が降りて、今日の生き餌を引き上げてくる。お前はそこで待っていろ」

 ヤルグが冷たく言った後、洞穴へと縄が垂れてきた。
 相方はそれを見るなり、出入り口の穴へと駆け出した。
 ちょ、ちょっと待って! 何考えてんの!?

 相方は壁を蹴って跳び上がり、更にその途中で壁を蹴って飛距離を上げ、縄を使わずに穴を抜け出した。

「な、な!」

 穴を覗き込んでいたヤルグが、相方に驚いて大きく仰け反る。
 くるりとその場で宙返りし、ヤルグの顔面を膝で捉えた。

「ぶっ!」

 ヤルグがよろめき、その場に膝をつく。
 鼻を押さえながら、信じられないものを見る目で相方を睨んだ。

 お、おい、相方よ……。

「ああ? 力は抜いてんだから文句ねーだろ、こっちは毒盛られた身なんだから」

 今下手に動いたら、こっちの計画が飛んじまうから!
 気持ちはわかるけど、抑えて! あの人、オッサンの言ってたことも知らねーんだから仕方ねぇって!

「な、なぜ、拘束が緩くなっている……?」

「おら、どうした。オレを生き餌にするんじゃなかったのか」

「こ、このっ!」

 ヤルグが立ち上がり、相方の肩を押さえて地にねじ伏せようとする。
 相方が身体に力を入れ、それに抵抗する。

 ストップ! ストーップ! そいつ嫌いなのはわかったから、今はマジで落ち着いて!
 ここで揉めてオジャンになったら、死ぬのはあの子達だからな!

「……ちっ」

 相方が身体から力を抜いた。
 呆気なく地面に叩き付けられる。

「……はぁ、はぁ。さすがに、これ以上暴れる元気はないようだな」

 いや、本当は有り余ってるんだけどな……。

「ど、どうしますかヤルグさん」

「……連れて行く。俺に押さえられる程度の今の力なら、マンティコアを怒らせるほど暴れることはないはずだ。万が一を考えて身体が弱るまで後回しにするつもりだったが……縄を抜けたのと、壁を蹴って出て来たのが不気味だ。むしろ、放っておいたら逃げ出しかねん。先に生き餌にする」

 あ、危ねぇ。相方生贄にすんの、後回しにするつもりだったのかよ。
 相方の暴走が奇跡的にプラスに働いたな。もっとヤルグ蹴っていいぞ。

「いいのか?」

 すまん、冗談だ。真に受けないでくれ。お前ならやりかねんことを忘れていた。
活動報告にドラたま三巻の表紙を載せました!
アース・スターノベル様より、現在四巻まで書籍化しております!

i203225
ドラたま特設ページはこちらまで!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ