挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
残り物には福がある 〜一発大逆転してやるぜ〜 作者:もーがん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/13

第8幕

僕は今赤い子供の狼と相対している
今までこの北の樹海をこれでもかというほど目の前のこいつから逃げた
だがもう食料も水も底が見えているしこのままでは拉致があかないことも直感で感じていた
だから僕は目の前のこの狼を 倒す!

これまで一週間以上逃げ続けてきたせいですでに足がパンパンで睡眠もろくにとれておらずフラッフラなのだが仕方がないのだ食われるよりはマシなのだ
でも逃走劇を繰り返しているうちにかなりの違和感を僕は覚えている
それは何より今だかつて一度も襲われていないということだ
襲うのだとしたら狼のような夜行性の動物は夜に実行できたはずなのだがそれをしようとしないのだ。ずっとマークしていたはずなのにだ
それによく見るとめっちゃ尻尾振りながら遊んでとでも言っているかのような素振りさえある
そんなことを悶々と考えていると

『なんだ?貴様、もう追いかけっこは終わりか?我はまだまだ遊びたいぞ!』

あれ?僕疲れてるかもしんない
今、目の前の狼が喋ったような

『幻覚じゃないんだぞ!我はゆーしゅーな狼だから人間の言葉なんか簡単に扱えるぞ!』

やっぱり喋った!!ていうかなんか僕の心を読まれたような

『当たり前なのだ!今貴様は既に我のごしゅじんなのだ!貴様はもんすたーていまーなのだろう?ほかの魔物との会話ぐらいしたことがないのか?』

僕の枕スライムは寝ている間にテイムが解除されたのか朝にはいなくなっていたしそもそもこの樹海に入ってから地獄のマラソンをしていたせいでこっちにはそんな余裕が無かったわけで…

『そんなことはこの際どうでもいいのだがおい!貴様、我を貴様の冒険に連れて行くのだ!』

「え!?え〜〜!!?」

ちょっとまてちょっとまてなんか話がぶっ飛びすぎて理解出来なくなっている。
え〜っとまず僕がこの樹海でこの赤い子供の狼に遭遇して、ステータスが恐ろしく高くて討伐なんてできるはずもないから逃げたらこの狼はずっと追いかけてきて最終的にいつの間にかこの狼は僕のテイムモンスターで冒険に連れて行けとなぜか命令口調で言ってきたわけか

でも冷静になって考えてみるとそりゃあこんな強い子をテイムできれば高ランクの冒険者も夢ではないであろう。しかしこの子の親が心配するのではないだろうか?
これで連れていって子供を取り返しにきたこの子の親に襲われたら確実に屍になる自信がある
それにモンスターテイマーという職業は僕しかなったことがないのだから街で175センチある僕の身体の下半身ほどまである子供とはいえ狼を連れていたら大騒ぎになってしまうかもしれない

「ありがたいんだけど狼くん?その話は諦めて欲しいんだけれど?」

『我の父も母もすでに死んでしまっているし街の人間にも神狼しんろうの子供といえば問題ないのだ』

僕も母親を幼い頃に無くしている身であるからこの狼が本当は強がっていることはすぐに理解できていた
ここで会えたのもきっと何かの縁かもしれないしそれなら

「僕の名前はエデルだ 君は?」

僕が問いかけると目を輝かせて

『我はフルという名だ!これからよろしく頼むぞ!!』

といって僕のほっぺを舐めてきた



ヤバいかわいい

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ