挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

魔法使いシリーズ

鏡の中の魔法使い

作者:星野 葵
神、セクエを作り出し、セクエに合成されることによって命を落とした魔法使い、メトの魂は、自身の名前以外のすべての記憶を失い、シェムトネの村をさまよっていた。彼は、自分のすべきことを探して同じくあてもなく村をさまようナダレとの出会いを経て、何を思い、どんな行動に出るのか。
一方、セクエは自らの魔力の大きさに怯え、外へ出ることを拒むようになっていた。バリューガとティレアに誘われ、ようやく外へ出たセクエだったが、そこでセクエは忘れられない人の姿を見る。それは、長い間鏡の向こうで一人寂しく暮らしていた一匹の獣との出会いの始まりだった。

魔法使いシリーズ、三作目です。初めての方は、同シリーズ一作目、『氷の魔法使い』から読むことをお勧めします。
プロローグ
2016/10/05 17:58
思い出せない人
2016/10/05 17:59
森で出会ったモノ
2016/10/14 07:32
鏡の中の獣
2016/10/29 07:09
外へ
2016/11/07 15:57
昔のように
2016/11/16 17:30
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ