挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
宇宙警察SPACE軍 作者:甘納豆
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/8

5.

そこまで長くもない廊下を歩いて突き当りの扉に携帯端末を押し当てる。
プシュと空気の音がしてドアがあいた。
「こんにちは。ウェッターです。」
「隊長!どうされました?」
コントロールセンターには一人しか隊員がいなかった。
どうやら艦長は休憩時間中のようだ。自動航行を行っていれば無人でも問題ないように思うが、念のため隊員を必ず一人置いている。
「急いで第三部隊の船に着けて欲しいんですができますか?」
「わかりました。」
彼は持っていたコーヒーをグッと飲み干してたくさんのパネルが並んだ機械の前に座った。
正直、全て使いこなせる自信はない。しかし、部下である彼は迷いなく様々なボタンを押してゆく。
「第三部隊船の位置がわかるまでは、大雑把な方向で航行します。向こうの船を発見ししだい、連絡します。」
「よろしく。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ