挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
宇宙警察SPACE軍 作者:甘納豆
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/8

はじめに

かつて人類は地上で戦争をしていた。
ある日気が付く。勝っても負けても、損失が大きいことに。
しかし、戦争はやめられなかった。
そこで目を付けたのが宇宙だった。
どこの国の領土でもない。民間人に危害を与えない。無限に広がる空間。
人類が宇宙進出を本格的に行ったのは他でもない、戦争のためだった。
長年戦争は絶え間なく行われた。戦闘機の無人制御も発達して兵士の犠牲者も減った。
そんな中現状に疑問を抱く人たちが現れた。
「なぜ、自分たちは戦争をしているのだろう。」
「この戦いに勝ったら何が待っているのだろう。」
小さな疑問はやがて大きく膨れ上がった。
その疑問はいつしか形になる。
NON-BORDER-SPACE軍という多国籍の中立な軍隊として。
彼らの活躍のおかげもあってか、宇宙戦争は終結する。
これはNON-BORDER-SPACE軍が戦後SPACE軍として平和な時代を維持するために奮闘する、そんなお話かもしれない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ