挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔ガールズラブ要素〕〔残酷描写〕 が含まれています。

1分で分かる逆ハーレム!!!

作者:喪服.com
読んで後悔はさせません!!!
 「いっふぇなぁ〜い☆ひほふひほふ〜☆」

 私、吉田・プリンセス・よしこ!!どこにでもいるごくごくごくごく(牛乳を飲む音)ぷはぁっ、普通の女子高生!!

 今日から高校生なのに、出だしから2時間寝坊なんて参っちゃうわ!もうっ、よしこったらクソマヌケ☆
 でも朝ごはんは食べなきゃだから、自家製の麻婆豆腐を皿ごと咥えて登校中!!昨日できた口内炎に染みまくるわこれ!

 「ふぁっ、ふぁほこのかろをまらればがっこうだふぁ!(あっ、あそこの角を曲がれば学校だわ!)」

 ボトボト落ちる麻婆豆腐を尻目に、私はひたすら走る!ごめんね豆腐と片栗粉と豆板醬、大地の糧になって!

 そして角を曲がろうとすると……

 ドンッ!

 「きゃっ! 」

 突然飛び出してきた人にぶつかっちゃった!私は勢いよく転び、麻婆豆腐を地面にぶち撒け、バキボキ骨が折れた。尾骶骨持ってかれたわね多分!

 「「「「「すまないお嬢さん、大丈夫かい? 」」」」」

 「大丈夫なわけないでしょ!慰謝りょ、う……」

 私は言葉に詰まる。
 なぜならそこにいたのは、クラスで人気のイケメン男子5人組だったのだから!

 「怪我はないかい?無いね!うん!」

 図画工作コンテスト銀賞の青山くん!金髪碧眼が眩しい!

 「どうしたんだいポカンとして?可愛い顔が台無しだよ!」

 近所で行われたペタンク大会ベスト4の田中くん!金髪碧眼が眩しい!

 「あっ、ひょっとして俺たちに惚れちゃった?ヒュ〜!! 」

 英検3級の村田くん!金髪碧眼が眩しい!

 「チョまじ、パリない?オシャンティーで、チョベリバじゃんべらぼうめ 」

 ツイッターのフォロワー数1534人の宮田くん!履き違えたギャル語がムカつくわ!

 「オレ……ニンゲン……クウ…… 」

 一級建築士で漢検1級、バスケットボール部のエースにしてテニス世界大会優勝者のゴンザレスくん!今日も体中の穴という穴から液が噴き出してるわね!

 「だ、大丈夫よ全然!!むしろ骨が折れて可動部分が増えていい感じ! 」

 こんなイケメンたちに心配されちゃったらあたし、痛い死にそうなんて言えない!!痛みも吹っ飛ぶ……とまではいかないけど2割方軽減!

 「「「「「なんてタフネスな人なんだ!結婚してくれ!!!」」」」」

 「え〜〜〜!!! 」

 きゃぁ〜!急に結婚申し込まれちゃったぁ〜!イカれてんのかしらこいつら!

 「そんな、この中から選ぶなんて……皆魅力的過ぎて迷っちゃうわ! 」

 どうしよう、私にはこのイケメン5人からなんてとても選べないわ!私、罪な女……!

 「ちょっと待ちなさい、そこの貴女!!」

 突然の乱入者!誰よぶっ殺してやるわ!

 「あなた誰よ! 」

 「どうもォォォォォォォォォォ!!!!悪役令嬢でぇぇぇぇぇぇぇぇす!!!!」

 意外!なんと悪役令嬢!!

 「あ、悪役令嬢……!私からこのイケメン達を奪おうって言うのね!」

 「いえ、違いますわ……貴女、目を瞑りなさい」

 「えっ?こう?」

 私は言われるままに目を瞑る。すると……


 ブッチュウウウウウウウ!!!!


 「!!!」

 意外!!まさかの濃厚なベーゼ!!!

 「貴女に一目惚れしましてよ……これから毎朝、私にみそ汁を作りなさい」

 「は、はい……」

 やだ、大胆……私の心はすっかり骨抜きにされてしまった。

 こうして私と悪役令嬢は、二人仲良く百合の咲く庭園で、一生一緒に過ごしたのでした……!


TRUE END
本当にごめんなさい

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ