挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。 作者:森田季節

獣人ミーシャとのいちゃらぶ同居生活編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

78/205

76話 いい水で健康に

 俺とレナはスライムに備えた。

 しかし――スライムは三匹同時に攻め寄せてきた!

 そんなのありかよ!

 そう思ったが、とにかく一番手近な奴に剣を振り下ろす!

「旦那にぶつかってくるんじゃねえよ!」

 それにあわせてレナもナイフを繰り出す。以前に使っていた毒蛾のナイフだ。ただ、スライムみたいな単純な構造の生物にも効くかは謎だけど。多分、効かないんじゃないだろうか。

 それでも俺達二人の攻撃自体はダメージになったらしい。スライムが少し後ろに下がった。

 とはいえ、その時にはほかの二体の衝撃を俺達は受けていた。
 俺達も背後に投げ出される。

 それに続くようにスライムが跳びかかってくるが――

 そうずっと後手にまわるつもりもない。

 俺はすぐに起き上がって、深追いしてきた奴に剣を浴びせる。

「加勢しますぜ、旦那!」

 すぐにレナも攻撃を同じスライムに食らわす。

 スライムが攻勢に出る前にさらに二人で一撃ずつを追加。

 これでスライムはほぼ沈黙した。中央に見えていた核が壊れているのがわかった。

「このまま、さっき攻撃したほうを倒すぞ!」
「わかりやした!」

 二人で突っこんでいって、スライムに斬りかかる。

「ある程度、弱らせられたら狙えるな!」

 俺は剣を斬るのではなく、突くのに変える。
 そして、中央の核を貫いてやった。

 これで二匹目も撃破した。

 残る最後の一匹は――

「前のは片付けたわ!」

 応援に来たミーシャがキックで壁に打ちつけた。

 その攻撃力で内部の核も壊れていた。Lv72のキックなんて喰らえば、そりゃ、沈黙するしかないよな。

 それでピンピンしているモンスターがいたら、むしろ、どうしようもなくなる気がする。

 こうして、無事に四体のスライムは片付けた。

 せっかくだし、魔法石はちゃんと回収しよう。

 けれど、その魔法石らしきものはこれまでのものとちょっと違っていた。

「こんなに鮮やかなの、見たことないな」

 モンスターの種類ごとに魔法石の輝きや色も違うのだけど、虹みたいになかば発光しているようにすら感じる。

「モンスターの質が上がってるからでしょうかね。あるいは特異体質の奴なのかな。私も盗賊やってますが、見たことないですね」

「もしかして、すごく高い値がつくかもな」

「お金のことは二の次でいいわ。それより、戦闘も終わったことだし、レナ、この水、調べてくれない?」

 ミーシャはやけに水路の水が気になるらしい。

「猫って、そんなに水に注目する動物だったっけ?」

「本能は関係ないわよ。あのね、さっきのスライムとこの水、何か関係があるかもしれないって思ったの。だって、水路もあのスライムもこの33階層から出てきたでしょ?」

 ミーシャの推測はなるほどと思わせる。

 そういえば、どちらもこのフロアからの登場だ。

「わかりました。じゃあ、毒の判別キットを出しますぜ」

 レナは荷物から小さなビンと、それから短冊状の紙を取り出した。

 水をビンに汲むと、短冊を4枚ほどぶっこんだ。

「なんかリトマス試験紙みたいだ」

「実際、これは試験紙って言うんですぜ。主に森に入った時に水を飲んでもいいか調べるために使うんです。森だと毒水になってることもありますからね」

「それって寄生虫がいるとかとは違う次元の話だよな」

「植物によっては毒素を流すものもいますし、ほかにも水を汚染する奴が上流にいることもありますから。ほかにも毒をまいて魚を獲る漁法なんてのもありますしね」

 とにかく、危険は何種類もあるらしい。

「もちろんあらゆる毒に対応してるわけじゃないですけど、だいたい四種類ぐらい試してみて、どれも反応がないならおそらく大丈夫ってことになります。繰り返しますが、絶対に大丈夫ってことにはなりませんけどね」

 そこは安全と断定しない分、かえって信頼できる。

 三分ほどの確認作業の間、モンスターが攻めてくることはなかった。

「うん、わかりやすい毒の反応はないみたいだな。流れもそれなりに速いし、多分水がいたんでることもないと思いますが」

「そう、ありがと、レナ。じゃあ、私が飲んでみるわ」

 あっさりとミーシャが言った。

「おい、いいのか……?」

「仮に肉体的にダメージになるものでも、私がすぐに死ぬってことはまずありえないでしょ。いざとなれば、回復魔法もあるし、毒治癒や麻痺治癒の魔法も私は持ってる。まして、代わりに飲んでみてとは言えないわ」

 そこは責任をもって飲むつもりらしい。

「常識的に考えて、こんなに堂々と毒を流す可能性は低いわ。そこまで気にすることはないはず」

 そう言って、手で水をすくうと、ミーシャはゆっくりと飲んだ。

「うっ、これは……」

 不穏なことをミーシャが口走る。

「おい、体がしびれたりでもしたのか!?」

「ものすごく、おいしいわ!」

 ミーシャが顔を上げた。見事な笑顔だった。

「そ、そうか……。それはよかったな……」

 おいしいことと毒がないことはイコールじゃないかもしれないけど、なんか大丈夫そうだな。

「よし、もうちょっと飲んでみようかしら」

 手ですくっては、ごくごくとミーシャは水を飲んだ。

 たしかにやけに美味そうに飲むよな。俺も一抹の不安はあるものの、飲みたくなってきた。

「なんだか、この水飲んでたら力が湧いてきた気がするわ!」

20161029cheat_shoei.jpg
GAノベルさんより発売中です! ↑をクリックしていただければレーベルページに飛びます!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ