挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。 作者:森田季節

獣人ミーシャとのいちゃらぶ同居生活編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

35/205

33話 武術大会3

レビューを書いてもらえました。ありがとうございます!
 控え室で戻ってきたレナと話をした。
 メイド服が与える違和感にも慣れてきた。
 間違いなく、大会で一番の有名人だろう。

「出るのなら言ってくれよ。応援席にいないから、ちょっとがっかりした。がっかり損だ」
「悪かったぜ、旦那。姉御と一緒に驚かせてやろうって話をしてたんだ。大会中はできるだけ会わないようにしてた」
「そういうことみたいだな」
「ほら、私もたまには冒険者としての腕を見せたいと思ってさ。どっちかというと、血の気が多いタチだしな」

 まあ、わからなくもない。

 とくに冒険者同士の戦いなんてケンカを除けば、こんな機会ぐらいしかないはずだ。
「姉御の話だと、私の実力は実際のレベルよりも高いだろうってことでさ。昔やってた仕事はかなり緊張感のあるものだったから、攻撃をかわし続ければ上にいけるんじゃないかって」
「お前の場合は攻撃の回避ができるからな」

 ミーシャの読みは当たっていると思う。盗賊は一撃一撃をかわすことに全力を注ぐ。防御力も低いから、気をつかうだろう。
 それはモンスターを倒して得られる経験値以上の経験になっているのかもしれない。

「話を旦那に移すけどさ、旦那も本当に強くなってたな」
 身近な人間に褒めてもらえると、ちょっとむずがゆい。
「強くなってるような気はしてたけど、それを確かめるためにも大会はちょうどよかった」
「本当に優勝狙えるかもしれないですぜ」
「まあ、そうなることを期待したい」

 そこに関しては運の要素もあるし。
「それと、これは高望みかもしれないですけど」
 レナが、にっとどこか挑発的な笑みを浮かべた。
「できることなら、決勝で旦那と当たりたいな」
「そしたら、賞金がどっちみち俺の家に来るからありがたいな」

 冗談で返したけど、少なくとも決勝に行くつもりでやらないとは思った。
 レナにも恥ずかしい姿見せられないし、先に負けてがっかりされるのも嫌だ。

 そこで気合いが入りなおしたのがよかったのか、俺は順調に勝ち進んだ。
 深い階層のモンスターと戦っていたのがよかったのか、敵の動きがとてもはっきりと見える。
 あと、敵の動きが読める。

 相手が次にどう動くのか。どこに狙いを定めているのか。
 直感的にそれがわかる。
 これも戦闘を繰り返してきたから、気配みたいなものを昔よりよく察知できてるせいなんだろう。

 敵の攻撃に合わせて、ちゃんと剣で防御ができる。
 その防御が間に合う。
「なっ……!? 防がれた!?」
 なかには驚愕の表情を浮かべる奴もいたが、俺にしてみたら不思議でも何でもない。

 深い階層のモンスターは一撃でも喰らうとかなりデカいダメージになる。
 だから相手の攻撃を止めよう、見極めようと真剣になる。
 はっきり言って、十五階ぐらいの敵との戦いはまだ惰性でやれている。油断しても致命傷になることはあまりない。

 俺は浅いところで戦ってる奴より、質的に強くなってる。

 おかげで戦闘に勝つだけでなくて、ほとんど攻撃を受けずに終わらせることができた。

 二回戦は相手が一方的に攻撃を受けたせいで、負けを認めて試合放棄。

 準々決勝は頭に剣を叩きつけてダウンさせて、KO勝ち。

 準決勝は少し大変だった。
 相手もLv25の実力者だったからだ。

「ケイジと言ったか、昔はもっと甘い戦い方をしていたと思ったがな」
 控え室で相手が話しかけてきた。

 シルヴァーン、なかなか高名な長髪とヒゲが目立つ戦士だ。
 俺も名前ぐらいは知っている。
 準決勝まで来ると、ギルドの有名人が残るな。

「そっちこそ、もっと高いランクの冒険者になればいいんじゃないか」
 Lv25もあればAランク冒険者になるのも容易のはずだ。

「それは御免こうむる。Aランクともなると、国の依頼がいくつも入って国の軍人と変わりがなくなる。俺はあくまでも自由な冒険者でいたいんだ。お前もその気持ちはわかるだろう?」
「まあ、俺はさすがに低すぎるから上げに来たんだけどな」

 たいていの冒険者は自分の名誉のためにも、それなりに強くなればAランク冒険者を目指す。それが一種の冒険者としてのあがりだからだ。

 相撲で言えば、大関とか関脇みたいなものだ。
 横綱とまでなると、いろんなめぐり合わせも必要だ。冒険者でいくと、Sランクに上がれるかどうかというのに近い。功績を残せるような仕事がやってこないことにはSランクと認められようがないからな。

「この俺は純粋に冒険者としての強さを求めて生きてきた。そしたらこのレベルにまでなったということだ。同類のお前に説明するまでもないがな」
「ぶっちゃけ、わかるぜ」

 俺もシルヴァーンも例外の側だ。
「けど、あんたはBランクだろ。これでAランクになっちまうな。だから、あんたはAになってもいいって思ってるってことだ」
 俺に見抜かれたと思ったのか、少しシルヴァーンは顔をしかめた。

「Bランクで経験できることは、あらかたやってしまったし、次のフィールドにいってもそれはそれでいいかと考えるようになってきた」
 シルヴァーンの年齢は30なかばぐらいか。ここから体も衰えてくるかもしれないし、引退までの間にやれるだけのことをやっておこうってことだろう。

 そして、俺たちが試合に呼ばれた。

 絶対に負けたくない。

 なにせ、まだレナがここまで勝ち残ってるんだ。

 どうせなら決勝でやるぞ。

20161029cheat_shoei.jpg
GAノベルさんより発売中です! ↑をクリックしていただければレーベルページに飛びます!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ