挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。 作者:森田季節

獣人ミーシャとのいちゃらぶ同居生活編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/205

EXTRA2 宿での話

 ※今回は主人公の一人称ではなく三人称でお送りします。

 ――ミーシャが宿で修行中の時のこと。

「ふう、疲れきったわ……」
 ミーシャは卵料理の講習が終わって、宿泊客のいない空き部屋(ここの掃除もミーシャの修行内容の一部だ)で一息ついていた。

「少なくとも卵の殻を入れずに割れることができたんだし、長足の進歩と言えなくもないんじゃないかしら」

 こんこん、こんこん。
 ノックの音がする。
「どうぞ」
 入ってきたのはルナリアだった。
「休憩中、お邪魔します」

「そんなに他人行儀にしなくていいわよ。お世話になってるのはこっちなんだから」
 ミーシャはぱっと笑顔を向ける。
「ちょっと、里帰りしたような気分なのよ」
 久しぶりに宿の面々に出会えて、ミーシャもうれしいのだ。

「私もミーシャさんと話せて楽しいです。猫ちゃんだと思ってたら、こんなに落ち着いた女性になってるし」
「まあ、この見た目は変化魔法のせいだけどね。一度、この見た目になっちゃうと、意識がこの体に引っ張られて違う女の子にはなりづらいの。ウサギとかおじいさんとか全然違うものには問題なく変化できるだろうけど」

「すいません、実はちょっとお聞きしたいことがあって来たんです。特訓中にするような話じゃないので……」
「何なの? 遠慮せずに聞いてよ。何だって答えてあげるわよ」

 変化魔法ってどんな感じなの? とか、何にでも変身できるの? とか、そんなことを聞かれるのだろうとミーシャは思っていた。
 普通の町娘にとったら気にもなることだろう。

 しかし、その予想は大ハズレだった。
 もじもじしたままルナリアがつぶやく。
「あの……ケイジさんとはどんな生活をなさってるんですか……?」

 言うと、かぁ~っとルナリアの顔が赤くなる。
 そのまま、うつむくルナリア。

「あっ、そうか……あなた、ご主人様――ケイジに告白したぐらいだものね……」
 ルナリアを気づかってご主人様という表現を修正したミーシャ。

「わ、悪いけど、いちゃらぶな生活を送ってるわよ。お、お子様にまだ早いようなことも……してるけど……」
「ですよね……。ケイジさんとの生活のこと、いろいろと教えてくれませんか……?」
「私はいいけど、あなたはいいの?」

 ちょっとミーシャも躊躇した。

「甘い話ばかり聞かされても、あなたが傷つくんじゃない?」
「いえ、逆です!」
 はっきりとした声でルナリアが言った。

「それでケイジさんが幸せってわかったら、ふんぎりがつくかなって。それに、ケイジさんが幸せなことは私もうれしいですし」
「あなた……」
 いきなりミーシャがルナリアを抱き締めた。

「えっ!? 何するんですか、ミーシャさん!?」
「あなた、本当にいい子ね! いい子すぎてびっくりしちゃった!」

「ミーシャさん、恥ずかしいです! 恥ずかしいですって!」
「あなた、ご主人様のことを一番に思ってるのね。けなげでいじらしいわ。ご主人様をあげられないことが惜しいぐらい!」

 ミーシャにとってはルナリアはまだ小娘なのだ。あるいは妹みたいなものなのだ。
 見た目からすると、だいたい同じなのだけれど。

「いっそ、一日ぐらいご主人様を貸してあげても――いや、それはダメね」
 ミーシャは嫌なことを思い出した。
「あの泥棒犬と一緒にいた時も、危険の兆候がなかったわけじゃなかったわ。ご主人様が誘惑に負けることだってありうる」

「あと……ミーシャさん、さらにお願いがあるんです……」
 ルナリアの声がちょっと硬くなる。
「とにかく言ってみなさい。いったい何なの?」

「黒猫姿のミーシャさんをなでなでしたいんです!」
「えっ…………?」
「ほら、私、猫が好きなんですが、すぐに逃げられるんです……。それで猫を心ゆくまで撫でたいなって……」

「猫の姿で撫でられるのってご主人様への浮気に当たるかしら?」
「猫だし、女同士だから大丈夫だと思います」

 はぁとため息をついて、ミーシャは黒猫に戻った。
「好きなだけ撫でていいわよ」
 ぱぁっとルナリアは目を輝かせた。
「ありがとうございます!」

 そのあと、ミーシャはルナリアの腕の中で、ケイジとの日々をいろいろと語るのであった。
昨日から「へんしん! 巨大キャタピラーに転生した俺と魔物使いのエルフ少女が天下を取る!」の更新を開始しました。よろしくお願いします!  http://ncode.syosetu.com/n1214dg/

20161029cheat_shoei.jpg
GAノベルさんより発売中です! ↑をクリックしていただければレーベルページに飛びます!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ