挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。さらに獣人にして、いちゃらぶします。 作者:森田季節

獣人ミーシャとのいちゃらぶ同居生活編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

130/205

127話 雪の森での戦い

 ミエントの町を抜けると、そんなに時間を置かずに森の中に入っていく。
 森はまだけっこう雪が残っていた。やはり、それなりに寒い気候らしい。ミーシャはいつもより、一枚多く着こんで、それに耐えていた。

「寒いのはけっこう体にこたえるわね……。日本に住んでた頃より寒いかも……」
 ミーシャは雪国の地方都市で生活してはいたが、それでも外には散歩の時に出るぐらいだったから、全然寒さには強くない。雪国の家屋って断熱効果が高くて、下手をすると都市部の建物よりあったかいしな。

「寒いですか、姉御? 私はこれぐらいのほうが気持ちいいぐらいなんですけど」
 盗賊らしい薄着のレナは全然平気のようだ。
「こちらもどうということはないですね」
 ヴェラドンナもとくにつらかったりはしないようで、雪の道をさくさく進んでいる。

「あなたたちは雪国に強い動物の獣人だからでしょ! こっちは猫なの!」
 ミーシャが文句を言ったが、それはそのとおりかもしれない。
「あ~、もしかするとモンスターより恐ろしい敵は寒さかもしれないわね……」
 ミーシャは両手で自分の体を抱くような格好で進んでいた。

「しかし、モンスター、全然出てこなくないか?」
 森に入って三十分ほど経つが、モンスターと遭遇していない。
「まさか、冬眠から目覚めてないんじゃないでしょうね……? そんなの見つけようがないわよ……」

 だが、まがまがしい赤い色をした縄が木々にくくりつけられているところに出た。

 少しずつ距離を置いて、木の板がかかっている。板にはこんな文字が書いてあった。

<この先モンスターの多発地帯につき、通行は推奨しません>

「ここからが敵の本拠地ってわけね。よし、行ってやろうじゃない!」
 ミーシャが不敵に笑って、縄の下をくぐった。でも、そこで風が吹いて――
「うぅ……。もっと、寒くなるのは困るわ!」
 ぶるぶるふるえていた。

 看板の情報は正確だった。
 数分と経たないうちにモンスターが襲ってきたのだ。
 真っ黒な毛並みのオオカミみたいなモンスターだった。目が紫に発光しているから、モンスターとすぐにわかる。
 数は十体以上いそうだ。さらに鳴きわめいて、仲間を呼んでいるらしい。かなり統率がとれている。

「ちょっとレナと似てるわね」
「姉御、それはないですよ! 私はもっとかわいいですからね!」
 たしかにこのオオカミは全然かわいくない。

 さて、すぐに戦闘に入るわけわけだけど――
「ヴェラドンナ、無理のない範囲で戦ってみてくれるか。力を見極めたい」
 見極めたいのはヴェラドンナの力、モンスターの力の両方だ。おそらくだけど、この程度のモンスターなら窮地に陥るということはないはずだ。原則としてダンジョンのほうが地上よりもモンスターは強くなる傾向がある。この森は実質ダンジョンみたいなものかもしれないが。
「わかりました」
 ヴェラドンナはナイフを握る。すっと、殺気がヴェラドンナに宿る。
「容赦なく、やります」

 ミーシャもヴェラドンナに意識を配っている。危なくなったらすぐに回復をするつもりらしい。

 しかし、その必要はなさそうだった。

 ヴぇラドンナはゆっくりとオオカミに近づく。それに対してオオカミが突っこむ。
 その途端、ヴェラドンナがオオカミよりもはるかに素早く動き、そのノド元にナイフを突き刺した。
 ザシュ、ザシュ!
 先に動いたほうが戦闘では手の内を読まれやすい。ヴェラドンナはわざとオオカミに仕掛けさせて、自分が有利な状況を作ったわけだ。

 一度、戦闘になってしまえばオオカミたちもひたすら攻めかかるより手がない。ヴェラドンナに一斉に襲いかかる。
 これを一匹ずつナイフで刺していく。すぐに致命傷になるわけではないが、確実に傷を与えていて、オオカミが一匹ずつ崩れていく。

 俺たちのところにもオオカミがやってきた。さて、自分の手でオオカミの実力を測らせてもらうか。

 ダンジョンの奥深くで見つけた剣で素早く切り裂く。
 ほとんど力が入っていた感覚もないのに、オオカミの体が真っ二つになった。
「やっぱり、恐ろしい切れ味だな……」

 神様が使うことを想定して作られた、最高水準の剣だ。ゴーレムの岩すら切ったぐらいだ。オオカミなんてものの数じゃない。
 ミーシャもオオカミを何匹か殴って倒して、感覚を確かめていた。

「レベルで言うと、15ぐらいで戦える相手ね。ゴーレムよりちょっと弱いぐらいじゃないかしら」
「ということは、レベル15の奴には問題なくヴェラドンナは勝てるってことだな」
「そういうことみたいね」

 戦闘自体はけっこう長く続いた。仲間モンスターが割とやってきたのだ。倒しても、倒しても、次が来る。

「冒険者が過去に全滅したりした理由もわかるな。敵は相当組織的だ」
 数人のパーティーで攻めこんだ場合、これだけの長期戦は想定してないだろうから、どこかで力尽きる。疲労がたまるからな。

 でも、こっちの実力なら、疲労が溜まる前に敵が全滅しそうだ。

「これ、レベルを上げるのにはちょうどいいかもな」

20161029cheat_shoei.jpg
GAノベルさんより発売中です! ↑をクリックしていただければレーベルページに飛びます!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ