挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
小悪魔彼女に惚れられました。 作者:南条仁

悪魔な彼女

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/54

最終章:悪魔の心は誰のもの?

【SIDE:日野美鶴】

 私と蔵之介クンが付き合いだして1ヵ月。
 私は自分の家のキッチンで料理をしている最中だ。

「ねぇ、蔵之介クンは好き嫌いはあったっけ?」

「そうですね。辛いものが苦手ということ以外はたいしてありません」

「うん。分かった。気をつけるね」

「美鶴先輩の料理は美味しいので、なんでも好きですよ」

「ありがとう。そう言ってくれると私もうれしい」

 好きな人に料理を作るのって、弟に料理を作るのとはまた違う。
 和風なものが好きだから、料理も和風中心になる。
 蔵之介クンとこうして夕食を一緒にするのも慣れ始めていた。

「そう言えば、先輩もたまにはサークルの方に顔を出してくれって言ってましたよ」

「ホント?それじゃ、また遊びに行こうかな」

 蔵之介クンにはサークル活動があり、私も家庭教師のアルバイトがある。
 週に数回程度時間があう時はこうして一緒の時間を楽しんでいる。
 ホントは私が彼の家に作りに行きたいんだけど、彼が気を使って、こうして私の家にきてくれるんだよね。
 リビングで彼は大学の課題の勉強をしていた。

「美鶴先輩、辞書をかりますよ」

「うん。今日は何のレポートなの?」

「倫理学ですね。安西教授の講義のレポートです」

「それなら、私の部屋に前に使ったノートがあるわ。参考程度になるとは思うから。あの教授、ちょっと面倒なレポートを出させるもの。部屋のいつもの場所にあるから」

 彼は「見せてもらいますね」と私の部屋からノートを持ってくる。
 自室に恋人を入れるという緊張感も最近は慣れてきた。
 最初はものすごく彼も私もドキドキしていたけど。

「……あら?大河からだ」

 ふと、携帯が鳴って電話にでると弟の大河からだった。

『あっ、姉ちゃん?俺、俺。今日は梨紅ちゃんのところでお泊りすることになったから』

「……まさか、中学生に手を出す気?」

『違うっての!?梨紅ちゃんの両親が泊りがけで出かけるって言うからさ。彼女の母親にも頼まれたんだ。たまにあるだろ。変なことをするわけじゃない』

 梨紅さんのお母さんもずいぶんと大河を信頼しているみたい。
 あの子を信頼していいのかしらね。

「……犯罪者にならないことを祈るわ、姉として」

『はいはい。しませんって。そういや、姉ちゃんも蔵之介と一緒か?』

「そうだけど?それが何か?」

 すると電話越しに大河は笑いながら私に言った。

『だったら、姉さんも蔵之介にお泊まりしてもらえば?』

「なっ。何をバカなことを言ってるのよ!?」

『冗談だってば。でも、あいつはいいやつだけど、男でもあるからなぁ。いやいや、姉ちゃんも気は強いが押しに弱いタイプだ。どうなることかねぇ?』

 なんてことを言うのかしら。
 蔵之介クンと、そんな……ハッ、変なことを考えちゃダメ!?
 こ、これは大河の罠なんだから余計なことは考えちゃダメなの。
 ……少しだけ変なことを想像した自分が嫌いだ。

『まぁ、そういうことだから後はお好きにどうぞ。それじゃ』

 大河にからかわれて、私は少しドキッとしてしまった。
 まったく、姉をからかうなんて。
 ……帰ってきたらお仕置きしてやる。

「大河さんからの電話ですか?」

「あっ、うん……」

 部屋から出てきた彼はノートを片手に不思議そうに私に言う。

「先輩、顔が赤いようですけれど、何かありました」

「え?う、ううん。なんでもないわ。ノートは見つかった?」

「えぇ。すぐに見つかりました。美鶴先輩は几帳面ですよね。整理整頓された部屋ですから。綺麗好きなんですか?」

 黒い悪魔(ゴ●ブリ)が嫌いなので部屋の掃除はこまめにしている。
 時々、大河の部屋も掃除してあげるけど、あの子の部屋は魔の巣窟でいろんなものがでてくるのよね……恋人の梨紅さんがいるのに。
 男の子らしいといえばそうだけど……蔵之介クンも?

「そうかも。今度、蔵之介クンの部屋も掃除してあげよっか?」

「……い、いえ、僕の部屋はいいですよ」

 怪しい……?
 でも、恋人を怪しむのはよくないわよね。

「んー。別に遠慮しなくていいのに。男のプライベートは大河で慣れてるし」

 特に変な本やDVDが出てきても怒るつもりはない。
 蔵之介クンの場合は真面目な感じだけど、その辺は気になる。

「別に何か怪しいものを隠しているわけではないんですが」

「それならいいじゃない?」

「あ、あはは……そうなんですけど」

 彼は苦笑いを浮かべている。
 まぁ、プライベートな空間はいじられたくないのかも?
 誰にでも触れらたくないことってあるし、深くは追及しない方がいい。

「それよりも、お鍋の方がわいてますよ」

「あっ、忘れてた。もうすぐできるから待っていて。掃除の件は考えておいてね?」

「……はい。分かりました」

 恥ずかしそうにうなずく彼に私は内心、可愛いなって思えたの。
 蔵之介クンってそういう素直な反応をするから私は好きだ。
 私は再び料理に集中して、夕食を作ることにした。

 

 
 食後になって、私たちはレンタルビデオ店で借りてきた映画のDVDを一緒に見ていた。
 ソファーで私は彼の肩に寄り添う形で身を預けている。
 ……恋人に甘えるというのはすごく気が楽になる。
 心も満たされるし、何よりも幸せな気持ちになれるから好き。

「こうしてテレビで映画を見るのもいいけれど、映画館にも行きたいわね」

「いいですね。今度、一緒に行きます?」

「うん。私、みたい映画があるの。一緒に行きましょう」

 蔵之介クンがそっと私の髪を撫でる。

「……んっ、くすぐったい」

「美鶴先輩って撫でられるの好きですね」

「他人に甘えられることが好きなのかも。私って、弟と妹がいるから。誰かに甘えるのって中々なかったのよね……年下の蔵之介クンに甘えるのも悪いかな」

「僕はかまいませんよ。先輩のそういうところ、好きですから」

 嫌みのない笑み。
 彼の落ち着いた雰囲気がより私にとって甘えたくなる衝動にかられる。
 見ていた映画はキスシーンに入っていた。

「映画のキスって……見ていると恥ずかしくなるわ」

「他人同士のキスをみせつけるということですから」

「……し、しないからね?」

 一応、確認で言うと彼は微苦笑をする。

「美鶴先輩、照れると可愛いですよね。僕は先輩のそういうところも好きです」

「うぅ……」

 蔵之介クンの方が私よりも年上みたいに感じるのはこの包容力かもしれない。
 だからこそ、私も素の自分を彼に見せることができる。
 彼と恋人になって、私は恋が楽しいことだと知った。
 大河と梨紅さんの関係を見て、感じたことでもある。

「私ね、大河たちを見て恋人って楽しいのかなって思っていたの。あの子たちは幸せそうに見えたから。どこか羨ましかったのかもね」

 蔵之介クンに出会うまで恋に興味がないと思っていた。
 でも、違うんだと彼に出会って気付かされた。
 私は誰かを好きになろうとしていなかっただけなんだって。

「僕も似たようなものかもしれません」

「私たちって似た者同士だから惹かれあったのかしら」

「きっかけとしてはそうかもしれませんが、今は惹かれるべくして惹かれたのだと感じています。好きですよ、美鶴先輩」

「私も好きよ」

 想いを確認しあうだけでもいい。
 この気持ち、大事にしたい。

「ねぇ、蔵之介クン……我がままを言ってもいいかしら?」

「はい。別にかまいませんが」

「実はね、今日……大河が帰ってこないから……――」

 少しずつ、私たちの関係は前へと進んでいく。
 恋愛の関係は思っていた以上に難しい。
 いつかは私たちもすれ違ったりするのかもしれない。
 だけど、私は蔵之介クンとの出会いを運命だと決めている。
 出会い、恋をしたことが私たちの運命だって。
 今という時間を彼と一緒に過ごしたい。
 私はまだ彼に本当の自分を見せていない。
 いつか見せる時がきても、きっと彼なら私を受け入れてくれる気がした。

 ねぇ、蔵之介クン。知っている?
 女の子って、男の子にしか見せない悪魔な顔があるのよ?

【 THE END 】
 
まさにタイトル詐欺。「悪魔な彼女」とタイトルをつけておきながら、悪魔度がグッとさがった美鶴さんの恋物語です。あの魔王っぷりはどこに消えた?蔵之介が大河並のヘタレさんなら、美鶴さんの魅力を引き出させたのかも。やっぱり、魔王っぷりを発揮してこその美鶴さんですよね……。というわけで、これで小悪魔彼女シリーズも完結です。楽しんでもらえたら幸いです。それでは。
cont_access.php?citi_cont_id=747031358&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1616部分)
  • 93 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 18:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 97 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
異世界魔法は遅れてる!

※2017/7/25 『異世界魔法は遅れてる!』コミカライズ第一巻が発売します! 漫画です!  コミカライズ担当はCOMTAさんです!    八鍵水明(やか//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全152部分)
  • 87 user
  • 最終掲載日:2017/07/22 20:02
ネクストライフ

*ヒーロー文庫より書籍化決まりました。 *月刊少年エースよりコミカライズ決まりました。 山田隆司は雪山で命を落とした──と思ったら、見知らぬ場所にいた。 どうも//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全186部分)
  • 110 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 20:13
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 105 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部分)
  • 86 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
先代勇者は隠居したい(仮題)

ちょっとエッチな中学生、社勇(やしろゆう)は、中学二年の夏休みに異世界へと召喚された! そこは剣と魔法のファンタジー世界! 自分を呼び出した可愛い姫のために戦い//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全184部分)
  • 97 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 10:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全861部分)
  • 107 user
  • 最終掲載日:2018/01/16 10:00
女神の姉と天使の妹

高校でも憧れの的である双子の美人姉妹。穏やかで気品溢れる“女神”と呼ばれる姉の星歌。無邪気で天真爛漫な“天使”と呼ばれる妹の夢月。そんな自慢のふたりが妹である、//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全65部分)
  • 92 user
  • 最終掲載日:2011/04/16 21:00
コードネームは『146-86』

小さいのに大きい?そのアンバランスが可愛くて。学園の男子の視線をあらゆる意味で釘付けにする美少女、初音美結。強気で我が侭と噂される彼女のラブレターを拾ったのが運//

  • コメディー〔文芸〕
  • 完結済(全40部分)
  • 87 user
  • 最終掲載日:2011/04/17 21:00
絶対宣言~妹は生意気な方が可愛い~

園芸部であり、何よりも花が大好きな男の子、春日。女顔で消極的な性格のために恋愛経験はない。春日とは正反対に恋愛に積極的な妹、桜華。美人だが、気が強く女王様的な性//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全80部分)
  • 94 user
  • 最終掲載日:2011/05/24 20:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全300部分)
  • 136 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 18:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全255部分)
  • 113 user
  • 最終掲載日:2017/12/22 12:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全227部分)
  • 95 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 07:00
I'll have Sherbet!

【『佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet!3』は10/30発売です。】   春からひとり暮らしをするはずだった高校2年生の僕は、何の冗//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全102部分)
  • 162 user
  • 最終掲載日:2017/10/30 23:53
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部分)
  • 98 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全178部分)
  • 88 user
  • 最終掲載日:2017/12/28 04:15
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 129 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
その女、小悪魔につき――。

 槙坂涼という名の生徒がいる。  彼女をひと言で表すなら、黒髪ロングのオトナ美人。清楚を絵に描いたような美貌だ。当然、男女問わず人気があって、学校では知らないも//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全54部分)
  • 126 user
  • 最終掲載日:2016/12/25 00:32
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 84 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 00:01
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 120 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部分)
  • 117 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
Simple Life

可愛い顔して無鉄砲なところのある新入生・那智(高一)と、学園一の美少女と噂の先輩・司(高三)のラブコメな、そして、時々シリアスなスクールライフ。 憧れの先輩に振//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全90部分)
  • 109 user
  • 最終掲載日:2015/04/25 16:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 90 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全824部分)
  • 109 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 00:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 119 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 99 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全135部分)
  • 87 user
  • 最終掲載日:2018/01/02 01:32
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全126部分)
  • 97 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 06:11
眼鏡とあまのじゃく ~真逆の君に恋するなんて、絶対あり得ない(はずだった。)〜

宝島社文庫より加筆修正版が「君に恋をするなんて、ありえないはずだった」というタイトルで書籍化されました。 主人公・飯島靖貴。地方の県立高校に通う三年の受験生。//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全110部分)
  • 115 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 01:29
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方にお願い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全562部分)
  • 110 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 20:42
↑ページトップへ