挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

灯りが消えたその後で

作者:栗山 りょう
毎日同じ日ってないかと思う

良い日もあれば、気分が乗らない日も

でも、僕たちは走り続けるしか他にない
ライブが終わったその空間には、食べ残した皿と空いたグラスが無残に残されて、気だるく生暖かい空気が
流れていた

客席には数人のスタッフや他のバンドのファンたちが談笑やら片づけに追われていた

BGMは古めかしいピアノジャズから、うるさい80年代ポップスに変わっていた

メンバーからはテンポが走る・歌詞を間違える・エゴで曲を決めるな、などと口うるさく言われて気分も上がらないままの
演奏だった

でもお金をもらってする演奏に手は抜けない、沢山の制限のある中で必死に、死に物狂いで、熱く、燃えた

そして今、氷の解けたグラスの中の酒を、ちびりと口にやり、放心した状態でうるさいBGMにおびやかされている

何の為に演奏しているのか、誰の為に演奏しているのか、何を目標に演奏しているのか

むなしさと疲れだけが体をまとっていく

そんな時、一人の女性が近ずいてきたオーナーのミサトさんだった

顔を上げずうつむいていると知ってか知らずか、いつもは口うるさい彼女の口から意外な言葉が発せられた

とっても良かったよ、荒削りの部分もあるけど、あなたのハートがみんなに伝わって、素晴らしい演奏だった
私感動して涙が出てきちゃった

そして軽く微笑んだかと思うと、新しいグラスを私によこし、カウンターへ消えていった

何の為に演奏しているのか、誰の為に演奏しているのか、何を目標に演奏しているのか・・

ハートがじんわりと熱くなるのが分かった

みんなの笑顔の為、その笑顔を見せてもらうため

僕はギターをしょってスキップを踏んだ



疲れた夜も、興奮して眠れない日もある

だけど明日は必ず来る

僕たちはまた可能性を信じて歩き出す

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ