挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アゲイン  高校の同級生が、ペットショップで売られていました。 作者:柳なつき

プロローグ 高校の同級生が、ペットショップで売られていました。

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/137

再会

 ペットショップで高校の同級生が売られていた。
 高校の二年と三年のときクラスメイトだった金髪ギャルの女の子で、特に高校二年時において割合大規模に実施された僕の苛めという僕の人生における最大級のライフイベントの首謀者でもあった。
 ガラスケースに貼られていた顔写真で、僕は気がついた。
 彼女はガラスケースの一番右端の下の段にコンパクトに収められ、小さく丸まってつるりとした肌色の背中だけを客側に見せていた。ガラスケースは人間が入れる大きさでもない、無論人間がペットショップで売られるわけもないが。つまり彼女はすでに人間という扱いではないのだ。どれどれと値札の隣に貼られたシールの極小サイズの説明を読んでみれば、どうやら彼女は何らかの事情で犬に加工されてしまったらしかった。
 まあ、犬人間と言ったところだ。いまでは一般に、人犬ひといぬと呼称される。人猫ひとねこや、人兎ひとうさぎもいる。ペットショップで売られるような愛玩目的のヒューマン・アニマルは、やはり女の個体のほうが多い。このペットショップでもそうだ。男はいるにはいるが、少年ばかりだった。成長済みの男の個体を集めた店は専門店となっているケースが多い。
 ディスプレイ用の檻の中では、少年というより幼児と呼んだほうがいい人犬と人猫の兄弟が仲よくボールではしゃいでいた。人間の顔と胸部と腹部を残したまま、両肘と両膝の先が存在せず、動物らしい毛に覆われ、動物らしい肉球がくっつけられている。そして動物の耳と、動物のしっぽ。どれももさもさでもふもふの、自然なままの人間にはけっして存在しないものだ。そういったところにも神経は通っているので、耳もぺたりと動かすことができるし尻尾を振ることもできる。そういう人間加工技術がすでに確立されているのだ。
 その兄弟も、前足と後足だけが茶色で、尻尾と耳はそれぞれ犬と猫で、ふたり揃ってボールで遊んでいると赤ちゃんらしい粉っぽい肌色が眩しい。きっとまだ自分になされたことの事情とその意味がわかっていないのだろう。まあでも、そちらのほうが幸せなのかもしれない。すくなくとも人生の中途半端な時期で両手両足を切り落とされるよりは、ずっと。
 ちなみにその兄弟はバラ売りで一匹300万円、二匹セットで飼ってやるのがオススメで、二匹セットで購入すればなんと500万円に割引するのだそうだ。赤字覚悟の大出血サービスだと赤ペンで書いてあった。理解はできる。幼児のヒューマン・アニマルはまだまだ貴重なのだ。なかなか市場に出回らない。一昨日ばかりに僕もそういうネット記事を読んだばかりだ。
 僕をいじめていた女の子は30万円になっているわけだけど。

「あのー」
 僕は人の好さそうなおじいちゃん店員に声をかけた。
「はいはい、お客さま、喜んで! 気になった子がいましたか」
 おじいちゃん店員は、どう見ても根暗で若造でだらんとした私服でいまだに学生っぽさが抜けない僕にも、揉み手をして完璧な営業スマイルですり寄ってくる。おそらく資本主義文化にどっぷりな時代の人なのだ。
「はい。その、右下の下のケースの子、なんですけど」
「あちゃー、その子ですかあ」
 おじいちゃん店員は、わざと顔をしかめておおげさに手で顔をおおってみせた。良い塩梅の白髪が押さえつけられる。
「お客さまねえ、申し上げにくいんですが、そちらの子はちょーいと問題がありましてねえ。けどその子かわいいでしょう? 顔のつくりはいいし、髪の毛も加工前の金髪のままよーく映えるんですよお。ねえお客さま、あんなに可愛いのにそのお値段。おかしいと思いましたでしょう? 思いませんでしたか?」
 急にささやき声になる。僕はうなずく。
 お芝居うまいな、このひと。
 まあどうせ僕のやることはひとつなんだけど。ビジネスってそういうものだと思うから、僕はおとなしいがきちんとカモられるという質の良い客っぽいふりをし続ける。
「……性格に難がありましてね」
 ああ。それは僕も、知ってます。そこの犬の子、高校時代に僕のことめっちゃ意地悪くいじめてましたから。
「通常、ヒューマン・アニマルへの加工は一年もかからずおこなわれますでしょう。けどその子はね、なんと一年半も調教施設にいたそうなんです。調教プログラムがいつまで経っても修了できなくて。もうともかく反抗的だったそうでね。エサも食べないから無理やり手で突っ込んで食わせたりしてたほうです」
 あー。彼女らしいわー。頑固なんだよな。
「反抗的な個体というのはいるもんですのでね、大体そういうのはさっさと労働用か畜肉処分に持っていってしまうのですが。まあ驚いたことに労働用の簡単な検査さえパスしない、首の絞まるタイプの歩行発電機で発電をさせようとすると、まあ首絞まっても歩こうとしないんですよ、死んでもいいのかって話ですよね」
「ですねー」
 もうそれは死んでもいいのかっていうか、みずからすすんで死にたいんじゃないのかな。うん。
「で、まあ、畜肉処分にしようとしたんですけど……ね、この子、可愛いでしょう?」
「可愛いですね」
「肉にするにはもったいなくてもったいなくて、って懇意の業者が泣きついてくるもので、引き取らざるをえなかったんです」
「なるほど。それで、そのあと売れなかったんですか?」
「売れなかったんですよお。とほほ。笑っちゃいますねえ、お客さま!」
「あはは。これからずっと売れなかったら、どうなるんですか?」
「まあ仕方ないから畜肉施設に回します。うちもこれ以上置いておくとそろっそろ赤字になるので、もうこのあたりが限界ですわあ、困りましたよお、ねえお客さま、商売あがったりですよお、あっちゃーですわあー」
「あっちゃー、ですねー」
 あはははははは。
 僕たちはなごやかに笑いあった。
「……その子がほしいんですけども。ちょっとガラスケース叩いて、起こしてみてもかまいませんか?」
「おおっ! あーりがとうございます、お客さま! ガラスケースと言わずに今すぐこちらまでお持ちしましょうか? バックヤードにお越しいただければ、エサやり体験や抱っこもできますよ! 今、バックヤードの店員に案内させましょうか!」
「あ、どうも。とりあえずガラスケース叩いて、様子見でだいじょぶです。僕、人見知りなものでして」
「ははっ、なにをおっしゃいます」
 店員にはやはり僕の渾身のジョークは伝わらなかった、人犬に対して人見知りと用いる僕のジョーク・センス。なぜなら僕と彼女は高校時代の知り合いだから、そういうブラックジョークなわけだけども。……まあ、人見知りなのはほんとだけどね。あんなに激しい苛めを受けたあとは、さらにもう、ずっとね。まあそんなのはたぶんこの店員さんにだってわかるね、僕は高校時代からずっともう前髪を短くすることがどうしてもできない。
 店員を呼ぶ声がした。人犬と人猫の兄弟のほうからだ。兄弟を楽しそうに見ていた幸福そうな家族連れの母親らしき若い女性が呼んでいる。なにせ500万円の売り物だ、店にとっては、上客だろう。
「あ、どうぞ、呼んでるほうへ。すこしここで見させてもらってても、いいですか」
「いやいやいやいやもういくらでも、いーくらでも、どうぞ! もうゆっくりじっくり、いくらでもね、見ていってください! ありがとうございます!」
 店員はニッカリ笑った。僕もにこっと笑った。
 店員が店の表のほうに去っていく。

 ……さて。


 僕はそっとガラスケースの前にしゃがみこんだ。
 高校のころに僕をいじめたクラスメイトの女の子の成れの果ての訳アリ品30万円の人犬が、そこに小さく丸まって寝ている。
 ……そっか、髪の毛だけはあんときのまま長くて金髪のままなんだなあ。ちゃんと赤いリボンでツインテールに結わえてもらっている、それもあのときのままだね。あのときとは違って、全体的にずいぶん傷んじゃってるけど。肌、こんなに白かったっけ。まあ背中とかは見たことないしね、というか僕ふつうに童貞だから、女の子の背中もAVやエロ画像以外じゃ見たことないし。べつに歩いていていちいち人犬の背中とか見ないし。寝てるのかな。泣いてるのかな。背中がふるふる上下するね。ああ、あなたがこういうふうに丸まるんだなってことは、僕ははじめて知ったよなあ。


 再会アゲイン、だね。


 僕は、トン、とガラスケースを叩いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ