挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

傲慢な告白者

作者:中田翔子

女:「私全然ダメだなあ」
男:「そんなことないって」
女:「上田くんあのね、あの、いや、やっぱいいや。」

男①{相手から聞かせる。自分から発信したわけではない、引き金はあなたですよというアリバイ工作}

男:「なに?いってよ」
女:「いや、ほんとになんでもないよ」

男①{入念に、「私言うつもりなかったのに無理やり言わされた」を演出}

男:「なんだよ、気になるなあ。言ってよ」
女:「ほんと、迷惑だったら言ってね。いや、ほんと、聞き流してくれてもいいから。」

男①{察させる}

男:「うん。」
女:「あーやっぱりなんにもない!」

男①{もう一度聞かせる。ぬかりなき予防線。}

男:「なんだよ~。」
女:「好き、だから、だからあの、付き合ってください。」
男:「あー…、うん、ありがとう」
女:「付き合ってくれる?」

男①{聞き流していいんじゃなかったのか。}

男:「あー、えーと、ごめん。」
女:「なんで?」

男①{この世の全てに理由があると思っている。解決できれば付き合えると思っているのか。付き合えたとしても、果たしてあなたは幸せですか。}

男:「なんでって、いや、狭いコミュニティの中では嫌だなあって」
女:「別によくない?」

男①{自分基準。I am グローバルスタンダード。}

男:「周りに気 遣わせるし、もし別れたら気まずいし、」
女:「別れなきゃいいじゃん。周りは関係ないよ。」
男:「いや、俺がイやなの。」
女:「それだけ?」

男①{それだけです。}

男:「え?えー、年下なのも、あれかなー。」
女:「なんで?」

男①{いやだからです。}

男:「今まで付き合ってきた年下と合わなかったから。」
女:「それはその人と合わなかっただけでしょ?次はわかんないじゃん」

男①{それでも何人か経験してきた上でだよ?同じ過ちを繰り返さないための努力なのだよ?}

男:「とりあえず今は誰とも付き合う気がないというか」
女:「私とは付き合えないってことでしょ?ブスだから?結局顔なんだね」

男①{(ホイッスル)はい、でました「顔」!この人わたしを悪者に仕立て上げようとしてます。せっかくあなたがどうすることもできない、責任のない部分で断ろうとしているというのに。僕の好意がわからないかな〜。}

男:「そんなこと言ってないやん」
女:「でもそういうことじゃん。じゃあなに?性格?」

男①{二大要素を言い尽くす。顔、性格というくくりでの拡大解釈。}

男:「いや、別に、性格がどうとかでもないし、てか(時計をみて少し笑いながら)もう遅いよ?」
女:「話し逸らさないでよ。なんで笑ってんの?」

男①{良好な関係を続けたいだけなのに}



女:「私全然ダメだなあ」
男:「そんなことないって」

女①{いるよね、こういう無責任に甘やかす人}
女③{野良猫増やしちゃうタイプね}
女①{認知しないタイプ。}
女②{姐さん!}

女:「上田くんあのね、あの、いや、やっぱいいや。」
男:「なに?いってよ」
女:「いや、ほんとになんでもないよ」
男:「なんだよ、気になるなあ。言ってよ」

女②{(吹き出す)しらじらしい。どんだけ言わせたいんだよ。}
女③{ここやばいよね}
女①{生涯で告白された回数とかカウントしてそうだよね。}
女②{めっちゃわかります。}

女:「ほんと、迷惑だったら言ってね。いや、ほんと、聞き流してくれてもいいから。」
男:「うん。」

女③{うん。じゃねーよ}

女:「あーやっぱりなんにもない!」
男:「なんだよ~。」

女③{なんだよ~。じゃねーよ。}

女:「好き、だから、だからあの、付き合ってください。」
男:「あー…、うん、ありがとう」

女①{ここだよね。巻き戻し。再生。}

男:「あー…、うん、ありがとう」

女③{うんを挟むなうんを!}
女④{意味としてはYESやからね}
女②{告白されてありがとうで逃げるやつほんましょうもないわー}
女④{(笑って)甲斐性ないなー。}

女:「付き合ってくれる?」
男:「あー、えーと、ごめんなさい。」

女①{なんのタメだ。なんのためのタメだ。}

女:「なんで?」
男:「なんでって、いや、狭いコミュニティの中では嫌だなあって」

女③{(横文字を馬鹿にするように)こみゅにてぃー?}

女:「別によくない?」
男:「周りに気遣わせるし、もし別れたら気まずいし、」
女:「別れなきゃいいじゃん。周りは関係ないよ。」
男:「いや、俺がイやなの。」
女:「それだけ?」
男:「え?えー、年下なのも、あれかなー。」

女③{あれってなんだよ}
女①{ほんとイライラしてきた}

女:「なんで?」
男:「今まで付き合ってきた年下と合わなかったから。」

女④{統計で決めちゃうんだ…}

女:「それはその人と合わなかっただけでしょ?次はわかんないじゃん」
男:「とりあえず今は誰とも付き合う気がないというか」

女①{この前彼女ほしいって言ってたのに}
女②{うわ最低。}

女:「私とは付き合えないってことでしょ?ブスだから?結局顔なんだね」
男:「そんなこと言ってないやん」
女:「でもそういうことじゃん。じゃあなに?性格?」
男:「いや、別に、性格がどうとかでもないし、てか(時計みて少し笑いながら)もう遅いよ?」


女①{はぐらかすの、上手だね。自分を守るのに忙しいもんね。}
――女①、去る。

女②{承認欲求、満たされたいもんね。}
――女②、去る。

女③{そういうのも、(愛想笑い)いいと思います。}
――女③、去る。

女④{ちゃんとはっきり言ってくれればいいのに。何が恐いの?}
――女④、去る。


女「話し逸らさないでよ。…なんで笑ってんの?」

――暗転。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ