挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

神鳴りさんと雨宿りの梢

作者:六青流星
退魔師中島吹雪を手伝う窪田安彦。

だが、友人が呪いの赤いキューピーを目撃した、と助けを求められた。

調べてみると赤いキューピーは、思うよりも広い世界を侵しだしていた。
変身ベルト
2017/10/22 18:36
2017/10/23 20:51
源重郎
2017/10/24 22:13
米兵
2017/10/25 20:50
赤いキューピー
2017/10/26 22:00
咲ッキー
2017/10/28 15:27
地下アイドル
2017/10/29 18:04
2017/10/30 21:38
コンビニ
2017/10/31 21:39
由結ちゃん
2017/11/01 18:18
数字
2017/11/02 21:32
交差点
2017/11/04 14:01
お札
2017/11/05 15:07
2017/11/06 21:20
2017/11/07 21:29
蔵の中
2017/11/08 21:46
蔵の中2
2017/11/09 17:35
黒漆の箱
2017/11/11 20:13
一つ目小僧
2017/11/12 15:24
修法目録
2017/11/13 22:02
中丹田
2017/11/14 21:11
窓の外
2017/11/15 20:56
斎藤
2017/11/16 21:19
夢の中
2017/11/18 17:00
巫術
2017/11/19 17:39
豆腐童子
2017/11/20 21:42
トモ君
2017/11/21 21:36
路地
2017/11/22 21:41
帰宅
2017/11/23 21:13
源重郎
2017/11/25 14:58
試合
2017/11/26 14:44
秘訣
2017/11/27 21:39
友永悟郎
2017/11/28 21:16
踊り
2017/11/29 21:58
槍折り窪田
2017/11/30 21:30
修行
2017/12/02 16:15
2017/12/03 15:52
キューピーの出現
2017/12/04 21:48
ジム
2017/12/05 21:11
川越選手
2017/12/06 21:22
悟少年
2017/12/07 21:59
風吹
2017/12/09 16:21
藍子ちゃん
2017/12/10 15:52
授業
2017/12/11 21:15
佐藤藍子
2017/12/12 21:00
自習
2017/12/13 21:35
捜索
2017/12/14 20:50
捜査
2017/12/16 17:05
追跡
2017/12/17 15:30
井の頭池
2017/12/18 20:56
車内
2017/12/19 20:30
拘束
2017/12/20 21:30
吉祥寺
2017/12/21 21:21
雑踏
2017/12/23 15:20
うなじ
2017/12/24 15:00
発進
2017/12/25 21:16
列車の中
2017/12/26 21:27
防犯カメラ
2017/12/27 21:27
犯人
2017/12/28 21:20
中島永信
2017/12/30 16:00
駅ビル
2017/12/31 15:27
マックス
2018/01/01 21:26
所沢駅
2018/01/02 22:38
寂れたところ
2018/01/03 21:03
移動再開
2018/01/08 14:36
所沢駅ロータリー
2018/01/09 21:30
自衛隊の基地
2018/01/10 21:19
赤いキューピーの出現
2018/01/11 21:18
マックス
2018/01/13 15:01
ナイフ
2018/01/14 15:40
2018/01/15 21:28
稲荷山公園にて
2018/01/16 21:33
狭山市駅
2018/01/17 21:19
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ