挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

聴覚障害者の日常

聴覚障害者の日常 〜人生は奇なもの粋なもの〜編

作者:ぷかぷか
夫とは、大学の同級生で、卒業後は遠距離だった。
アタシは関東、夫は四国。
遠距離なのでそう会えないし、電話でも込み入った話しもできないし、それぞれ仕事が大変だった。
遠距離3年目の春だと思う。関東に実家のある夫が帰省したときに日比谷公園で会った。
夫から「友達に戻らないか?」と言われた。(すぐ後に、夫は激しく後悔したとかしないとか…。)
だから、それ以後は、アタシは友達関係だと思っていた。その年の夏にバッサリと髪の毛を切ったのを覚えている。
友達宣言されても、夫は相変わらず電話をくれたし、会いにも来た。

遠距離4年目の冬、夫が夜行バスで帰ってきたその足で、スケートに誘われた。
夫の表情に違和感を感じ、それを伝えた。

「あなたの顔、変だよ?」

「変な顔で悪かったな!」

その時の夫には自覚はなく、こちらからは何がどうおかしいのか、うまく説明できず、言葉のやり取りの難しさを痛感した。
夫は疲れもあったろう、機嫌が悪くなり、そのまま後味わるい別れになった。
その夜、夫から電話があった。

「ごめん。本当に顔がおかしい…。」

たまたまアタシの職場の同僚が『顔面神経マヒ』という病気になっていたので、それではないかと思ったのだ。
その同僚に相談したら、その可能性は高いから耳鼻科にかかること、MRIで検査できるような総合病院がよい等を教えてもらった。
顔の神経が死んでしまい、顔の表情、まばたき、口の開閉ができなくなる。適切に治療すればまた新しい神経が出来てもとに戻る。
夫の場合、左側だけのマヒだった。

この時に、夫が『うちに来ないか?』と実家に初めて誘われた。
1日だけでかなりマヒ症状が進んだのに戸惑って、深く考えずについていったが、まさかの展開になるとは思いもしなかった。

実家につくなり、夫の母に迎えられ、歓迎された。
もうアタシのことをしっていて、聴覚障害があることも問題にしなかった。

「で…、いつにするか決めたの?」

は?……夫の母に聞かれた言葉は読み取れたが、意味がつかめなかった。
何が、いつって…?
アタシは困惑した。

「来年にしようかな、と思うんだ。」
と、いきなり、夫が口を挟んだ。

はぁ?!何が来年?
全く話が見えませんってば!

「結婚式は春?」
と、夫の母に聞かれたアタシの胸中を察して欲しい。

プロポーズをすっ飛ばして、あろうことか、夫の母から結婚式の話。
いつ友達から関係が進んだんだ?
困惑から混乱へと、脳内では大恐慌のような状態で、なにをどう話したか覚えていない。

その後はトントン拍子に話が進み、そのまま結婚したが…。
病気のことがなければ「もう会うのはやめよう。」と思っていたなんて、義母には口が避けても言えない。
後から聞いたのだが、夫も病気がきっかけで結婚を意識したというから、本当に人生なにがあるかわからないものだ。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ