挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
男「付き合ってください!!」女「えっむり」 作者:デコ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/6

私のために

今のとこ毎日投稿できてる。少ない文章だけど。
体育館にて


友「よー!やってんねー!」

男「はぁはぁ…!!友…なんで来たの…!!」

友「いやー男がちゃんとバスケやってるか監視」

女「ほらー!そこ休まない!」

男「はぁはぁ…スリーメンが…終わらない…!!」

友「がんばれー」








女「男くん」

男「あ!はい!」

女「それ、上履きじゃない?」

男「あ、えっとまだバッシュ買ってなくて」

女「ちゃんとしたの履かないと怪我するよ」

男「はい…!」

女「…男くん今週末ひま?」

男「もちろん暇です!」

女「いっしょにバッシュ買いに行こうよ」

男「えっ…いいんですか!?」

女「部員としてだけど」

男「それはわかってます」

女「うん。じゃあ土曜日の朝9時に運多良駅の南口でいい?」

男「えっあ、はい!!」

女「そんなに固くなんなくても。ほら、休憩終わり!スリーオンスリーやるよ!」

男「はい!!」












放課後体育館にて



友「おーい男いるかぁー…ってお前まだ自主練してたの!?もう七時だぞ!?」

男「あー友か。うん。早くみんなに追い付きたいと思って」

友「恋の力はすげーなー」

男「なんかいった?」

友「ううんなにも」

男「あ、そう」

友「えっと…俺先帰るわ。頑張ってな」

男「うんありがとう」








本校舎にて



友(さすがに頑張ってんなー…俺一人で帰るのちょー寂しいんだけど…。あれ?あそこにいるのは女先輩かな)



友「女せんぱーい」

女「あ、君は男くんの友達」

友「そうです。覚えててくれてて幸喜に存じますよ」

女「あはは。なんでみんな私と話すときそんな固くなるの」

友「ははは。冗談です」

女「…男くんは…必死だね」

友「そうっすね。昔から諦めの悪い性格でしたので。あ、いい意味でですよもちろん」

女「バスケ部に入ったのも私のために?」

友「もちろんですよ。本人も運動は得意じゃないって言ってたんですけど、女先輩のためにって」

女「そう…」

友「あいつ、ちゃんとやれてますかね?」

女「どういう意味?」

友「うーんと、男は引っ込み思案っていうか、会話下手っていうか…周りとなじめてるのかなーって」

女「あぁ、それは大丈夫だと思うよ。誰よりも真面目に練習に取り組んでて、それもみんなちゃんと見てるし」

友「そうですか!それはよかった」

女「なんだか、君は男くんのお兄さんみたいね」

友「あはは、よく言われます」



女「…えっと、私ちょっと委員会の仕事が残ってて」

友「あ、すいません邪魔しちゃって」

女「全然大丈夫。お話しできて良かった。帰り道気を付けてね」

友「はい。女先輩も」

女「ふふ。さようなら」

友「さよなら」













女(私のために…か…)
























男母「おっそいわねあいつ」





後書き考えるのめんどくさい。思いついたらなにか書くことにします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ