挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
男「付き合ってください!!」女「えっむり」 作者:デコ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/6

付き合えない理由

暇潰しです。飽き性なもので無理矢理完結させる可能性あります。
男「……」

女「いや…ごめん…むりです」

男「そうですか…」

女「うん…」

男「せめて…!!せめて1週間だけでも!!」

女「いやいやむりだって」

男「お願いします!!諦められないんです!!」

女「だからむり!」

男「どうして…!!どうして僕じゃダメなんですか…」

女「それは…だって…よく知らない人とは付き合えないし…。しかも、君に関してはそれ以前の問題だよ…」

男「それ以前って…」

女「えっと…見た目っていうか…」

男「…」

女「…」

男「えっと…」

女「とにかく、ごめんね。君とは付き合えない。じゃあね」

男「…」






男「__ってことがあったんだ…」

友「はっはっはっはっ!!」

男「笑うなよ!僕は真剣なんだ!」

友「確かにそうだな!見た目の問題だよ!はっはっは!!」

男「ぬぅぅ…!!」

友「はっはっはっはっはっ!!待って腹痛い」

男「笑いすぎだって!じゃあ聞くけど、僕の見た目って具体的になにがダメなんだよ」

友「えぇぇ!?本気かよ!鏡見てこいって」

男「そりゃイケメンじゃないことくらい分かってるよ…」

友「正反対の人種だな」

男「ひどい…」

友「まぁ、俺に言わせれば男さぁ、デブじゃん?」

男「…」

友「それに髪も長くてボサボサだし、猫背で顔もニキビだらけ!」

男「…」

友「あとメガネも今どきは流行りじゃな_」

男「わっわかったわかった!皆まで言うな!」

友「俺がもし女でも男とは付き合えんな!はははは!」

男「……じゃあ」

友「ん?」

男「それを直せば…女さんとも付き合えるのかな…」

友「ンフッ」

男「笑ったろ!!」

友「いや、いい作戦だと思うよ。ぷぷ」

男「今に見てろよ…!!」
恋とはキミシダイ列車なのだよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ