挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーダムサクリファイス~勇者召喚の生け贄になりました~ 作者:成金猫

異世界転生編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/54

とある勇者の昔話2

 お久しぶりです!

 例のごとく、また更新期間が空いてしまいました……。
「ふむ……それで―――は、その"からおけ"とやらに行った事があるのか?
 1人で行けぬ結界が"からおけ"に張られているならば、同士と行けばよかろう」

「いえ、私は向こうの世界ではその……そうっ!1人が好きだったのよ!だから行った事は無いけど……でも、大体の事は分かるわっ!」

「ん……しかし、やはり実際に行って歌わん事には全て憶測の域を出ないだろう?」

「で、でも、その頃には家庭用のカラオケセットもあったから、そこまで行って確かめる必要は無いと思うのよ!」

「なるほど!その"かてーようからおけ"で、―――は既に"からおけ"のなんたるかは学んでいたのだな!」

「えと……家庭用もまだやった事無いかなぁ~なんて……」

 月夜の下で少女と絶世の美女が語らう姿は、言葉からその情景を想像すれば、さぞ美しい絵に仕上がっている事だろう。
 けれど実際に行われているのは、私の黒歴史をついさっき知り合ったばかりの女性に素で掘り返されているだけだった。 

 この女性、人の姿をしているが実は魔物の類らしく、始めに聞いたときは咄嗟に逃げ出しそうになってしまった。
 まあ、人の姿になれる魔物なんて今の私では全く敵わないのだから仕方無いことだけど。

 それで何故、黒歴史を掘り返されているかと言うと、彼女には私の正体が漠然と分かるらしく、私が何故この女性と喋れるかや、私の元いた世界の事を色々聞いてきた。
 その質問に答えられる範囲の中で答えている内に彼女は歌が好きだと言うので、『地球にはカラオケと言う、演奏団がいなくても曲を流して、本格的に歌える設備がある』と言う話が盛り上がり……気づいたら私の友達0人事情がバレていたのだ。

「あ……そう言えば、貴女の名前を聞いていなかったけど、名前を聞いても良い?」

 そう言えば、彼女に名前を尋ねられたから答えたけれど、そこから質問責めにあったせいで未だに彼女の名前を知らない事に気がついた。

「私の名前か?産まれた時には親がいなかったから、名前は無いのだ」

 親がいない。人間の尺度で考えるのは間違えているのだろうけれど、それでもこの話には一歩引いた方が良いと思ってしまう。

「その、ごめんなさい。少しデリカシーが無かったわね……」

「ん?"でりかしー"?よく分からないが、―――が謝る理由が分からない」

「その……親がいないって話よ。貴女が気にしてるかもしれない事を迂闊に聞いてしまったから」

「んん……?私が事前に話していないのだから、―――が知らないのは当たり前だろう?」

 私の説明を聞いて、彼女はますます分からないという顔をする。人間と魔物ではそこらへんの感覚が違うのだろうか?
 それとも彼女がただ単に、寛容な性格なだけなのだろうか?

 お互いに少しの間顔を見つめ合っていたのが、不意に彼女が「それに――」と言葉を繋げる。


「そもそも、私に親がいたかさえ怪しいのだ。
 私に似た種族の者に色々聞いた事があるが、私達の種族は本来は卵生なのだが、私の記憶では生まれた所に卵の殻が落ちてはいなかったのだ。
 ……それに、私は産まれた時から既に人化の術を持っているが、こんな事は常識的には考えられないらしい」

「えっと……卵生じゃ無いなら、よけい親がいないのはおかしいと思うのだけど」

「そうなのか?この前調べたのだがな、下等生物であるスライム共は、魔力が澱んでいる所から自然発生したり、単体で分裂したりして繁殖するらしいのだ!  
 私が下等生物と同じ繁殖法とは思えないが、私も親を必要としない繁殖によって産まれた可能性もあるのだ!」

 したり顔の彼女には悪いが、隠れてスライムを観察している彼女を想像すると、あまりにシュール過ぎて笑ってしまいそうだ。

「む……何を笑っている?な、何か私の推測に誤りがあったのか?」

「え?いや、そうじゃなくて……何だか、私達がやっている事って何なのかなーって思ってね」

 人類と魔族で戦って、お互いが傷つき合うだけの戦争。魔族側が一方的に仕掛けたと言われているけど、それも本当か怪しい。
 ただ、真実を見つけたって何かが変わるわけでは無い。

 剣を持てる者は戦場へ行き、その命を散らす。

 ずっと続く、こんな馬鹿な事を止める力を持つはずの私達。でも、それだって今すぐに止めれるわけでは無い。
 周囲の戦争への期待、不安、疑念、憤り……全てを背負う勇者と言う立場から見た
、彼女の自由で伸び伸びとした生き様は、なんと美しく見える事だろう。

 不思議と、妬ましいなんて負の感情は一切浮かばない。

「……ねえ、友達になってくれない?」

 ふと漏れた言葉。普通は、友達にならない?なんて言って友達になる程、格式張ったものでも無いのだろうけれど、友達を作った経験の無い私にはこれが限界だったのだろう。

 ……というか恥ずかしくて彼女の顔が見れない。

「……友達」

 ぽつりと彼女も言葉を漏らす。それは質問や回答と言う、意思を持ったものでは無く、本当にただ呟いただけのもの。

「友達とは……同士や、仲間のような物か?」

「ま、まあ、そんな所かな?」

 どうやら、友達と言う言葉は知らなかったようだけど、大体の意味は察してくれたようだ。

「うん。―――の友達。なかなか悪く無い称号だ。ついでに、友達である―――に、私の名前を名付けてもらいたいのだが、良いだろうか?」

「えぇっ!?そんな大事な役目、私で良いの?」

「同じ名前をつけるなら、初めての友達に名を貰う方が良い」 

「あ、ありがとっ……」

 と言っても、本人は軽く考えているようだけど、さすがに『はい、じゃあこれ』と適当に決めるわけにもいかない。
 かと言って、迷って時間をかけたからと言って、そんな良い名前が出せるとも思わないし……。

「日が昇ってきた。名前もまだ授けて貰っていないし名残惜しいが、人間に姿を見られるわけにもいかない。
 名残惜しいが、今日は帰らせてもらおう」

 辺りを見渡せば、山から顔を出した日によって、たくさんの木漏れ日の筋ができていてとても幻想的になっている。

 って、そうじゃない。次にいつ会えるか分からないのだから、早めに名前を考えなければ!
 そう思い、彼女の方を見ると……

「で、でか……」

「そうか、本来の姿を見せたのはこれが、初めてだったな」

 彼女の魔物としての姿。端的に言えば―――――所謂"ドラゴン"と言う生物だった。

 かなりの大きさを誇る体躯。

 表皮は彼女の頭髪と同じ銀に少し近い……

「……シロ」

 思わず出た言葉。それは彼女の名前として出た言葉なのか、それともただ単に彼女のあまりの白さについ出てしまった、ただの感想なのか、今となっても分からない。

「それは、私の名前か?」

「え?いや、どうなんだろ……それはさすがに安直と言うか、さすがに身体の色が白くて綺麗ってだけで名前もシロって言うのは……」

「いや、シロで良い」

 慌てて言い訳していた私を見ながら、彼女はニマっと笑い(ドラゴンは表情筋が少ないのか、ほんの僅かに口角が上がっただけだが)、シロと言う名前をあっさりと受け入れた。

「え?良いの?私が言うのもなんだけど、思わず出た名前だし安直過ぎるわよ?後から文句言わない?」

「いや、あまり他人に言うものでも無いと黙っていたが、実は――」

 彼女―――シロは、飛び立つ為か私に背を向けながら、なおも言葉を続ける。

「――私もこの鱗の色は昔から自慢に思っていたのだ」

 そう一言告げて、彼女は飛び立って行った……。



















「……どこを出歩いていたのですか?」

「えっと、街の探索と神殿の見物を少々……」

 現在、私は謁見室で王様でもある教皇に質問……と言う名の尋問を受けている。

 あの後、慌てて帰って来たのだが、既に城の中では私が行方不明と言う事で、兵士が行き交っていて大混乱だった。

「ふぅ、今回はそう言う事に致しましょう。
 しかし、勇者様は人類の希望……どうか勝手な行動は慎まれるようお願いいたします」

「はい……」

 今回はあまり探られていないが、絶対に教皇は私の事を疑っている。
 さすがに、仮にも勇者が魔物と会って友達になった……なんて言えば大問題になるだろう。
 シロにも迷惑がかかるだろうし、それだけは阻止しなければならない。

 朝一の謁見を終わらせた私は、部屋に戻って寝る事にする。今日の訓練は休もうそうしよう。
 ……と思ったのだが、部屋に戻ると天井裏から何者かの気配がする。普段の私では絶対に気づかないけれど、これもいつの間にか手に入れていたスキルの効果だろうか?感知系のスキルには全然見えないけど……。

 とりあえずスキルの把握は置いておいて、問題は天井裏の気配なのだが、十中八九教皇が仕向けた者だろう。

 まあ、そう言う事ならいくらでも見れば良い。
 どうせこの部屋には寝に帰るだけみたいな物だし、見られて困る物があるわけでも無い……。




















 ……実際にはそう甘くは無かった。

 訓練中、自由時間、果てには風呂にも着いてくる。
 さすがに風呂に入る時は気配を感じる天井付近を睨みながら、「出ていって!」と強めの語調で言ったら気配も消えたけど……部屋に戻るとまた天井裏に気配があった。

 さすがにここまでされると多少強引にでも教皇に直談判した方が良いのだろうけど、なんとなくその時の私はそれをするのが躊躇われた。

 その日からはひたすら監視をされる日々。

 けれども私も人である以上、直接的な被害もなく毎日同じように続くと、我慢の限界よりも先に慣れが来る。

 だけど何故か教皇と言うか、この国をあまり好きになれない私は、手の内を見せるつもりが無く、そのせいで新しくスキルを覚えても、監視に見られるわけにはいかない為に一度も使う事の無いまま日々が過ぎていった。

 その間、他の勇者の皆も既に教皇側についているであろう今、あまり皆と話してうっかりスキルやあの日の夜の事がバレてもいけない為、食事等の時間をずらして皆と会わないようにもしていた。
 これらが全て私の勝手な被害妄想で、教皇は本当に良い人だったら良いのだけど、どうしても教皇が信じられない。

 ……最近は勇者全員の実力も上がってきた為か、訓練も兵士の方との試合なんかが取り入れられてきた。 
 このペースでいけば近々、街……聖都の外での実地訓練も本格化してくるだろう。
 その時に、万が一の為にもレベルをできるだけ上げておきたい。それが自分の、ひいては数多くの命を救う為だと信じて。


















 それから数週間が経ったある日、とうとう待ちに待った野外訓練が始まった。

 今日、訓練先として選ばれたのは、街から少し離れた所にある、かなり昔に自然発生したと言われている迷宮。

 所謂"ダンジョン"だ。

 そのダンジョンは、聖王国が所有している幾つかのダンジョンの中でも、とりわけ攻略難易度が低いとされている。

 今回の目的は後日知った事だけど、私達がどれだけ魔物を討伐する事に忌避感を感じないかを見るためのものだ。
 戦闘技術を一通り磨いた私達が次に行うのはレベルを上げる事だけれど、それには魔物を殺さないといけない。耐性が無いと、これからのレベル上げに支障が出る為に、今のうちに個人単位で見ていくと言う事らしい。


 暫くの道のりは金や宝石等が装飾された馬車で、護衛の兵士50人前後が周りを固めての移動だ。
 私は、『乗り物酔いが激しいので、皆に迷惑がかかってしまう』等と適当な事を言って、一人で乗せてもらう事にした。



 他の勇者達は、それぞれ自分のパートナーを連れて馬車に乗り込み、さっさと出発していっている。

 ……まさか仮にも勇者である皆が、この数日でこうもあっさり篭絡されるとは思わなかった。



 とりあえず、私も皆に遅れないように馬車に乗って出発したのだけど……。

「さすがに警戒され過ぎでしょ……はぁ」

 皆が出発した後、残るは私の馬車だけなのに、やたら兵士が残っていたので半数以上は見送りだけだと思っていたのに……まさか全員私の護衛になるとは想像すらしていなかった。

『この人数はさすがに多すぎませんか?』と、兵士の中で一番偉いであろう格好の人に聞いたけど、『最後尾に戦力を集中させる事で、万が一の状況に対応しやすいのです』と、はぐらかされてしまった。
 ……と言うか、護衛の配置の仕方なんて分からないし、正直本気で言っているのか、本当にはぐらかしているのかも分からない。


 そして、こんな状況で出来る事と言ったら考え事くらいで、真っ先に思い浮かぶのがシロの事。

 シロは元気にしてるかな?

 まだスライムの観察でもしてたりして……。

 もしかしたら、歌が好きとか言っていたし、どこかで歌っているかも。シロの歌声は、とても綺麗なんだろうなぁ……。



 ……等々、シロの事で思い耽っている間に、外の太陽はグングン上に上がっていき、早朝に出発した筈なのに、気づいた時には昼に差し掛かっていた。



 ……と言うか今更ながら、私はちょっとシロの事を考え過ぎじゃないだろうか?

 出会って数日しか経っていないし、会ったのも最初の日だけ。
 普通、一度会った人の事で頭がいっぱいになったりはしないと思う。

 ――仲間がいない、一人の状況で出会ったから?

 ――それとも何か、彼女のスキルに魅了系の類があったり?


 コンコンッ

「勇者様。そろそろダンジョンに着きますので、準備を整えておいて下さい」

「っ!?……はい、分かりました。ありがとうございます」

 突然話しかけられて驚いたけど、何の事は無い。私がシロの事で頭がいっぱいになっている間に、もう目的地まで来ていただけだ。

 私は自分の装備と持ち物に不具合が無いか今一度確認しておく。

 だけど、騎士の人達の基準ではもっと早く持ち物の点検をするのが当たり前なんだろう。装備を確認し終えた後は持ち物の確認……と思った時には馬車が既に停止していた。

「ど、道具はポーションとマジックポーション、それに解毒用ポーションに麻痺治しの薬草……こ、これだけあれば今回のダンジョン攻略も大丈夫って言ってたわよね……」

 足りなければ、最悪誰か騎士の人から貰えると思うし、そこまで心配する事は無いんだろうけど、私が勝手に敵対してる今、どんなに些細な事でも借りは作りたく無かった。

 荷物も確認し終えたので、皆に遅れないように私も直ぐに馬車を降りる。
 馬車から降りる為の階段は一段一段が高いので、踏み外さないように下を見ながらしっかりと降りていく。

「―――様、ここが我が国の所有するダンジョンでございます……ふむ、体調は万全なようですな」

 突然、傍にいた兵士の方に体調を心配された。

「え?……えぇ、そうですね。思ったよりも馬車の揺れが少なかったおかげかも」

 そう言えば、乗り物酔いが激しいって設定だったっけ

「ほう、それはなによりです。……では改めて、ここが我が国が所有するダンジョンにして、その名も『悪鬼の洞窟』になります」

 その兵士の声を合図に、近くの兵士が皆、私の邪魔にならないように左右に別れてくれる。

「これが……」

 思わず嘆息を漏らす。

 ダンジョンは名の通り洞窟になっているようだけど、見た目は別に普通の洞窟だ。けど、私が注目したのはそこでは無い。
 このダンジョンは既に最深部まで攻略されており、尚且つ出現する魔物はどれも初心者でも倒せる経験値にも金にも殆どならないモノばかりだ。

 ……それなのにも関わらず、そこには様々な屋台型の商店が建ち並び、また、2、30人もの冒険者がいた。

 一応、事前に講義を受けていたけれど、やはりダンジョンと言うのは魔物自体がどれだけ弱く金にならなくても、色々な利益を産むのだろう。
 国名は知らないけど、とある国ではダンジョンを中心に発展した、所謂『ダンジョン都市』と言う所があるらしい。都市と言いいながらそれ単体で国であるのが不思議だけれど。

「では皆様、私に続いて下さい。早速ダンジョンを探索して行きます」

 兵士の一人の号令で、勇者が全員その人の元に集まっていく。
 ……さすがにパートナーはここに残していくようで、誰もパートナーを連れて集まってきていない。

 一応、私達が勇者である事は周知の事実ではあるけれど、余計な騒ぎを起こさない為にさっさと人にあまり出会わないダンジョン内に潜ろうという算段だろう。

「さあ、―――様も、後にお続き下さい」

 先ほどから傍にいた兵士の人に急かされて、私も勇者達の元に集まる。

「ん……?」

 一瞬、他の勇者達から紫のようなピンクのようなモヤが見えた気がする……。

「皆様、全員揃われたので、早速行きましょう。では、私の後についてきてください」

 もう一度その正体を確認するために皆を見るが、全員歩き出したので、私も後に続く。

「まあ、ダンジョン探索が終わってからで良いか……」



 今はそれよりも、やるべき事がある。

 ――この世界で戦っていく為に必須とも言える、レベル上げに。
 今回は主人公一切出てきてませんが、もう暫く出てきません!

 後、活動報告にも手短に書く予定ですが、作者が大学受験の為にまた暫く投稿できないかもしれません……。
 毎回、それでも見ていただいている読者様には感謝してます!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに

≪お知らせ≫ サブタイトルを変更しました。 ★新:チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに ☆旧:チートあるけどまったり暮らしたい 《転//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全146部分)
  • 1106 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 20:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全182部分)
  • 1314 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 00:00
その最強、神の依頼で異世界へ

ある日櫻井春澄は風呂に入っている途中、突如現れた魔法陣に抵抗虚しく吸い込まれてしまう。異世界への召喚か?と思ったが、召喚側へ行く途中、神に引き止められ依頼を受け//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全48部分)
  • 1066 user
  • 最終掲載日:2017/04/10 03:36
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全382部分)
  • 1056 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 12:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全391部分)
  • 1183 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:16
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全288部分)
  • 1270 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1299部分)
  • 1040 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 00:00
灰色の勇者は人外道を歩み続ける

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 1124 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 00:47
暇人、魔王の姿で異世界へ ~時々チートなぶらり旅~

転職中の暇人が、転職中にも関わらずサービスが終了するからと趣味のオンラインゲームをプレイする。 仲間たちと共に最後の日を満喫した彼が目覚めたのは、ゲーム時代にも//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全306部分)
  • 1089 user
  • 最終掲載日:2017/10/02 00:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全124部分)
  • 1247 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 22:53
聖女の回復魔法がどう見ても俺の劣化版な件について。

 昔、回復魔法を見てすっかり魅了されてしまった俺。しかし教えてもらうには多大な寄付金が必要になる。一般家庭の俺じゃどう背伸びしてもそんな金は出せない。ってことで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部分)
  • 1050 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 19:00
NO FATIGUE 24時間戦える男の転生譚

ゲーセンから出たところで通り魔事件に出くわした主人公は、女子高生を助けようとして通り魔ともみ合いになり、通り魔を刺殺してしまう。主人公はそこに折悪しく現れた警官//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全185部分)
  • 1059 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 06:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 1032 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
巻き込まれて異世界転移する奴は、大抵チート

勇者に巻き込まれて異世界転移… そこは剣と魔術と亜人と奴隷の王道世界! 王女に召喚され、自分たちは魔術を使えると言われるが、喜びもつかの間。魔王を倒し神を復活//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全121部分)
  • 1056 user
  • 最終掲載日:2016/04/26 01:06
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1558部分)
  • 1052 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 18:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 1052 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
コミュ難の俺が、交渉スキルに全振りして転生した結果

 MMORPG「エターナル・マギア」のトッププレイヤーだった森岡弘人は、リアルでは引きこもり歴三年の高校一年生だった。人生の大半を注ぎ込んだゲームで全てを失い、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全104部分)
  • 1028 user
  • 最終掲載日:2017/07/16 00:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全554部分)
  • 1190 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:00
スキルトレーサー

両親が亡くなった4歳の頃から人間国宝の祖父の下で古武術を学び、日本にいながらも戦いや殺す技術を学んだ。 そろそろ高校卒業となったある日、「異世界から無理矢理呼び//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 1186 user
  • 最終掲載日:2016/04/05 08:09
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全820部分)
  • 1007 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 00:00
回復魔法を得た童貞のチーレム異世界転移記

情けは人の為ならず。 その言葉を信じ、人に尽くし利用され続けた30代の男。 人生が終わるその時、彼は異世界に転移する事となった。 彼の希望は、無論女性にモテ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全150部分)
  • 1045 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 04:57
チート魔術で運命をねじ伏せる

 召喚された異世界で、ソージは最強魔術師だった。ゲームの中で開発した魔術理論が、すべて「現実」となっていたからだ。さらにソージはこれから起こる「出来事」を知って//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全160部分)
  • 1070 user
  • 最終掲載日:2017/10/28 18:31
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全128部分)
  • 1062 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 09:02
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全211部分)
  • 1073 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 23:43
異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする

ネトゲーマーの大学生、楓は徹夜でネトゲをプレイし続けた結果、異世界に転移する。チートじみた魔力とスキル群を持って。楓はこの世界で何を思い。何を為すのか。 テン//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 1013 user
  • 最終掲載日:2017/08/04 20:17
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 1016 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 1194 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 15:19
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部分)
  • 1069 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 01:14
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全395部分)
  • 1096 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 11:00
異世界支配のスキルテイカー ~ ゼロから始める奴隷ハーレム ~

 スキルを奪って成り上がれ!!  武術の天才――近衛悠斗が召喚されたのは、奴隷たちが売買される異世界であった。  悠斗はそこで倒した魔物のスキルを奪い取る《能力//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全238部分)
  • 1156 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 02:00
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全477部分)
  • 1213 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 18:00
↑ページトップへ