挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界迷宮で奴隷ハーレムを 作者:蘇我捨恥
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

221/221

牛と馬

前回のあらすじ:ハイヒールブーツに融合するモンスターカードが見つかった
「分かった。二枚とももらうとしよう」

 ルークが提示してきた二枚のモンスターカード、牛のモンスターカードとコボルトのモンスターカードを両方買うことにした。
 お金を払った後、ギルド神殿で種類を確認する。
 本当はいらないのだが、この確認もあまりサボるわけにはいかない。
 今回くらいだと普通の人ならやるだろうし。

 いや。やらないだろうか。
 どうせすぐ使ってしまうのだし。
 普通の基準が分からん。

「ひとつ提案があるのですが」

 モンスターカードの確認を終えると、ルークがなにやらもみ手で近寄ってきた。
 実際にもみ手だったわけではないが。
 表情からはそんな感じ。
 あくどいことを考えていそう。

「なんだ?」
「モンスターカードの融合に成功すれば、それを献上することになるんですよね」
「そうだな」
「でしたら、融合を私ども何人かの商人の前でやられてはいかがでしょう」

 まさかの公開融合の誘いだった。
 そういえば、ロッジにいるセバスチャンも公開で融合するやつもいるくらいだと教えてくれていた。
 やっぱそんな一大事なのか。

「そこまでするほどのことなのか?」
「それはもちろんでございます。そこまですれば、万に一つの問題も生じえないわけですから」

 それにしてはもみ手で寄ってくる理由が分からん。
 素直に尋ねてみるべきか。

「それをやることによってルークにはどのような利得がある?」
「これは手厳しい。なに、たいしたことではございません。人前で融合するといっても、開けっぴろげに喧伝してバカ正直に不特定多数に公開する必要はないのです。たまたまそこにいた何人かに声をかければ、それで十分でしょう」
「たまたまか」
「たまたまです」

 つまり、ルークが知り合いだけに声をかけると。
 ルークにとっては、それで十分に利があるのだろう。
 貴族が探りを入れるはずだとセバスチャンも言っていたし。

 情報を持っている者は強い。
 貴族が情報を得るためルークに頭を下げるまであるかもしれない。
 そこまでではなく、直接の利がなかったとしても、貴族に対して貸し一つとすることができる。
 あるいは、ルークが仲間に対して貸し一つとすることができる。

 いや。もう一つあるな。
 探りを入れてくる貴族は反ハルツ公爵派だ。
 そして、ハルツ公爵からオークションでの仲買を頼まれているルークは、ハルツ公爵派に属する。
 反ハルツ公爵派に流す情報をコントロールしたいということもあるのだろう。

 俺も当然ハルツ公爵派ということになるから、ハルツ公爵派のルークは俺に変なことはできない。
 ルークを信用すれば、だが。
 捨て駒にされる危険はある。
 また、実はルークがすでにハルツ公爵派を裏切って反ハルツ公爵派に寝返っている、という可能性もなきにしもあらず。

 まあそこまでは考えすぎか。
 裏切っていたからどうなるというのも少々想定しにくい。
 モンスターカードの融合を公開するにせよしないにせよ、こっちはセリーにやってもらうよりほかにないわけだし。
 公開融合に反ハルツ公爵派の面々だけを集めて口裏を合わせる、というのも難しいように思う。

 それに、仮にルークが裏切っていてハルツ公爵にまで迷惑がかかるようなことになったとしたら、罪をルークになすりつけることも可能だ。
 ルークの謀反に気づけなかったからと責められることはないだろう。
 あったとしてもそのときはそのときだ。

「モンスターカードの融合を人前でやっても大丈夫か?」
「そうですね。あまり多くなければ問題ありません。失敗してしまうかもしれませんが」

 一応セリーにも確認をとってみるが、大丈夫なようだ。

「もちろんそんな大ごとにするつもりはございません」

 ルークもこういっている。
 エナメルのハイヒールブーツには空きのスキルスロットがあるので、失敗することは多分ない。
 いや、他人が見ていると失敗するとか。

 そのときはそのときか。
 公開で融合して失敗すれば、もう皇帝に献上する必要は金輪際ない。
 セバスチャンもそのときには空きのスキルスロットが五個ついたやつを売ってくれるかもしれない。

 むしろ失敗してくれたほうがいいかもしれない。
 損して得とれというやつだ。
 成功するのが問題になるかもしれないし。

 一回だけなら大丈夫だが、何回も連続で公開してそのたびに成功というのでは目をつけられかねない。
 もっとも、空きのスキルスロットがついてない装備品に融合させれば失敗するはずだから、必要があれば失敗させることもできる。
 提案を断る理由は特にないか。

「そうだな。まあ、大ごとにしないのであれば」
「おおっ。それはそれは。ご英断ありがとうございます。では、声をかけてまいります。ほんの少しの間だけお待ちください」

 ルークは、俺の返事を聞くと、すぐに部屋を飛び出していった。
 急いだのは、こちらの気が変わらないうちに、ということだろうか。
 こういう態度を取られると不安になるな。
 もっと顧客の安心と信頼を重視した営業をしてほしい。

 やっぱり、提案を受けたのはまずかっただろうか。
 何か見落としがなかったかと考えるも、特に思い浮かばない。
 まあいまさらしょうがない。
 ルークがハルツ公爵派から寝返るのでなければ、問題は起こさないだろう。

「うーん。せめて早く終わらせるか。セリー、すぐにでもできるようにしておけ」
「はい」

 ルークから買ったばかりのモンスターカードと、エナメルのハイヒールブーツをアイテムボックスから出して、セリーに渡しておく。
 ルークが誰かを連れ帰ってきたらすぐに終わらせる。
 相手がこちらを確認する前に終わらせる。
 なんだったら、ルークがいない間に融合してしまった、でもいい。

 いや。駄目か。
 ちゃんと融合したという証言を得るために人前で融合しようというのに、席を離した隙に勝手にやってしまってはまずいよな。
 そんなことをする理由がない。

 ここはセリーが、空気を読んで勝手に融合してしまうところではないだろうか。
 それがご主人様に対する忠誠というものだろう。
 セリーが勝手にやってしまったのなら俺は言い訳が利く。
 ま、合理的に考えるセリーがそんなことをするはずもないとはいえ。

「お待たせしました」

 時間切れだ。

「いや」

 待ってないし。

「たまたま近くにいたお二方に声をかけさせていただきました」
「なにやらモンスターカードの融合を公開でやられるとか」
「たまたまそこにいたので、それならば是非拝見させていただこうと参上いたしました」

 ルークと連れられてきた二人の男が部屋に入ってくる。
 笑顔が気持ち悪い。
 たまたまを強調しているあたり、そうではないことを示している。

 自己紹介などはするつもりもないようだ。
 これからするのかもしれないが。
 それも面倒だな。

 さっさと融合してくれと指図しようとセリーを見ると、セリーはすでに準備を終え詠唱を始めていた。
 三人が部屋に入りきったのと同時くらいにスタートしたのだろう。
 セリー、マジ優秀。

「おお」

 ルークが連れてきた男の片方が声を上げる。
 ルークともう一人はそれほど驚いてはいない。
 驚いたほうの男は融合を見るのが初めてだったのだろう。

 ルークは融合を見た経験があるのか。
 お抱えの鍛冶師でもいるのかもしれない。
 それならこっちに何かを頼んでくることもないな。
 いいことだ。

 セリーの手元が光った。
 ゆっくりと消えていく。
 セリーの手に、ハイヒールブーツが残っていた。


駿馬のエナメルハイヒールブーツ 足装備
スキル 移動力増強


 なるほど。移動力を増強するから駿馬か。
 って、牛のモンスターカードを融合したのに馬になってるじゃないか。
 などと思わずノリツッコミをしそうになってしまった。

度度どどのいくさに身を預く、よろう鎧ぞ頼もしき、防具鑑定」

 ルークがなにやらつぶやいている。
 そうなんだよ。
 ルークは防具商人だから防具鑑定が使える。
 防具鑑定が使えないはずの俺がここで装備品の名前に突っ込むことはできない。

「無事成功したな」
「はい」

 しょうがないので成功したことだけを話題にしてセリーをほめた。

「確かに成功したようです。駿馬のエナメルハイヒールブーツで間違いありません」

 というのに、何故かルークが会話に乗ってきた。
 しかも装備品の名前つきで。
 さては誘い受けか。
 乗るしかない、このビックウェーブに。

「牛のモンスターカードなのに駿馬なのか?」
「コボルトのモンスターカードも使いましたので」

 俺の突っ込みに対し、セリーが冷静に突っ込み返してきた。
 なるほど。そういうもんか。
 ん?

 いやいや。
 ラバとかライガーとかレオポンとかじゃあるまいし、馬が牛とコボルトとの雑種ということはないだろう。
 あるいは、シュンメという種の生き物なんだろうか。
 それもないな。

 一瞬説得されそうになってしまった。
 しかしそれはない。
 セリー、恐ろしい子。

「馬だけどな」
「古来より、優れた馬は千里を走るといわれます。移動力を強化する装備品にふさわしい名前といえましょう」
「まあそれはそうだが」

 いかん。
 また説得されそうになった。

「牛はどこへ行ったんだ?」
「古来より、優れた馬は千里を走り、優れた牛は八百里を歩むといいます」
「へえ」

 聞いたことないけどね。
 というか、歩く時点で駄目なんじゃないかという気がするけどね。

「千里の馬は常にあれども、八百里の牛は常にはあらず、ということわざもあります」
「伯楽さんの立場は?」

 伯楽さんが泣いちゃうよ。

「ハクラク? とにかく、八百里の牛はそれほど貴重なのです」

 希少価値があるからいいというものでもあるまい。

「そ、そうか」
「なんにせよ、成功おめでとうございます」
「おめでとうございます」
「おめでとうございます。いいものを見させてもらいました」

 俺たちの攻防とは関係なく、ルークたち三人が祝辞を述べてきた。
 おっと。そうだった。
 本題はこっちだ。
 牛か馬かなどどうでもいいことだった。

 それは馬か鹿かがどうでもいいのと同じくらいどうでもいい。
 そんなのを気にするのは秦の高官くらいなものだろう。
 昔、秦の政治をほしいままにして滅亡への道を突き進んだ趙高は、始皇帝の後の第二代皇帝に珍しい馬を見つけたといって鹿を献上し、あれは鹿だと言った人を反対派として敵視し後に粛清したという。

 そんな卑劣な罠を仕掛けてくるとは。
 セリー、恐ろしい子。
 俺も殺されたくはない。
 ここはルークたちの祝辞に乗っておこう。

「ありがとう」
「今回融合に成功したことは、我々二人がきっちり証人とならせていただきます」
「ああ。頼む」

 そういえばそんな話だった。

「はい。おまかせください」
「それでは失礼いたします」

 二人は頭を下げすぐに会議室を出て行った。
 結構あっさりと。
 この機会に顔をつないでおこうとか、鍛冶師を引き抜こうとか、皇帝との関係を探り出そうとかいうつもりは全然ないようだ。

 まあ、ルークが用意した人員だしな。
 変なことをすればルークが困る。
 説明も多分ルークがしてあるのだろう。

「世話になったな」
「いえいえ。たいしたことはしておりません」

 ルークがたいしたことをしているのか、していないのか。
 俺からは何も見えないのが問題だ。
 まあ、影でこそこそ動いていたとしても、変なことにはならないだろう。
 何かことが起こったら、あいつは裏切りましたとハルツ公爵に申し立てればいい。

 そうしよう、そうしよう。
 早速今からでも行きたい気分だ。
 変なことは起こっていないが。

「では」

 ルークとはすぐに別れて、俺も部屋を出る。
 この後、ルークは多分さっきの二人と合流してあくどい会議だろう。
 だとしたらすぐに別れないほうがよかったかもしれないが、もうここまできたらどうでもいいやね。
 なるようにしかならん。

 俺はこの後迷宮に入って実力をつけておけばいい。
 力さえつけばどうにでもなる。
 この後といえば、そういえばできた装備品を皇帝に献上するのはどうやるのか。
 ロッジに行って聞いてみる必要もあるだろう。
本日『異世界迷宮でハーレムを8』が発売になりました。
私の大好きなベスタさんが登場する巻です。よろしくお願いします。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部分)
  • 26129 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 18:43
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 44750 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部分)
  • 26509 user
  • 最終掲載日:2018/02/01 04:25
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 41813 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1394部分)
  • 26897 user
  • 最終掲載日:2018/02/25 00:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全137部分)
  • 28544 user
  • 最終掲載日:2018/02/12 04:07
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全866部分)
  • 31769 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 10:00
異世界はスマートフォンとともに。

 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第二の人生をスタートさせる。彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全462部分)
  • 26284 user
  • 最終掲載日:2018/02/14 22:33
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全393部分)
  • 31039 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 12:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全306部分)
  • 44784 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 18:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全138部分)
  • 25502 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 12:16
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全363部分)
  • 25832 user
  • 最終掲載日:2018/01/07 20:00
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで、漫画版連載中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部分)
  • 33370 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 21:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 26974 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 00:01
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全537部分)
  • 31842 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 23:34
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全229部分)
  • 28861 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 07:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全127部分)
  • 30896 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 03:49
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全824部分)
  • 31107 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 00:00
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 28789 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1803部分)
  • 26715 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 13:23
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全444部分)
  • 32440 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 01:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全267部分)
  • 25611 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 00:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1652部分)
  • 30180 user
  • 最終掲載日:2018/02/24 18:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻+EX巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全567部分)
  • 48311 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 18:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部分)
  • 29212 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 00:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 39012 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 27153 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全405部分)
  • 36547 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 23:00
↑ページトップへ