挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

天使と悪魔

「この物語の主人公は誰なのだろうか? 悪魔、天使、権力者、芸術家、それとも普通の人間なのか。これがサバイバルなら、生き残るには主人公になるしかない。ある者は神に選ばれる事を望み、ある者は神を制する事を意図する。途方もなく狭い世界の一角で、囁かれる名前はただ一人」



 スペイン、バルセロナ。高層ビルやホテルの立ち並ぶ都心から少し離れると、歴史ある家屋や教会などがある旧市街に出る。大通りから一本、二本と裏道に入っていくと住宅街が並び、その一角に古く小さなアトリエが建っていた。とたん屋根は所々へこみ、紅色に塗られた外壁は色あせて、部分的にその色彩を留めているだけであった。
 めったに人の出入りが無いこの家から人の話し声がした。壁が薄い分、小さな声で話しても外に筒抜けだった。ただ、この周りは人通りが極端に少なく、会話の内容が外にまで漏れたところで聞く者は誰もいなかった。
「相変わらずの生活だな」
低く重たい声が部屋の中を伝った。
「珍しいですね。あなたがここに来るなんて」
 ここのアトリエの主、名前をラファエロと言う。暗めの茶色い髪の毛は肩まで伸び、顎から頬まで髭で真っ黒だった。中には描きかけの絵が至る所に置いてあった。乱雑に、無造作に。
「どうせ君は来いと言っても来ないだろう。世捨て人に腰を上げさせるのは容易でないからな」
 低い声の持ち主は随分と高齢な人物だった。部屋の電気は付いておらず、部屋に一か所しかない窓から唯一の光が入ってくる。老人はその光をよけるようにして、近くに置いてあった椅子に手を伸した。
「私は世捨て人ではありませんよ。あなたほど積極的に社会に関わっているわけではないですが」
 ラファエロはキャンバスに向かい合ったまま、老人の相手をした。左手に鉛筆を持ち、デッサンを描き上げるほうに集中しているようだ。
「それを聞いて安心したよ。『バルセロナの壊し屋』はようやく隠遁生活を抜け出す気になったらしい」
「隠遁生活に入った覚えはありませんけどね」
 老人はスーツの胸ポケットから一枚の写真を取り出すと、ラファエロのほうへ手渡した。右手でそれを受け取りその写真に軽く目をやるや否や、彼の鉛筆が止まった。その写真にはサングラスをかけた一人の青年が写っていた。
「これをどこで?」
 表情は先ほどまでと同様に落ち着いていた。だが、声のトーンが明らかに上がっていた。
「それは重要ではない。それより、君は彼とはどういった関係なんだね?」
「いえ、私の質問に答えてください。この写真はどうやって手に入れたのですか?」
 老人は椅子から立ち上がると、胸ポケットからもう一枚写真を出し、ラファエロに渡した。
「サラマンカ大学ですか。ここで彼を撮ったと」
「そういう事だ。最も、彼がこの大学に通っているのかまでは知らないが」
 サラマンカ大学はスペイン最古の大学で、学問の水準も最高峰にある。歴史、芸術の分野が特に盛んで、数多くの偉人を輩出している。
「それで、誰がこの写真を撮ったのですか?」
雲が太陽を覆い、窓から差し込む日差しが少し弱まった。部屋はさらに暗がりになり、お互いの顔がやっと見えるくらいだった。
「君は人にとっての最大の恐怖は何だと思う?」
ラファエロは鉛筆をキャンバスに置き、立ち上がった。そして窓のほうまで歩くと、カーテンを閉めた。辺りを闇と静寂が支配した。まるで小さな宇宙に閉じ込められたように、閉塞感が部屋一帯を漂よった。
「これですか? 闇と静寂。人が根源的に恐怖するもの」
 静寂を破ったその一言に老人は頷いた。
「人は“無”にこそ本当の恐怖を覚える。自分自身の存在を見失ってしまうからだ。闇から逃れるために人は火を灯し、静寂を免れるために集団で生活する事を選択する。それに比べれば、その他の恐怖などは取るに足りん」
 ラファエロは先ほど渡された青年の写真に目をやった。カーテンの隙間から、こぼれるように入ってくる僅かな光が写真を照らした。
「だがもし、暗闇にも静寂にも耐性を持ち、恐怖を操る事の出来る人間がいたとしたら、人々はその者にひれ伏すだろうか?」
「『だれがこの獣に匹敵するだろうか、だれがこの獣と戦うことが出来るだろうか』。怪物のような存在を目の前にした時、大半の人は恐怖に支配され、考える事を止めてただ服従しようとします」
 ラファエロはヨハネの黙示録の一節を引用した。恐怖は人を飲み込む。思考が中断させられ、意のままに躍らせられてしまう。
「恐怖を超越した人間。悪魔に魂を売り渡したのか、それとも人間の魂を持った悪魔なのか。いずれにせよ、そのうち私の目の前に現れる事になる」
「その前に彼の事を知っておきたいという事ですか」
 老人は椅子を元の位置に戻すと、玄関のほうへ歩いて行った。
「日を改める事にするよ。遅かれ早かれ分かる事だ。それが次来た時になる事を望むよ」 
 ドアを開けると、一瞬にして部屋の中が明るくなった。老人は思わず手で日差しをさえぎった。
「怪物に手綱をかける事は出来ませんよ」
そう言うとラファエロは玄関まで行き、老人を見送った。
「問題はない。手懐けられないなら、殺してしまうまでだ」
 老人が出て行くと、ドアは閉まり、再び部屋の中に暗闇が戻った。ラファエロは青年の写真を手にし、隣にいても聞こえないくらいの小さな声で呟いた。
「サラマンカか……」

感想お願いします!!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ