挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント- 作者:ネコ光一

一章 誕生

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/179

プロローグ

初めての投稿です。
温い目でお読みください。
「――……が――……――とう……応答しろ!」


 某国、大陸の中心を担うと言われる、高層セントラルビル社長室。

 普段なら大理石の床と高価な装飾で彩られた部屋だが、今は直視するのも憚られる惨状と化していた。

 爆弾や銃弾によって砕けた壁と床に、もはやガラクタとなった装飾品。

 そして無数に転がる――――死体。

 その全ての死体からは血が流れ、誰が見ても生存は絶望的である。

 否、一つだけ動く姿があった。

 全身を覆うタイツのような防護服を着込んだ一人の男である。

 男はうつ伏せから起き上がろうとするが、体を支えきれず何度も倒れる。

 立ち上がるのを諦めた男は、這い蹲って進み、近くの壁に背中を預けて一息ついた。

 そして耳に取り付けた、イヤホン型通信機のスイッチを入れた。

「……はいよ、こちら……コード・アクセル」
『無事か!? 状況を報告しろ!』

 無数に転がる死体の中、一つだけ明らかに高級そうな服を着た死体がある。

 額だけではなく身体中に無数の弾痕が付けられ、爆弾の余波によって原型も多少崩れているそれは、このビルのオーナーであり、また男の目標であった。

「目標は……始末した。後は……ごほっ、後始末……かな?」
『待て! それは最後の手段だろう。早く脱出しろ!』
「は、はは……そりゃ無理だ」

 男は自分の体を見る。

 腹部に数発の銃跡に、膝から下が失われた左足。

 左手の感覚もほぼ無く、言葉を発するのでさえ苦痛な体は、満身創痍を見事に体現していた。

 唯一動く右手で、ポケットから小さな端末機を取り出し、安全装置を解除する。

 それは爆薬の起爆装置である。

 計算され、無数に仕掛けられた爆弾は、起動すれば確実にビルを倒壊させるだろう。

 ここで動けない男も巻き添えに。

『諦めるな! すぐに迎えを送る! おい、ヘリの用意は済んだか! 許可? 後にしろ!」

 無線の向こう側が騒がしくなる。

 男の相棒が必死になって指示を飛ばしているようだが、時間はもう残されていない。

 止めさせようと口を開いた瞬間、無線の向こうで扉を抉じ開ける音が響いた。

『『『先生――――っ!!』』』

 聞こえたのは男の弟子達の声だ。

 慌しい物音の中、五人の男女がマイク前を陣取るような音が聞こえ、弟子達の叫びが聞こえてきた。

『先生、諦めないでください!』
『俺達がすぐ迎えに行くから、待っててくれよ!』
『私達まだ教わりたい事が沢山あるんだから!』
『約束……したじゃないか』
『先生! 先生……お、おとぉ……さん! お父さーん!』

 作戦前にこうなる可能性もあると納得させた筈なのだが、弟子達は耐え切れなかったようだ。

 まだまだ精神が未熟だと心配になってくるが、ぶつけてくる愛情に嬉しさも感じる。

 力を振り絞り、男は号令を放つ。

「整列っ!」
『『『っ!? はい!』』』

 教育の賜物か、取り乱していた弟子達は一糸乱れぬ返事をした。

「俺が言いたい事は……わかってる……な?」
『『『歩みを止めるな、です!』』』
「なら……いい。お前達なら……大丈夫だ。自信を持って……生きろ」
『『『……はい!』』』

 弟子達は必死に涙を堪えているようだが、聞こえてくるのはどう見ても涙声で、彼等は今頃滂沱の如く涙を流しているだろう。

「ふっ……すまんな、弟子達が」
『いや……問題ない。彼等には当然の権利だ』
「そうか」
『もう……無理なのか?』
「こうなるって……わかってた……だろ?」
『……ああ』

 悩み、葛藤を必死に押し殺してようやく漏れた声だった。

「俺が残した……ものは……ある。笑って……逝けるさ」
『……後は全て任せておけ』
「頼んだ。お前と……一緒で……楽しかっ……た」
『私の台詞だ』

 男は血を失いすぎて、目も見えなくなって意識もぼんやりとしていた。

 結果はどうあれ、作戦は成功した。

 託すものは全て託した。

 だが最後の仕事が残っている。

 残された力で男はスイッチを入れた。

 微かに響く破砕音。

 それは徐々に大きくなり、遂に男の天井へと到達した。

 崩れ落ちてくる瓦礫を、男は肌で感じつつ受け入れた。


 そして男は……

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ