挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

短編集

この紙袋いっぱいの愛を

作者:譜楽士
 バレンタインになると、いつも思い出すことがある。

 小学生のときに、クラスで一番チョコをもらっていた彼。

 彼は、元気だろうか。


 ◇◆◇


 私が小学校のとき、マラソン大会でずっと一番だった彼はいつも、ものすごい数のチョコレートをもらっていた。

 四年生のときは、ついに紙袋を持ってきた。
 親に持たされたのか自分で持ってきたのはわからないが、結構大きな紙袋、それを見たときはさすがに私も「うわぁ。」と思ったものだ。

 子どもは正直だ。

 かけっこが速いから。
 他の子よりもたくさんもらっているから。

 それがモテる理由になる。

 子どもらしくて微笑ましい――かどうかはともかくとして。

 とにかく彼は、その紙袋に足るくらいのチョコをもらっていた。

 それは彼の才能でもらったチョコかもしれない。
 あるいは、彼の努力で勝ち得たチョコかもしれない。

 どちらかはわからないが、彼はやはり五年生でもマラソン大会で一番になった。

 だから来年も彼は紙袋を持ってくるのだろう。
 そう思った。


 しかし、その予想は思いもよらない形で覆されることになる。

 五年生の最後の頃、転校生がやってきた。

 彼もまた、足が速かった。
 六年生のマラソン大会では、一番にはなれなかったが、二番になった。

 その後のバレンタインは、すごいことになった。

 一番になった彼のチョコの半分が、二番の彼に移った。

 一番の彼はその年も紙袋を持ってきたが、それはいっぱいにはならなかった。

 いっぱいにならなかった紙袋を提げて、一番の彼は学校から帰っていった。

 子どもは正直だ。

 かけっこが速いから。
 まだまだ知らないことの多い、外から来た転校生だから。

 それがモテる理由になる。

 彼は努力したのかもしれない。
 はたまた、才能だったかもしれない。

 子どもだから、そういったもので大きく左右されるのだろう。

 けれど結局、それは大人でも似たようなものだろうと思う。


 中学にあがるとき、その二人は別の学校に行ったが。

 その後の話は、二人とも聞かない。


 では、あの紙袋はどうなったのだろうか。
 それは、私にはわからないが――。


 ◇◆◇


 バレンタインになると、いつも思い出すことがある。

 甘い匂いに、きらびやかな包装。
 子どもも大人もひがんだり、笑ったり、もらったもらわないで様々な感情がうずまくその日に。

 紙袋を見つけると、ふとその記憶がよみがえる。


 小学生のときに、クラスで一番チョコをもらっていた彼。

 彼は元気だろうか、と。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ