挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
汐坊の『哉カナ』  作者:カレーライスと福神漬(ふくじんづけ)
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

93/94

決意表明


「やっほ━ 主任しゅにん
ひさしぶり。
すこ━しせたみたい。
でも、元気げんきそ━う。
よかった!」

「おかえりなさい。
ぼくは主任しゅにん無実むじつしんじていました」
 サユリと南平なんぺいは、
 うれしそうにむかえた。

 りょうがホテルにもどってきた。
 事件じけんがどうころがり、
 決着けっちゃくしたのか、からないままに釈放しゃくほうされた。

 釈放しゃくほうあと
 ホテルには直帰ちょっきせずに、サウナにった。
 あせ一緒いっしょいやおもながしてきたのだ。
 のぞんでいたなまビールのあじ・・
 復活ふっかつし、
 にした自由じゆうには・・
 格別かくべつおもいがあった。

 おわりをかさねるうちにいがまわり、
 意識いしきえ・・ねむりこんでしまった。

「どうも、
迷惑めいわくをおかけしました」
 りょうは、
 オーナーにあたまげる。

 オーナーは、
 息子むすこかた何度なんどたたき、
 うなずいてみせた。

 ビジネスホテル『設楽しがらき』の二階にかいにある喫茶室きっさしつには、
 オーナー夫妻(ふさい)
 サユリと南平なんぺい
 担当たんとう弁護士べんごし
 興梠こおろぎ警部けいぶ
 そして・・
 パイプをくゆらせている里見さとみかおをそろえていた。

 設楽したら りょうの、
 復帰ふっきいわいのせきである。

 テーブルには、ご馳走ちそうがふんだんにならんでいる。
 給仕役きゅうしやくは・・阿久津あくつさん(みの女性じょせい)。

 フロントには、協会きょうかいからんだヘルプがついていた。

 準備じゅんび 万端ばんたん

 喫茶室きっさしつないながれているおとに、りょうみみが、反応はんのうした。

 しおりぼうこえだった!
 ひどくなつかしい!

 オープニングトークの最中さいちゅうだった。
 彼女かのじょこえには、いつになく、気迫きはくがこもっていた。

 南平なんぺいかせ、
 喫茶室きっさしつまでラインをいて、
 『radikoラジコ』の音声おんせいながしたのである。

 オーナーが音頭おんどをとり、全員ぜんいん、ビールで乾杯かんぱいした。

今度こんど事件じけんは、
弁護士べんごし先生せんせいと、
こちらの興梠こおろぎ警部けいぶ
里見さとみさんの尽力じんりょくにより、
無事ぶじ解決かいけつしたのだ。
しっかりおれいいなさい」
 オーナーは、
 戸惑とまど気味ぎみりょうに、
 注意ちゅういをうながした。

「いや、いや、とんでもない。
わたし弁護士べんごしという職業しょくぎょう枠内わくないで、
仕事しごとをしたにぎません。
今回こんかい錯綜さくそうした事件じけん解明かいめいできたのは、
里見さとみさんのちからによるところがだいです。
名誉めいよは、かれせられるべきでしょう。
かつての裁判さいばん記録きろくを、
時間じかんゆるかぎ調しらべてみましたが、
まったく類例るいれいのないケースだ。
常識じょうしきわく逸脱いつだつしています。
ことに予備校よびこうせい 殺害(さつがい)事件じけんほうは!」

 弁護士べんごし恐縮きょうしゅくしつつも、
 フェアに事実じじつべた。

「ワタシも弁護士べんごしさんに同意どういデス。
里見さとみさん、
アナタはスゴうでだ。
おそれりました」

 興梠こおろぎ警部けいぶは、
 日本酒にほんしゅをコロコロやり、
 青い目(ブルーアイ)に、
 くやしさと羨望せんぼうをにじませた。

 サユリが、
 里見さとみのグラスにブランデーをそそいだ。

 出席者しゅっせきしゃ一同いちどう視線しせんが、里見さとみあつまる。
 探偵たんていはブランデーをめ、
 がると、
 おもむろにくちひらいた。

「まずは、
今回こんかいふたつの事件じけん着手ちゃくしゅする機会きかいを、
あたえて下さった依頼人クライアント笹森ささもりしおりさんに、
感謝かんしゃひょうしたい」
それから主賓しゅひんかおける。
りょうくん、
きみの人柄ひとがらのなせるわざとはいえ、
ラッキーマンだな」

 りょうは、
 感慨かんがい ぶかげに・・うなずいた。


 □ □ □ □

 フリートークで、
 しおりは、
 ちをつちかくさずにかたった。

「わたしは・・父親ちちおやかおを・・
 ただの一度いちどたことがありません!
 おさないころはいたくてしょうがなかった・・
 でも、いまはちがいます!
 おかあさんは、
 父親ちちおや役割やくわり同時どうじたしてくれた・・
 さびしくなんかない!

 ゆたかとはいえなかった子供こども時代じだい
 数年すうねんにわたって母親ははおやと、
 ホテルのシングルルームに滞在たいざいしていました。
 しかし・・
 週刊誌しゅうかんしやワイドショーのながすような、
 おなみだ 頂戴ちょうだいてき不幸ふこうは・・なかった。
 あれはフィクションもいいとこ!

 統計とうけいでもしめされているとおり、
 幸福度こうふくど経済的けいざいてき余裕よゆうは、
 かならずしもイコールではないのでは?

 子供こどもって、
 よわ部分ぶぶんもあるけれど、
 意外いがいとたくましいんじゃないカナ?
 なんてったって・・
 成長期せいちょうきのエネルギーという、
 かけがえのないアイテムをっているのだから。

 ビジネス・ホテルらしの経験けいけんが、
 現在げんざいのDJという仕事しごと基盤きばんつきってくれた。
 重要じゅうような《なにかが》蓄積ちくせきされていった期間きかんでした。
 いま、ハッキリそうおもいます!

 母親ははおや仕事しごとについては・・
 美味おいしい「おでん」を提供ていきょうしていた・・あのころ
 おかあさんの屋台やたいで「おでん」をべたおきゃくさんは、
 しあわものよ!
 (ほこりをってかたった)」

 13分経過(けいか)

「もううたがいはれたましたけど、
 誤認ごにん逮捕たいほされた人物じんぶつとは、
 したしい関係かんけいにあります。
 この世界せかいはいるきっかけをつくってくれた恩人おんじんでもあります。

 ((ボイス)に、よりいっそうチカラをこめる)
 子供こども 時代じだいからあこがれ、
 一貫いっかんして恋心こいごころいだつづけているの、わたし
 今度こんど一件いっけんで、
 謹慎きんしん 処分しょぶん期間きかんて、
 その気持きもちちは、よりいっそう、つよくなりました。

 (゜-Å)
 残念ざんねんなことに・・
 かたおもい・・ だけど・・ 」

 ここで
 しおりは、
 ・・かんきわまった。

 ジャスト15分。

 □ □ □ □


 乙骨おっこつPのサングラスがズリちた。

 ふく調ちょうの、
 ディレクターやスタッフもあわてふためいている。

 DJ汐坊(しおりぼう)が、
 放送ほうそう 台本だいほんから脱線だっせんしてしまうのは毎度まいどのこととはいえ、
 (そのほう面白おもしろくなるのだ)
 まさか熱愛ねつあい 宣言せんげん?が、
 すとはおもわなかった。

 Gスタがどっといた!
 オンエアをいていた、
 スタンバイちゅうのドラマの共演者キャストたちから歓声かんせいがった。
 ガッツポーズ!
 拍手はくしゅ口笛くちぶえ
 あしらすもの・・さまざまだ。


 同時刻どうじこく
 『設楽しがらき』の喫茶室きっさしつからも歓声かんせいがった。

「ひょー!」

「このしあわもの!」
 主任しゅにんをヒジでつつく・・サユリ。

「しっかりけ止めて上げなきゃあ、
おとこじゃない!」
 主任しゅにんのハートめがけ、
 (ゆび使つかって)エア・ピストル。
 トリガーをく・・南平なんぺい

 おくさんはとし甲斐がいもなくストレートによろびを表現ひょうげん
 旦那だんなにひしときついた。
「これこれ。
みっともないから、よしなさい」
 オーナーはそううや、
 あたまかかえてしまった。


「ご苦労くろうさん。
じょう出来できだ!」
 しおりかたて、
 ねぎらいの言葉ことばをかける乙骨おっこつP。

 スタッフのあたたかかい拍手はくしゅつつまれ、
 ハンカチでなみだをぬぐう・・しおり


 もう一人ひとり
 あふまらないなみだを、
 ぬぐっている人物じんぶつがいた。

 京都きょうと老舗しにせ 旅館りょかん一室いっしつで、
 スマートフォンのかれた小机こづくえまえに、
 正座せいざしている和服わふく姿すがたわか女将おかみ・・
 中邑なかむら 冴子さえこが、
 DJアイドルにエールをおくりながら、
 真剣しんけんにオンエアをいていた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ