挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

昆虫戦士コンチュウジャー

作者:モラル(劇団犬と串)
<あらすじ>
2XXX年。
恐怖の軍団・爬虫類帝国の襲来によって、地球は未曽有のピンチを迎えていた。人類の未来は、科学技術で人間に昆虫の能力を与えるプロジェクト、「昆虫戦士コンチュウジャー計画」に託されることとなる。コンチュウジャーに選ばれた五人の若者は、完全なる昆虫パワーを得るべく蛹(さなぎ)の状態となり、眠りにつく。次に目覚めた時は、爬虫類帝国と全面的に戦うと心に決めて…。

それから、長い長い時間が流れる。ようやく目覚める若者達。しかし、何かがおかしい。一人だけ、中年男性が混ざっている。彼のモチーフとなった昆虫は「トンボ」。そう、トンボは不完全変態。
一人だけ蛹になることなく、長い時間の中で、普通に歳をとってしまったのだった…!

正義感に燃える若者達は、疲れ切った中年戦士と共に戦えるのか!?
「空白の時間」に、一体地球では何が起こっていたのか!?
そして、人類と爬虫類帝国との戦いは、決着するのか!?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ