挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
書き出し祭り! 第二会場!! 作者:肥前文俊
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/33

ヴァンパイア・クロニクル・オンライン

 わたしの名前は柿原 真紀。22歳、職業VRデザイナー。
 趣味はフルダイブVRを楽しむこと。根っからのVR人生を歩んでいる。

 2072年の今だから生きているけど、数十年前ならもっと前に死んでいたくらいの難病持ちです。子どもの時から病棟から出られず、今でも生活には大きな制約がついて回る。
 幸運だったのは、VRをやるには支障がない疾患だったことかな。
 首から上はちゃんと動くのに、お腹の内臓が弱かった。

 そんなわたしに、両親は本当に小さいころからVRに触れさせてくれた。
 外には出られないわたしには、何よりのプレゼントだった。
 VRは外界への扉になった。はまった、はまりまくった。

 治療生活は楽しいものではなかったけれど、生きる気力を失わなかったのは間違いなくVRのおかげだ。
 窓から見るだけの変わり映えしない景色も、ダイブすれば一瞬で切り替わる。

 現実では海にも山にも行けないわたしには、なくてはならない娯楽だ。
 13歳くらいからちょくちょくとVRそのものを作ることもしてきた。
 15歳で味覚再現プログラムを駆使して作った「オリジナル紅茶」。
 これは賞も貰ってとても評価された。

 職業としてVRに関われる第一歩、万歳して叫びまくるほど嬉しかった。
 後で興奮しすぎ、と主治医の先生から怒られたけど。

 それから趣味で片っ端からフルダイブVRを楽しみつつ、VRデザイナーとしても暮らしている。今も、これからも、たぶんわたしはそうやって生きていくのだ。

 殺風景な会議室のVR空間で、わたしは女性と向かい合っていた。
 いや、正確には違う。巨大な人サイズの可愛いペンギンさんだ。
 デフォルメされたデザインに、もふもふな毛並みが素晴らしい。

 同じVRデザイザーで友人のリンナさんのアバターである。
 自作のアバターを使い倒すのは、VRデザイナーでは当たり前のことだ。
 わたしのアバターも自作で、巨大なコーヒーの缶だ。
 そう、腕も脚もなく巨大な缶がテーブルの前にある。

 傍から見ればペンギンと缶が向き合うシュールな図だけれど、仕方ない。
 わたしの直前の仕事がコーヒーの味覚再現プログラムであり、宣伝も兼ねて商品の缶をアバターにしているのだ。

 技術交換みたいなのが終わり、雑談に入るとリンナさんはもふりと身を乗り出した。
 聞き慣れたハスキーボイスが耳に気持ちいい。

「ところで真紀さん、ヴァンパイア・クロニクル・オンラインって知ってます?」

「もちろんです! すごい話題ですよねー。フルムーン社のCEOが社運賭けましたって言い切ったんですよね? フルダイブ型VTMMO、月額定額課金のみ……宣伝も力を入れてますし」

 フルムーン社はフルダイブVRのトップ企業だ。時価総額は約50兆円、世界で10本指に入る規模の大企業であり、知らない人なんていない。
 そのフルムーン社が送り出す、超大型フルダイブVRMMOがヴァンパイア・クロニクル・オンライン――通称VCだ。最先端の技術を詰め込み、世界記録をいくつも塗り替えると噂されている。

 題材は名前の通り、吸血鬼。
 ニューヨークをモデルにした大都市で、吸血鬼に生まれ変わって生きていくという内容らしい。さらにVCでは「闇の世界」という中世ファンタジー風のより小規模なエリアも用意されているという。

「私はとりあえずやるのが信条なので、参加しますが――真紀さんはMMOゲームはやらないのでしたっけ」

 リンナさんが残念そうに言う。わたしが趣味で楽しむVRは、オフネット型がほとんどだ。
 だけどわたしは軽く身体を揺らして、否定した。

「普通ならそうなんですけどね……今回はやってみようかなぁ、と」

「ほう? それはまたどうして?」

「んー……味覚再現もすごいらしいですし。さすがに体験しておくべきかって思いました」

 本当の理由は別のところにある。
 フルムーン社から依頼があって、わたしはVCにVRプログラムを納入したのだ。
 実際の出来栄えを体験したい!
 とは、守秘義務契約があるので言えない。賠償金で死んじゃう!

「私はサービス開始から速攻やるので、もしかしたら会うこともあるかもしれませんね」

「わたし、MMOとか初めてですよぅ。仮に会っても手加減してくださいね?」

「あははは、広い世界で会えたら善処しましょう」

 その後も新作VRの情報交換で結構な時間が経ってしまった。
 個人的に興味を引かれたのはティラノサウルス育成VRだ。
 いよいよ古代生物をVRで楽しむ時代が近付いている。

「あ、そろそろ寝ないと……明日は検査日なので」

「あれ、もうそんな時間ですか。おやすみなさい、真紀さん」

「おやすみですー」

 画面を閉じて、ヘッドギアの形をしたVRギアを取り外す。
 医療機器を差し引いても一人暮らしには十分過ぎるほど広い。
 手早く寝る準備を整えて、わたしはベッドに入る。

「ヴァンパイアかぁ……」

 ヴァンパイアを題材にしたエンタメは古今東西で人気がある。
 確か、サービス開始は2ヶ月後だ。
 きっとフルムーン社のことだから桁外れなんだろうな。

 楽しみがあることはいいことなのだ、うん。
 自分の仕事の成果も見てみたいし。
 そんなことを考えながら、わたしは眠りにつくのであった。



 2か月後、いよいよVCの世界同時サービス開始日になった。
 最新型のVRギア、ふかふかのベッドと準備は完璧だ。

「さて……どんなものかな?」

 まだ始まっていないのに、うきうきしてしまう。
 VR大好き人間の心が躍りまくっている。

 新作のプレイはまさに、新天地を見つけに行く開拓者だ。
 そろそろ時間になる。もう公式サイトに接続してスタンバイできている。
 真っ黒な背景の中に赤いカウントダウンがあるのだ。
 もう10秒もない。開始直前の緊張感がわたしを包んでいる。

 5、4、3、2,1。スタート!

 画面が切り替わる。
 始まったのだ――ヴァンパイア・クロニクル・オンライン!

 目を開けて身体を起こすと、わたしは棺桶の中にいた。
 内部は赤いクッションで割と気持ちいい。棺桶のサイズはぴったりだ。

 腕を伸ばしてみる。うむ? ちょっと長い。
 目線を下げると、現実よりもふくよかな胸と黒いワンピースが目に入る。
 もうアバターができていた。あれ、早くない!?

「そうだ、潜在意識からアバターを生むんだった……」

 VCでは初期アバターはプレイヤーの潜在意識から自動的に決まる。
 ごく最近の技術だけれど、きっちりVCは取り入れていた。

 普通ならアバターを運営の側で決められるのは反発があるかもしれないけれど、事前にゲーム内でアバターは変化できるよ、と告知されている。
 そりゃヴァンパイアだからね! 人間じゃないからね!

 見回してみると、どうやらここは廃ビルの中みたいだ。少し埃っぽい。
 コンクリートの味気ないフロアに棺桶が置いてある。

 明かりもなく暗いはずなのに、不思議とはっきり建物の中も外も昼間みたいに見えている。
 あ、ヴァンパイアだから当然か。闇夜を見通せないと話にならない。
 割れかけた窓ガラスからは、くっきりと星空が映っている。

 立ち上がりくるくると身体を眺めれば、フルムーン社の本気度を感じ取れる。
 一切の妥協がないモデリング。爪先も肌のしわも指紋さえも完璧に作っている――わたしの見る限りでは。
 動作の追従性も半端ない。スポーツ系VRでもここまでのはなかった。思考と身体の同一に全くラグがないどころか、現実よりも身体が遥かに軽く感じる。

 ああ、人間じゃないからか。人間を超えた存在、それがヴァンパイアだ。
 肉体的に人間より優れているのが忠実に再現されている。

 すっと窓ガラスに向かって歩くと、滑るように驚くほどの速さで移動できる。
 面白い、なんだこれ!?

 音もなく闇の中を飛び跳ねてみる。
 肉と骨、神経の限界を超えてあっちこっちに動き回れる。
 埃も舞い上がらず、身体だけが異様に動く。

 最近やったオリンピック選手体験VRとは異質に、自分の動作が楽しい。
 いままで人類の誰も体験したことのない反応性だろう。
 すごい、たった数分でわたしは大興奮だ。

 その時、わたしは背後に気配を感じた。

「目覚めたようですね……気分はどうですか?」

 振り向くと、金髪の少女がいた。
 さらさらと腰までのストレートな銀髪、清楚な服装、お人形さんみたいに整ったかわいい顔立ち、年齢は中学生くらいだろうだ。
 瞳がらんらんと紅く輝いている。直感する――彼女はヴァンパイアだ。

「すごくいい気分です」

「そう、良かった……私の名前はシャル。ええとあなたは――名前を教えてくれますか?」

 これ、プレイヤー名決定の場面だ。
 答えた名前が登録されるに違いない。

 彼女はきっとチュートリアルキャラクターなのだ。
 わぉ、凝ってるなぁ。

 この後は先輩ヴァンパイアに、この都市の生き方をレクチャーされるんだ。
 考えを巡らせていると、シャルがじっとわたしを眺めていた。

 おっと、ちゃんと答えないと進まないや。
 名前はどうしようかな? マキにしたいけれど、さすがにまずいだろうな。
 何であれ名前の登録では、わたしはあまり実名から変えたくない派なのだ。
 でも仕方ない。ちょっとだけ変えよう。

「マイ……わたしはマイっていいます」
人気作品投票フォームです。 気に入った作品をぜひ投票ください! 投票先にジャンプ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ