挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

犯人に告ぐ!

作者:
 山本太郎! 今すぐ武器を捨てて出てきなさい!
 今ならまだ間に合う! 田舎でお母さんが悲しんでいるぞ!
 今のオマエのその姿を見たら、お母さんはどんなに悲しむと思っているんだ!
 武器を捨てて出てくるのなら悪いようにはしない。だから人質を解放して出て来るんだ!

 あぶなっ、落ち着くんだ! 銃を撃っても何の解決にもならない! 
 これ以上罪を重ねてどうするんだ! おとなしく投降すれば悪いようにはしない、だから

 だから撃つなって! あたったらどうするんだ!
 ……何?……そうか。
 山本太郎! おまえのお母さんがここに来てくれた! 今からお母さんに変わる! よく話を聞くんだ!

「浩二ー! お母さ

 すまない! 人違いだった! お母さんは今こちらに向かっている最中だ!
 それまで俺の話を聞くんだ!
 おまえの気持ちも分からない事は無い! もし俺がおまえの立場だったとしても、かわいい子に告白されてホテルに行った後でドッキリなんて言われてさらにその子が実は男だったなん

 ……すまなかった! だから撃つんじゃない!
 俺もちょっと言い過ぎたかもしれん!
 ……何だと?……今度こそ本当だろうな。
 おい聞け! おまえのお母さんがここに来てくれたぞ!
 今度のは本物だ! よく話を聞くんだ!

「あんた、やってる最中に気がつかなかっ

 今のは幻聴だ! だから撃つんじゃない!
 今から、今からがお母さんの話だ! だからおとなしく聞いてくれ!

「どっちの穴か分かるでしょうに、何考えて

 今のも幻聴だ! むしろ人違いだ! そう! 今のはお母さんじゃない! だから銃の乱射は止めろ!
 ……何? まあその方がよさそうだ。
 おい! 聞いてるか! おまえのお父さんが来てくれた! お父さんの話を聞くんだ!

「おーい……母さん、あいつの名前なんだっ

 お父さんというのは嘘だ! 俺の嘘だ! だから火をつけるのはよせ!
 ……何? しかしこの家族はいないほうが……まあそうなんだが。
 おい、おまえの妹がここにいる! おまえに言いたい事があるそうだ! よく聞いてくれ!

「お兄ちゃーん、あたしの下着とったでしょー、返し

 今のはおまえの妹じゃない! どちらかというと俺の妹だ! だから銃口を頭に向けるんじゃない!
 いかん! 突入だ! 突入ー!!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ