挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謙虚、堅実をモットーに生きております! 作者:ひよこのケーキ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

299/299

299

『雪野君』

 雪野君?!
 表示された意外な着信名に、私は慌てて通話ボタンを押した。

「もしもし、雪野君…?」
“あ、麗華お姉さんですか?こんばんは!”

 電話口から雪野君の元気いっぱいな声が聞こえてきた。おおっ、本物の雪野君だ。

「こんばんは。どうしたの、雪野君」
“ごめんなさい、急に電話しちゃって。今、忙しかったですか?”
「ううんっ。雪野君からのお電話なら、いつだって大歓迎よ!」

 今だって、ベッドでゴロゴロしていただけだったし!

“ありがとうございます。あの僕、今日、日本に帰って来たんです”
「まぁ、そうだったの!おかえりなさい、雪野君。サマーキャンプは楽しかった?」
“はい!麗華お姉さんに絵葉書を送ったんですけど、届きましたか?”
「ええ、ちゃんと届いたわ。とても素敵な山の景色をどうもありがとう」
“良かった!前に麗華お姉さんから絵葉書を送ってもらって凄く嬉しかったから、僕も送りたかったんです”
「まぁっ…!」

 はにかむようにえへへと笑う雪野君の天井知らずの可愛さよ!
 私達は電話越しにほのぼのと笑い合った。

「雪野君のメッセージもとても楽しく読ませてもらったわ。カヌーを漕ぐのは大変だったんじゃない?」
“はい。腕がすっごく痛くなって、手にも豆ができちゃいました。でも皆でカヌーを漕いで川を下るのは、大変だったけど楽しかったです!”
「そう。良かったわねぇ。キャンプ中はテントで寝泊まりをしたりもしたの?」
“はい。見たこともない大きな虫が出てびっくりしました”
「やだ、虫?!大丈夫だった?」
“一応…。それでなんとか虫は追い出せたんですけど、その後しばらく眠れなかったです…”
「それはそうよねぇ」

 私も虫は苦手だから気持ちはよくわかる。野外だし、一匹いたら他に何匹いるかわかったものじゃない。

「私もキャンプには少し興味はあるけど、虫問題があるから躊躇してしまうのよねぇ。いつ虫が入ってくるかわからないテントでは、絶対に落ち着いて寝られないもの」
“そうなんです。僕は普段は虫はそんなに嫌いじゃないんですけど…”

 うんうんと私は頷いた。
 寝ている間に虫が顔を這ったりした時のことを想像するだけで、全身が痒くなる。しかも外国の虫なんて、噛まれたりしたらとんでもないことになりそうだし。

“それで…、あっ、待って。わかってるよ。うん、今から話す。ごめんなさい、麗華お姉さん。今日電話をしたのは、帰ってきた報告をしたかっただけじゃないんです。あのね、一緒に花火を観に行きませんか?”
「花火?!」
“はい!今度花火大会があるそうなんです”
「花火大会…」

 それはつい数時間前に、どこかで聞いたような話なんだけど…。

“麗華お姉さんと観に行きたいなって思って、お誘いの電話をかけちゃいました!”

 と言った雪野君からは、電話越しからもワクワクとした空気が伝わってくるけど、え~…。帰国したばかりの雪野君の耳に花火大会の話が入ってくるルートなんて、イヤな予感しかしない。

「…ちなみに雪野君はその花火大会の話は、どこで知ったのかしら?」
“雅哉兄様からです”

 ほらぁ、やっぱりー!
 ありえない。鏑木と若葉ちゃんと一緒に花火クルージングなんて、自ら四面楚歌に飛び込むようなものじゃないか。雪野君には申し訳ないけど、ごめん、無理。

「う~ん、私はちょっと…。鏑木様に直接誘われたわけではありませんし、ご迷惑だと思いますので…」
“えっ?雅哉兄様とは一緒に行かないですよ?”
「えっ、そうなの?」
“はい。雅哉兄様は他に約束があるそうなんです”
「あ、そうだったの」

 なんだ、私の早合点か。あ~、びっくりした。そりゃそうだよね。せっかくの若葉ちゃんとのデートなのに鏑木が他の人も誘うわけがない。

“どうですか?”

 う~ん、少し心配だけど鏑木と無関係だったら別にいいかなぁ…。雪野君がこんなに誘ってくれているんだし…。

「では鏑木様とは別行動の、花火見物なのね?」

 念のためにもう一度確認しておく。

“はいっ。僕と麗華お姉さんと、あとは兄様の三人です!”

 えっ、円城も一緒?!
 すると、そのタイミングで電話口から“ちょっと代わって”という声が聞こえて、

“もしもし、吉祥院さん?”

 げっ!円城だ。

「…円城様ですか?」
“うん、夜分にごめんね。雪野がどうしても吉祥院さんにすぐに話したいって言うものだから。迷惑をかけちゃったね”
「いえ、それは全然かまわないのですけど…」
“それで今、雪野から聞いたと思うんだけど、雪野が吉祥院さんと花火大会に行きたいって言っているんだ。今週末なんだけど予定はどうかな”
「えっと、ちょっと待ってくださいね…」

 週末の予定なんて何も入っていないけど、見栄を張ってスケジュールを確認するフリをする。
 え~、でも円城と一緒…?!それはまた話が変わってくるんだけど。てっきり雪野君とふたりだと思ってた。でも考えてみれば、確かに小学生が身内の保護者の同伴もなしに、高校生と二人で夜出掛けるのは許可が下りないよね。
 電話の向こうで雪野君の“ねぇ、兄様。麗華お姉さん、なんて言ってる?”という声が聞こえる。あの期待した声の雪野君を断れるのか、私。いや、断れない…。

「お待たせしました。一応、スケジュールは大丈夫そうですけど」
“本当?良かった。雪野、吉祥院さんも一緒に行ってくれるって”
“やったー”

 雪野君の嬉しそうな声に、承諾して良かったと思った。

“ほら、用件は終わったんだから約束通り、もう寝なさい”
“え~っ、まだ眠くないよ!”
“旅行から帰ってきたばかりで疲れているんだから、きちんと寝ないと明日熱を出すかもしれないだろう”
“だって眠くないんだもん”

 円城兄弟が揉めている。学院ではいつも良い子の雪野君だけど、家では子供らしい我が儘も出るみたいだ。
 そこへお母様かお手伝いさんか、第三者の気配が後ろからした後で雪野君は就寝するために自室へと連れて行かれた。おやすみなさい、雪野君。

「ごめんね」
「いえいえ」

 お兄ちゃんも大変だ。

「さっきまで雅哉が来ていてね。雅哉から花火大会の話を聞いたら、自分も行きたいと言い出しちゃって」

 さっきまでっていうことは、若葉ちゃんの家に来た後に、円城に会いに行ったのか。フットワークが軽いな、鏑木。

「しかも吉祥院さんと一緒に行きたいと駄々をこねるものだから、吉祥院さんにまで迷惑をかけることになっちゃって、本当に申し訳ない」
「いえ、私も雪野君と会えるのは嬉しいですから」
「ありがとう。そう言ってもらえるとありがたいよ」

 それから円城と花火大会の予定を決めて電話を切ると、私はすぐさまクローゼットに走り、扉を全開にした。
 円城が予約をしたお店は、遮る物もなく最高のロケーションで花火が見られる空中庭園のあるレストランだ。この時期に直前で予約が取れるなんて、さすが円城家。
 あのレストランは明確なドレスコードはないけれど、浴衣で行くようなお店ではない。なにを着て行こう。フォーマルすぎない、でもカジュアルすぎない、花火にふさわしい服…。外だったら羽織る物も必要だよね。ストール?ボレロ?カーディガン?
 私はクローゼットの服を片っ端から表に出した。





 次の日は、塾が終わった後で再開した鏑木式トレーニングだった。さすがに何日も経ってこむら返りと筋肉痛の言い訳はもうきかなかった。
 でもあの地獄のハードトレーニングだけは二度とごめんだったので、「まだちょっと筋肉痛が残っています…」と弱音を吐いてみせたら、「仕方がない。今日は軽めのメニューでいこう」という譲歩を取れた!駄目元でも言ってみるもんだ。
 ストレッチをした後で、ランニングマシンに乗った。今日は円城はいない。鏑木は私の隣のマシンで、私よりも早いペースで走り始めた。私も与えられたノルマをこなすため、テッテコテッテコと走る。
 …しばらくすると強い視線を感じた。該当者はひとりしかいないので横目で確認すると、いつの間にか走るのを止めていた鏑木が、腕を組んだ姿勢で私をじっと見つめていた。え、なに…?

「……吉祥院麗華」

 鏑木が私のフルネームを呟いた。
 は…?

「……」
「……」

 ランニングマシンのモーター音と私の足音だけが響く。
「……吉祥院麗華」その後に続く言葉は、なに?いきなり人の名前を呟いて、その後無言ってどういうことよ。
 気になって仕方がないので、私は走るのを一旦中断して鏑木に向き合った。

「なんですか?」
「…吉祥院麗華」

 だから、なによ。

「…コロ」

 心臓がドキッと音を立てた。

「…え?」
「吉祥院麗華と、コロ…。名前に関連性は全くないな」

 そりゃあコロちゃんのあだ名は、私の名前から取ったものじゃないですから…。でもそれって…。

「一体なんのことでしょう…」

 ドクドクと鳴る心臓を押さえ、私は鏑木に尋ねた。

「…コロちゃんという高道の友達がまた家にいたんだ」
「へぇ…」
「昨日の夕方、お前に電話をしただろう?あの時だ」

 鏑木は探るような目で私を見据えた。

「俺がお前に電話をしたタイミングで、高道の家から電話の鳴る音がした。そして俺の呼び出し音が切れた同じタイミングで、高道の家から聞こえていた電話の音も消えた」
「……」
「これは偶然か…?」

 私は絞り出すように「偶然じゃないですか…?」と言った。

「こんな偶然があるか?」
「そんなことを私に言われても…」

 走って体温が上がったはずなのに、指先が冷たくなった。

「高道はコロちゃんは友達だと言った。だが、予備校に来ている高道の中学時代の同級生の中には、その名前に該当する人物はいない。彼らの話題の中にもコロちゃんという人間の名前は出てこない」
「好きな女の子の交友関係まで細かくチェックするのはどうかと思いますよ…」
「コロとは、もしかして吉祥院のことではないのか…?」

 心臓が止まった──。

「……私のどこに、コロなんて呼ばれる要素が?」
「そうなんだ。コロなど、犬の名前くらいしか思いつかない」

 コロちゃんの名前の由来は、私の髪がチョココロネみたいだから。そうか。鏑木はチョココロネを知らないんだ…!

「日本にはこれだけ大勢の人がいるのですから、電話がかぶる偶然もあるでしょう」
「……」
「……」
「…そうかもしれないな」

 長い沈黙の後、「俺の考えすぎだったか…」と鏑木が折れた。私は震える手をマシンのポールで支えた。

「大体、その時は高道さんと一緒にいたのではないのですか?そんな時に電話をかけるって失礼じゃありませんか?」

 私は鏑木の注意を逸らすために、鏑木のマナー違反を責めた。

「ご近所の主婦の立ち話に高道が捕まっていたんだ」
「話の輪に入れば良かったのでは?」
「町内のゴミ出しルールについての話に、どうやって俺に加われと?」
「え~っと、それは~…」

 瑞鸞の皇帝が、夜中にゴミを出す人がいてカラスがそれを漁るんですか、それは困りましたね、と訳知り顔で話す姿は想像できない。そもそも鏑木は家庭ゴミがどうやって捨てられているか知っているのだろうか。

「ちなみに鏑木様は、ゴミは分別して決まった曜日に出すというルールはご存じですか?」
「…お前、俺を馬鹿にしているのか」

 さすがにそれくらいは知っているのか。

「それで高道さんは、ご近所さんに捕まっていたと。でもだからって、電話をするっていうのもねぇ」
「……」
「もしかして、話の輪に入れず、ひとりぽつんと置き去りにされているのに耐えられなかったとか?」

 鏑木が目を見開いた。図星か!

「え~っ!とんだ寂しがり屋さんじゃないですかぁ。あらら~、放っておかれたのが耐えられなくて、私に電話をしてきたんですかぁ」
「違う!お前が昼の食事メニューを送ってこなかったからだ!」
「え~、そんなの夜にメールでもすればよくありません?」

 ニヤ~ッと笑う私に、鏑木は目を吊り上げて「いつまでサボっているんだ!走れ!」と怒鳴ると、自分も猛スピードで走り始めた。
 痛いところを突かれた鏑木は、その後二度とその話題を口にしなかった。


 ……良かった。なんとかごまかせた。今日、円城がいなくて本当に良かった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全288部分)
  • 27550 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 29947 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全851部分)
  • 22335 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 10:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全250部分)
  • 21844 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 12:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全391部分)
  • 27173 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:16
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全554部分)
  • 26740 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 22002 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 32652 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 33488 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 23339 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 18418 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全224部分)
  • 21004 user
  • 最終掲載日:2017/11/04 07:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 18515 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 21968 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 24993 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部分)
  • 19638 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 21251 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 20:09
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 19828 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 26823 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部分)
  • 19009 user
  • 最終掲載日:2017/11/23 18:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 18917 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 22584 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 31571 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全244部分)
  • 28510 user
  • 最終掲載日:2017/11/24 00:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 32193 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 19213 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全124部分)
  • 21434 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 22:53
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全820部分)
  • 20087 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 00:00
↑ページトップへ