挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOの支援職人 ~トッププレイヤーの仕掛人~ 作者:二階堂風都

ギルドホームを作ろう

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/325

お嬢様と執事、再来

 『アルトロワの村』の隅っこ、使い慣れた見張り台の下。
 ゴムの樹はこの付近にしかないので、俺達はゲームのスタート地点である村へと戻って来ている。

「よし、こんなもんだろう」
「これは結構な重労働……全部で五種類でござるか? このエルフ耳は」

 目の前には、顔料と配合したラテックスを流し込んだ金属製の型が幾つか。
 それらは例によってゲーム的な都合で数分で固まり、中身は既に取り出された後だ。
 現在はバリなどの細かい部分の加工が完了したところだ。

 今回はトビが言う様に、五種類の色違いの物を作製した。
 ゴムの原料であるラテックスは固まる際に色が変化するので、やはり発色が不安だったが何とかイメージ通りに成功。
 一応今回の配合比率はメモを取ったので、再びこれらと同じ物を作る事は可能である。

「色白・肌色・小麦色・褐色・色黒の五つだ。……で、トビ。お前ちょっとこれを試着してみ?」
「え、ええ!?」
「感覚で適当に作った色だから、違和感が出ないか試したいんだよ。ほら、この肌色の奴を」
「し、仕方ないでござるなぁ……」

 満更でもない様子で頭巾を取るトビ。
 付け耳を装着し、俺の方へと顔を向けて見せる。

「どうでござるか?」
「ああ。そのまま髪を金髪に染めれば、直ぐにでもエルフを名乗れそうなくらいには似合ってる……ちっ」
「ねえ、今舌打ちしなかった? 舌打ちしたよね?」
「色味も、まあ多少の違和感はあるが許容範囲内だろう。協力感謝」
「お、おう」

 トビが返してきた付け耳をインベントリにしまう。
 広げていた道具も全て片付け、二人で砂埃をはたいて立ち上がった。
 移動を開始しながら、今後も付け耳を継続して作るかどうかの話へ。

「色が不安であれば、受注生産という手もあるでござるよ。やはり個人差はあるでござろうし」
「そうだな。こだわる人で、やや高めの依頼料を提示してくれれば考えるが……ちと面倒だな」
「質が一定で同じ物であれば大量に売れる、という類のアイテムでもござらんしな……どの道、量産には向いていないようで。需要があるのは間違いないでござろうが」
「じゃあ、取り敢えずゴム製品に関してはこれで一旦凍結ということで。競合者も居ないだろうし、作った分は若干高めの値段で掲示板に登録しておこう」
「了解でござる」

 掲示板でエルフ耳が欲しいと言っていた人が買えるといいが。
 まぁ、俺が気にすることでも無いか。

 この付け耳を全て売ることが出来れば、大剣で得た分も含めて当面の資金に困る事はないだろう。
 取引掲示板は何処の街や村で登録しても共通なので、アルトロワの掲示板で一個5,000Gにて出品。
 各色10個ずつ作ったので完売で250,000G、取引掲示板の販売手数料が一割なので225,000Gの収入ということになる。
 とはいえ、これはあくまで皮算用に過ぎない。
 トビとユーミルの薦め、それと掲示板での反応を見て生産を決めたが、売れるかどうかは未知数だ。

 用が済んだので、二人で再び『ヒースローの街』へと引き返していく。

「このフィールド移動が結構しんどい……モンスターは無視できるとはいえ」
「乗り物が欲しいところでござるな。噂では、野生の馬の生息地が何処かにあるのだとか」
「捕まえて調教しろってか? それは骨が折れそう――お?」

 ピロン、という軽い音が頭に響き、メールを受信したことを告げる。
 トビに止まるように手で合図し、メニューを開いて確認すると……。

「ユーミル殿でござるか?」
「いや、別口のようだが……ヘルシャ?」


送信者:ヘルシャフト
件名:いつかの礼をお返ししますわ!
本文:今からヒースロー東部にある「ダラム山入口」までおいでなさい!


 ……えー。
 命令口調な上に、相手の都合を全く考えない唐突な呼び出しだ。
 どう対応したらいいんだ、これは。
 俺が困惑していると、続けてもう一通のメールが届く。


送信者:ワルター
件名:お嬢様のメールについて、です
本文:あ、あの、こんばんはハインドさん!
お嬢様が失礼なメールを送ったかと思いますが、お嬢様なりのお考えあってのものなんです! 許してあげて下さい!
つ、つきましては、ご都合がよろしければ一緒にクエストを受けて頂きたいのです。
報酬は『スキルポイントの書』で……あ、あの、お願いします!
ご都合がなんて書きましたけど、もしおいでにならなかったらお嬢様の御機嫌が……そ、その、すみません! 宜しくお願いし


 ――酷い泣き落としを見た!
 いや、本人に悪気は無いんだろうけどさ……文末が途切れているのは、恐らくメールを作製している途中でヘルシャに見咎められたせいだろう。
 ワルタ―の気遣いと苦労がしのばれる文章だ。
 ……まあ、なんだ……行くかぁ。
 断る理由も特に見当たらないし、ユーミルからの連絡もまだだ。

「どうしたのでござるか? 百面相の後に溜息などついて」
「要約するとクエストのお誘いなんだが……トビも行くか?」
「もちろん! ……ちなみに、ちなみにでござるが。誘ってきたプレイヤーというのはどのような?」
「見目麗しい女子二人だが」
「ウッヒョー!」
「そのノリで行くなら置いていく」
「待って! 今すぐに落ち着くから! すー、はー、すー、はー……」

 そのままヒースローの街を経由。
 空腹度を満たすための料理を急いで用意し、合流地点へと向かった。

 ヒースローの東にはイベント中に鉄鉱石の採取のために通っていたので、特に問題なく指定された場所へと間もなく到着する。
 しかし遠くから見ても目立つなー、あの金髪。
 今日も絶好調にくりんくりんと縦ロールしておられる。
 ワルターの方も肩を縮めてヘルシャのやや後ろに立っており、前回会った時と変わりない様子。

「おお、確かに二人とも美人でござるな……特にショートの娘。儚げな雰囲気が拙者の好みでござる……」
「おい、そのにやけ面はそろそろ引っ込めろよ。目で分かる。またシエスタちゃんの時みたいになるぞ」
「おっと、これはしたり」

 大丈夫かな、こいつ。
 そのまま近付いて声を掛けると、腕組みをしたヘルシャがこちらを向いて不敵に笑った。

「よく来ましたわね、ハインド。約束通り、今日はたっぷりと返礼を――あら? そちらの不審者は一体……」
「ああ、やっぱり言われた。だから覆面は外しておけって言ったじゃないか」
「むう、忍者が余り顔を知られる訳には……」
「はいはい、分かったよ。ヘルシャ、ワルター、久しぶり。こいつは俺の友人のトビだ」
「お初にお目にかかる! 拙者、トビと申す」
「ヘルシャフトですわ。よろしく」
「わ、ワルターです……宜しくお願いします」

 互いの自己紹介が終わったところで、クエストの詳細について聞いておくことに。

「今日はよろしく頼む。ところで、今回受けたクエストに人数制限ってあるのか?」
「ワルター」
「は、はいっ!」

 ヘルシャに名前を呼ばれたワルターがせかせかとメニューを開き、受領中のクエストの詳細を開いてヘルシャに見せる。
 そのかじずかれるのが当然といったヘルシャの態度に、俺の横でトビがやや眉をひそめているのが分かった。
 もしかして、好みだからってもうワルターに肩入れし始めているのか?

「丁度四人までですわ。報酬も各自に出ます。運が良いですわね、覆面の方」
「それはありがたい。感謝致す、縦ロール殿」
「……何ですの、その呼び方は?」
「礼には礼を。非礼には非礼をって返しているだけでござるが?」
「失礼な方ですわねっ!」
「お互い様でござろう!」

 喧嘩を始めた二人に、俺とワルターが急いで止めに入る。
 この二人、もしかして波長が合わない……? いや、間接的にワルターが原因になっているせいか。
 これは面倒なことになったな……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ