挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOの支援職人 ~トッププレイヤーの仕掛人~ 作者:二階堂風都

最善の一振りと最高の一枚を求めて

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

241/328

ご褒美と新イベントの予告

「――それで、その後はどうなったのですか?」
「合金の配合比率に苦戦しているみたいだったから、セレーネさんがアドバイスして解決した。で、代わりに属性武器に関して色々とな」

 二人分の紅茶を淹れて、理世と自分の前のテーブルに置く。
 話題は昨日のTBにおける活動に関してだ。

「属性武器ですか……具体的には?」
「属性を帯びた素材――例えば火属性なら魔物の火を作り出す器官だったりを混ぜこむと、属性の乗りが良くなるんだそうだ。その具体的なやり方とか、コツとか……普通にやってたんじゃ気付かないような、難しい方法をわんさかと。それ自体は有難いんだが、また鍛冶の工程が複雑になるな」
「セッちゃんは何と?」
「やりがいが増えたって喜んでた。早くサーラのギルドホームに戻りたいってさ」
「目に浮かぶようです。セッちゃんらしい」

 時刻は午後四時、バイトは休みで早帰り。
 理世も今日はゆったりモード……というのも、俺たちより一足先に学校の期末試験が終わったからだ。
 ここのところ理世がゲームにログインしていなかったのは、試験勉強のためである。
 そして俺は試験終わり恒例の、理世へのご褒美を昨夜の内から用意しておいた。

「TBの話はそれくらいにして……試験勉強お疲れ様、理世。今回も、ちゃんとご褒美に甘い物を用意しておいたぞ」
「いつもありがとうございます。今日のメニューは何ですか?」
「ちょっと待ってろ」

 俺は一度キッチンに入ると、完成させたばかりのそれを持ってリビングに戻った。
 テーブルに置くと、少し大きめに作ったそれがぷるんと揺れる。
 周りには生クリーム、果物、それからバニラアイスまで添えた豪華仕様だ。

「わあ……!」
「プリンアラモードにしたぞ。夕飯は遅めにするから、安心して食べるといい。カラメルソースをかけて……はい、完成。召し上がれ」

 透明な器の中央に鎮座するプリン、それを盛り立てるようにフルーツが飾られ……。
 カラフルな甘味に理世は目を輝かせた。
 早速スプーンを手に取り、弾力のあるプリンをつつく。

「いただきます……はぁ、疲れた頭に沁みますね。美味しいです」

 自家製プリンを口にした理世の表情が緩む。
 この幸せそうな顔を見る度に、また作ってやろうという気にさせられる。
 こんなことばかりしているから、未祐に甘やかし過ぎだと言われてしまうのだろうが……。
 俺がじっと見ていても理世は怒ったりしないが、テレビをつけて視線をそちらにやる。
 ドラマの再放送に、ニュースか……しかし、夕飯はどうしようか。
 これから来る未祐も含め、俺たちは前言通りに遅めでいいとして。
 確か母さんが今日は――

「兄さん、あーん」
「へあ? ――もごっ!?」

 疑問の声と共に開けた口に、スプーンを捻じ込まれる。
 プリンの食感に生クリームの甘さ、やや苦めにしておいたカラメルソースが程よく混ざり合う。
 口を動かしてそれを飲み込むと、スプーン手にした理世がにっこりと笑む。

「沢山ありますし、一緒に食べましょう」
「あ、ああ。一人分としては量が多かったかな……今、スプーンをもう一本――」
「はい、あーん」
「……」

 立ち上がりかけたところで、有無を言わせず理世が再びスプーンを差し出してくる。
 仕方なく、座り直して口を開けると――

「……むふ」
「………………母さん。起きてたんなら、声をかけてよ」

 ドアの隙間から、母が顔を覗かせてこちらを見ていた。
 俺と目が合うと、リビングに隙間から体を滑り込ませてくる。

「だってぇ、お邪魔かなって思ってえ」

 そのまま椅子を引いて俺の隣に座り、飲み物を要求してくる。
 寝起きということを考慮し、とりあえず俺はコップに水を用意して母さんの前に置いた。

「おはようございます、明乃さん」
「おはよ、理世ちゃん。美味しそうなのを食べてるわねえ……あ、テスト明けだっけ?」
「はい。今回も良い結果をお知らせできるかと」
「聞いた亘? 今回も、だって。頼もしいわねぇー」
「そりゃあもう。自慢の妹ですから」

 理世が照れて、表情を変えないまま赤くなる。
 母さんは昨日夜勤で、今日も引き続き同じシフトなのでこんな時間に起きたという訳だ。
 俺は今度こそ立ち上がって、キッチンに向かいながら問いかける。

「母さん、何を食べたい? 今日は俺も時間に余裕があるんで、何かしっかりしたものを作るよ。それが終わったら弁当もやっとく」
「うーん……麺の気分かしら、今は」
「麺……スープ系の? それともパスタとかそういうの?」
「こってり系、スープなし!」
「じゃあ、あんかけ焼きそばとか」
「いいわね、あんかけ焼きそば。麺はパリパリにしてちょうだい」
「揚げ焼きそばにもできるけど……」
「魅力的だけど、カロリーが……お腹のお肉が……二の腕が……」
「はいはい、了解」

 ちなみに、カロリーを気にするなら最初からもっとヘルシーなメニューにしたら? と言うと怒られる。
 食べたい物を食べるけど、その中でできるだけヘルシーにするのが大事なんだとか。
 材料を取り出し、全て揃っていること確認してから早速調理を開始する。
 まずは野菜の下処理からだ。

「明乃さん、今夜は何時からですか?」
「七時だから、ちょっとゆっくりしてから出るわね。お留守番お願いね」
「はい、お任せを」

 あんかけ焼きそばなら、餡を多目に作っておいて後で俺たちの麺を焼けばいいな。
 しばらくしてプリンアラモードを食べ終わった理世が手伝いに立ってくれる。
 途中でやってきた未祐が家を訪れ、三人で仕事へ出かける母さんを見送った後で夕食に。

 いつも通りに食休みをしたら未祐を家まで送り、風呂から上がったところでスマートフォンに秀平から連絡が入った。
 それによるとTBの次のイベント告知がされたらしく、俺にも公式サイトを見てからログインしてほしい、という内容だった。
 戦闘系ではないけれど、今回は全力! という秀平の発言だが……戦闘以外で、秀平が熱心になるような要素とは一体何だろうか?
 疑問に思いつつ、公式サイトにアクセスすると……そこにあったのは、秀平の発言に得心のいく内容だった。
 なるほど、あいつがどの部門に応募したいのか丸分かりだ。
 イベントに関しては二つあり、以下のように書かれていた。

【スクリーンショットコンテスト、開催決定!】

 風景・人物(NPC限定)・動物・モンスターと、四つの部門であなたの自慢の一枚を!
 参加作品数は一人一枚限定、渾身の一作を期待しております!
 イベント詳細は後日発表となりますが、是非奮ってご参加ください。

【同時開催、ゴールドラッシュイベント!】

 高レートで換金可能な金塊が、一定期間採掘ポイントから出現!
 戦闘・生産を介さずに、手軽にゴールドを稼ぐチャンスです!
 合わせて期間中は、初心者用装備・アイテムセットにツルハシ30個・金塊10個をプレゼント!
 (※ツルハシ及び金塊は、レベル10に到達しても消滅しません)
 初心者応援キャンペーンと合わせて、一気に差を詰めましょう!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ