挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOの支援職人 ~トッププレイヤーの仕掛人~ 作者:二階堂風都

北の大地にて

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

212/325

城郭都市スクートゥム

 壁……そう、目の前にあるのは壁である。
 俺たちの前には、壁があった。

「どうして今、私と壁とで視線を往復させたのですか? ……ユーミルさん」
「た、偶々(たまたま)だ! 他意はない! 本当だ!」

 リィズとユーミルの会話に、隣に立つトビが必死に笑いを堪えているのが分かる。
 頑張れ……声に出したら殺されるぞ、多分。

「た、高い壁だね、ハインド君……」

 セレーネさんが間を取り繕うように、俺に話しかけてくれる。
 助かった……言われるままに城郭都市の壁をもう一度見ると、確かに高い。
 大体、高さ20メートル以上はあるだろうか?
 都市入口の前で、俺は壁の天辺まで目線を上げた。

「高さもそうですけど所々のひび割れとか、そこら中にある修繕跡とか……非常に生々しい感じがしますね」
「冬になると、冬眠する動物が増えて生態系に変化が起きるんだって。魔物の餌がなくなっちゃうから、山から大量に下りてくる……そうだよ?」
「拙者も掲示板で見たでござる。ここの都市のNPCに訊くと、その話を詳しく教えてくれるのだそうな」
「ああ、そういうこと」

 掲示板経由の情報だったか。
 ここまでNPCと話す機会なんてなかったのに、急に詳しいことを教えてくれるから何事かと思った。
 そこで背後に足音と気配を感じ、壁から視線を外して振り返る。

「――ハインド先輩、お待たせしました!」
「おっ、来たか」

 リコリスちゃんを先頭に、ヒナ鳥パーティが後ろから追いついてきた。
 結局あの後、弱点を積極的に攻撃した俺たちのパーティが先にフィールドボスを撃破。
 他のパーティの邪魔にならないよう先にフィールドを抜けたので、こうして入口で待っていた訳だ。

「じゃあ、中に入ろうか」
「はい!」

 十人で門を潜ると、その壁の厚さが分かったのだが……。

「これ、一体何メートルあるんだ?」
「厚さ5メートルはあるかなぁ……凄いね」
「おー! どんなモンスターが来たら、この壁を破れるというのだ? 本当に私たちが必要なのか?」

 ユーミルがぺしぺしと壁を叩きながら呟く。
 しかしこの城郭都市ってやつは、壁際に住んでいたら光が当たらなくて最悪だな。
 お世辞にも、壁の傍は居住性が良いとは思えない。
 その分厚い壁を持つ門を潜り終えると、なんと奥にもう一つの門が見えた。

「二重防壁!?」
「あの、拙者逆に怖くなってきたのでござるが……そんなに強烈なのでござるか? スタンピードってやつは。期待と不安が半々な心境に――」
「情けないことを言うな、トビ」
「兄貴……」

 アルベルトがコートを靡かせながらトビの横に移動した。
 その低い声を聞いていると、俺まで不思議と気持ちが落ち着くような感じがする。

「戦う前から敵の姿を大きくしてどうする。仮に、想像を超えて敵が強大だったとしても……」
「しても?」
「怯えを覆すに足る戦意を燃やせ。それが戦士というものだ」
「兄貴ぃぃぃぃぃぃ!」

 相変わらずのアルベルトである。
 確かに、若干クサい台詞ながらも格好いいのだが……なんか理論が力技なんだよな。
 ユーミルが鼻息を荒くして、同意するように何度も頷く。
 お前に必要なのは、十分以上に足りている戦意よりも思慮とか冷静さだよ。

「ユーミルさんに必要なのは、戦意ではなく知性と落ち着きですよ?」
「貴様!?」

 あ、リィズの言葉と思考がほぼ被った。
 セレーネさんやヒナ鳥たちと共に、喧嘩体勢に入る二人を抑えながら都市内部へ。



 二つ目の門を通って中に入ると、都市の中央に向かって緩やかな丘になっているのが分かった。
 町の中央に行くほど、日当たりが良くなって居住性がマシになりそうだな。

「うわー……プレイヤーの皆さんが沢山ですねぇ……」

 リコリスちゃんの言葉を示すように、どちらを向いてもNPCより先にプレイヤーの姿に行き当たる。
 既に戦闘を行った後なのか、敵の数がどうだとか配置がどうの、という話が漏れ聞こえてきた。

「さすがイベント初日……スタートは昼間だから、プレイヤーによってはもうスコアを稼いでいるのだろうけど」
「何!? ハインド、私たちも早速行くぞ!」
「慌てなさんなって。初日はいつものアレだから、程々でいいぞ」
「アレ? ……あー、アレか! アレだな、うむ!」
「ちゃんと分かって言ってる?」

 俺が問いかけつつユーミルの目を見つめると、やがて気まずそうに視線をゆっくりと逸らした。
 どうして知ったかぶりをするかな……。
 代わりにリィズが一歩前に出て答える。

「検証ですね? ハインドさん」
「ああ、初日はいつもの検証タイムだ。ヒナ鳥たちはどうする? もう俺たちとは別に、好きに動いてくれて構わないんだが……一緒に検証、するかい?」
「折角なので、先輩たちの検証に乗っかります」
「ちょ、シー!? アルベルトさんたちに相談もなしに勝手に――」
「俺たちは構わない。君たちの指示に従うだけだ。そうだろう? フィリア」
「うん、構わない……私たちは傭兵だから……」

 楽をしたいというのが見え見えなシエスタちゃんだったが、アルベルト親子の承諾が即座に降りる。
 サイネリアちゃんは小さくなって、俺に「い、いいんでしょうか……?」と恥ずかしそうに口にした。
 別パーティということで、競合相手になった場合を考えて遠慮しているのだろうが……真面目だなぁ、サイネリアちゃんは。

「ユーミル、一緒でいいよな?」
「うむ! 攻略情報を共有した程度で負けるのならば、それは仕方のないことだからな! むしろ我々二組でしっかりと分析を行い、ワンツーフィニッシュと洒落込もうではないか!」
「ということで、サイネリアちゃんは気にしなくていい。代わりに、検証にはしっかりと協力してもらうからさ」
「は、はい!」

 そんな流れで、俺たちは早速イベント初戦に向かうのだった。


 イベントが行われるのは、城郭都市の東壁、西壁の二方向。
 首都からの接続がある南門と、迂回ルートからの接続がある北門の方角はイベントで使用されないようだ。

「てな訳で、来たぜ東門」

 町中の様子も気になったが、まずはイベントだ。
 首都の観光も含めて、そういうことはイベントが終わってからやれば良い。
 門の前はプレイヤーの群れで芋の子を洗うような混雑だ。
 俺の神官服の背中を掴んで密着したユーミルが、顔を寄せて確認を取ってくる。

「西と東との差は?」
「イベント説明によると、特にないそうだ。人が少ない方に行くだけでいいだろう……今夜はどっちに行っても同じだろうが」
「最初の一戦は、何も考えずに戦っていいのだな?」
「ああ。まずはイベントの仕様に慣れることから始めよう。色々考えるのはその後でいい」
「よし!」

 前に進んでいくプレイヤーたちは良いのだが、門の周りでたむろしている連中が邪魔過ぎる。
 どうにか掻き分けて外へ。

 一歩門から踏み出すと、何かが切り替わる感触があった。
 気が付くと後ろに続いていたヒナ鳥パーティの姿はなく、渡り鳥の面々だけがそこに立っている。
 そして予想外だったのが、左右に広がる景色で……。

「うおお!? これ、他のパーティの戦闘風景でござるか!?」
「もう戦い始めている……ってことは、左右にいる人たちは順番通りじゃなくてランダムかな? 前の人たちから、門を通るまで間を空けていないものね」
「でも、あちらから見えている景色とは一致しているみたいですね。ユーミルに手を振ってる」

 視界の中には既にREADY……GO! と表示が出た後だが、敵はまだ出てこない。
 隣のエリアにいるプレイヤーが、勇者ちゃーん! と叫びながらこちらを見ている。
 試しにそちらに移動して見ると、ある程度近付いたところで透明な壁が赤く発光した。
 壁には進行不可、と表示されている。
 なるほど、こういう仕様ね……インスタンス形式だけど、他のプレイヤーの戦っている様子が見えると。
 中々に臨場感があって、良い感じじゃないか。

「トビ、悪いけど反対側の透明な壁まで走ってみてくれるか?」
「お、今の内に横幅を測るでござるか? お任せを!」

 敵が来ない内にということで、トビが駆けて行く。
 反対側の壁にトビが手を着いたところで、パーティメンバの位置を示すマーカーを確認すると70メートルと表示されていた。

「サッカーコートのゴールラインと同じくらいか……広いなー」
「そうなのですか? ハインドさん、時々プロの試合を見ていますよね」
「まあな。確か、国際試合に使われる幅が68メートルだったはず」
「――では、5バックでござるな!」

 トビが雪を足元の撒き散らしながら、俺たちの前で急停止する。
 よく転ばずに全速力で走れるな。

「戻ってくるの速いな、ご苦労さん。フォーメーション的には前に二人だから……3バックじゃねえ? お前ら前衛がDMFで」
「ハインド、ゴールキーパーがいないぞ!」
「あ? あー……言い出したのは俺だけど、全部サッカーに当てはめるのは無理がないか?」

 俺がサッカーを引き合いに出したせいか、会話の方向性がズレ気味だ。

「守備範囲が広大な分、視野を広く持つ必要がありそうだね」
「ええ。声をかけ合ってフォローしていきましょう」

 セレーネさんとリィズが軌道修正してくれたので、最初の方針はそんな感じで。
 そんな中、地響きのような轟音と共に雪煙が山肌から上がる。
 木々の間からモンスターたちが現れたのを見て、俺たちは会話を切り上げて武器を構えた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ