挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOの支援職人 ~トッププレイヤーの仕掛人~ 作者:二階堂風都

北の大地にて

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

202/325

ピクニックとサーラの新興ギルド

 荒野を越えた俺たちは、『エーデ高原』というフィールドまで進んでいた。
 サーラとベリの国境付近にある、緑の多い地形だ。
 気候的にも緩衝地帯のような場所であり、暑さ・寒さが極端な両国の間にあって快適な気温を保っている。
 俺たちは日除け装備の外套や帽子を外すと、一度モンスターの寄ってこない地点で休憩することにした。

「ルストの高原とはまた違う景色ですね」
「ああ。植生が違うのかな? サボテンの亜種っぽいやつも生えていたりで、印象が違うよな」

 リィズと話しながら腰を下ろすと、ルストに比べて土も乾き気味でやや硬い感じがする。
 そんな二人にしか分からないルストとの比較の話をしていると、ユーミルが体当たり気味に俺の隣に腰かける。

「ハインド! そんなことより満腹度だ、満腹度! 何か食わせろー!」
かさなくてもそのつもりだっての。みんなは何か食べたいものの希望とかあるか? 可能な限り沿うようにするけど」

 のろのろと遅れて到着したシエスタちゃんも含めて意見を聞くと、見事に食べたい物がバラバラだった。
 訊いた手前、却下するのもどうかと思った俺は……。

「あー、それなら少し時間をくれ。折角だから、豪勢に全部盛ってみる」

 そう宣言して、『高級携帯調理セット』をインベントリから出した。
 簡易テーブルから魔法式コンロ、調理器具一式に食器までがその場に手品のように展開される。
 イメージ的には、現実のキャンプのフル装備に近いセット内容。

「おお、これが例の部門別優勝商品でござるか!? 思っていたよりも凄い!」
「全部!? 今言われたのを、全部やるのか!?」
「ここで長めに休憩を取ろう。ベリの最初の町まで距離があるらしいし、ゆっくり食べられるのはここで最後かもしれん。構わないだろう?」

 俺の提案に、全員が頷いて同意を示してくれる。
 ちなみにギルドホームの調理室・レベル3程度の調理がこのセットで可能だ。
 今の渡り鳥の調理室はレベル6なので、比べると辛い部分はあるが……それでも携帯セットとしては破格の性能である。
 通常、NPC商店で買える屋外用の調理器具は機能がもっと限定的だ。
 火起こしの道具と鍋や肉を吊るす道具が別れていたりと、インベントリの場所も取る。
 それが一つにまとめられているだけでも、優秀なアイテムだと言っていい。

「では、私は先輩が調理している横で昼寝を……昼? まぁいいや、昼寝です」

 現実とゲーム内の時間の違いに悩みつつ、シエスタちゃんが草原の上で横になる。
 それを皮切りに、それぞれが高原内で行動を始めた。
 セレーネさんとリィズは、心配そうに調理を進める俺を見てきたが……。

「ハインド君、手伝いは――」
「大丈夫ですよ。それほど時間もかかりませんし、一人で十分です」
「そう? じゃあ、私はその辺りで採取をしてくるね。あっちに小さい岩場があったし……一応、ツルハシは持ってきたんだ」
「では、私もセッちゃんの近くで薬草の採取でも。ハインドさん、後はお願いします」
「あいよ。いっといでー」

 二人はフィールドの採取へと向かって行った。
 他の四人は、どうやらPTを組み直してモンスター狩りに出る様子。

「今夜の私は戦闘モードだ! とりあえず時間の許す限り戦うぞ! その気のある奴はついてこい!」
「お供します、ユーミル先輩!」
「リコが心配なので私も行きますね」
「拙者も共に参るでござるよー。新スキルがまだ馴染まない故に、練習をば」

 寝返りを打つシエスタちゃんと共に、俺は分散していくメンバーを見送った。
 食材を出して料理の準備をしていると、フニャフニャとした力のない声が俺の耳に届けられる。

「先輩ー、膝枕ー」
「これから料理だっての。さっき馬上で抱いてた枕を使いなよ」
「地べたに枕を置くの嫌です。ゲームだって分かっていても抵抗があります」
「……じゃあこうしよう」

 俺はインベントリからシート代わりに大きな布を取り出すと、原っぱの上に広げた。
 これなら厚さも十分な上に、寝心地もそれなりのはず。
 土は乾いているので、水が染み込むようなこともない。
 シエスタちゃんは横から転がって布の上に到着すると、リラックスしたように長く息を吐いた。

「おー。さすが先輩、ソツがねえぜー。いい風が吹いてるし、本格的に眠くなってきました……」
「これなら気兼ねなく枕を置けるだろう? 料理が完成したら起こすよ。おやすみ」

 折角だから、料理もこの上に座って食べることにしよう。
 シエスタちゃんの言う通り、高原には埃っぽさのない爽やかな風が流れている。
 さて、いい加減に作り始めるか。効率良く進めれば、料理の完成まで30分もかからないはずだ。



 散っていたメンバーを呼び戻してシエスタちゃんを起こすと、
 大皿に完成した料理を載せていき、パーティプレートのようにしてみた。

「おお、唐揚げ!」
「甘い玉子焼きもあります! わーい!」
「拙者のエビフライ!」
「あ、リクエストした煮物がある。ありがとうハインド君……家庭の味が恋しくて」
「野菜が適度にあって、彩りがいいですね。美味しそう」
「お疲れ様でした、ハインドさん」
「現実の料理に比べれば、遥かに簡単だからな。大した手間じゃないさ」

 みんなの声を聞きながら、俺は眠気覚ましに水をシエスタちゃんに渡す。
 プレートで料理を登録すると、しっかり単品としてシステムに読み取ってもらえた。
 効果は一定時間攻撃力アップのバフのようである。
 主食となるサンドイッチが行き渡ったところで、みんなで手を合わせた。

「こういうのって、オードブルと呼ぶのではないのか?」
「ああ、それ日本だけらしいぞ。大抵は日本で言う……前菜のことをオードブルって呼ぶそうだ」
「そういうのありますよね。海外で使うと、全然意味が違ってしまう単語」
「カタカナ語なんかも通じないって言いますよねー。美味しいー!」
「リコ、こぼれてるこぼれてる!」

 ちょっとしたピクニック気分だ。
 ユーミルが言ったように、日本ではこういった軽食の詰め合わせをオードブルと呼んだりもする。
 高原の長閑な景色が、和やかな空気を更に加速させた。
 狙い通りモンスターも全然寄ってこないし、シエスタちゃんじゃないけど段々眠くなってきたな……。

「あ、ハインド殿。どこかの団体さんがご到着でござるよ」
「本当だ。あの人数……ギルド単位の移動か?」

 トビの言葉にフィールド入口の方を見ると、馬に乗った一団が高原を横切っていく。
 方向からしてサーラのギルド……あ、あれ『カクタケア』っぽいな。
 知っているギルドで、向こうもこちらに手を振ってきている。

「おーい、スピーナ殿ー!」

 先頭を進む武闘家の男性が、トビの呼びかけに片手を上げて応えた。
『カクタケア』は戦闘系ギルドで、渡り鳥・ヒナ鳥双方と交流がある。
 サーラ最大人数のギルド『女王様親衛隊』から分派したギルドで、女王様を崇めつつもしっかりとゲームをプレイする方針とのこと。
 同好の士といえど、純粋なエンジョイ勢とは方針が合わなかったようだ。
 スピーナという名の彼がギルドマスターを務めている。
 その三十人程度の集団が、視線の先でフィールドのモンスターを蹴散らしながら進んでいった。

「……急に慌ただしい景色になっちまったな。こんなところで寛いでいる俺たちが悪いんだが」
「十分休めましたし、そろそろ出発しましょうか?」
「うむ、そうしよう! サボテン軍団に遅れるなー!」

 ユーミルが口にした通り、『カクタケア』はラテン語でサボテンという意味である。
 非常にシンプルだが、渡り鳥もヒナ鳥も捻りはないので名前的にはどっこいどっこいだ。
 俺たちはその場を片付けると、『カクタケア』の後を追うようにフィールドの移動を開始した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ