挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

vanuma disolemeno

魔女戦争の顔無し中隊-alsolemeno-vasciat faparateta qocongro-

作者:はづきてる
vanuma disolemenoの第三作。

魔女と人との間に、戦争が起こった。
人はその手に魔術を持って、魔女を圧倒していく。
魔女側は、人から恐れられることを恐れ、戦争でありながら殺しを良しとはしなかった。
ただ一つの例外を除いて。

召喚士が無事であれば死ぬことがなく、魔力を力に変えられる召喚獣。自分たちとは比べ物にならないほどの魔力を持ちうる異世界人。
この二つを組み合わせ、異世界から来たただの人たちを不死の軍団へと変えることを、魔女側の長が決意した。
そして、その不死の軍団、通称『顔無し中隊』にのみ、人を殺すことを許したのだった。

この物語は、その『顔無し中隊』が戦争を終えるまでに上げた活躍を綴ったものである。
序 敗戦
2017/05/14 20:38
一 ユノとウェブギス・アッフェリア
2017/05/28 11:28
二 第二班
2017/06/18 13:14
三 ディーとガイネ・エケー
2017/07/30 19:00
四 ファクスパーナとコビルガ
2017/09/19 21:10
五 『希望』
2017/10/31 23:59
六 『叡智』
2017/12/30 16:57
七 エレノラとマキグサマモル
2017/12/31 23:59
八 ウェブギス・アッフェリアとユノ
2018/01/13 02:32
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ